AndTech

製造業界の「未来」や「課題」を紐解く鍵となる書籍の紹介

書籍

書籍・セミナーテキスト 118件中 1~10件目

書籍名 次世代イノベーター論と研究開発型企業のイノベーション戦略2019
ジャンル 化学系研究開発
発売日 2019/12/26
価格 66,000円(本体60,000円+消費税、送料込)
書籍解説

★本書は高分子学会主催「次世代イノベーター育成講座」(第1回~第3回の三年間)において、ご講演いただいたトップマネジメント経験者達によって、これまで3年間にわたって、若手イノベーターに向けて話して頂けた講義の内容エッセンスを詰め込み、まとめあげたリーダー指南書!
★「若手イノベーター」の人材育成論と共に講義・受講者との自由討論で話題の中心となった今の企業に求められる「イノベーション戦略とは何か?」についての考察も一読できる内容!
★受講者(若手リーダー)・現役リーダー(国内外企業)に対してAndTechが独自で実施した「企業イノベーション戦略の意識調査」(アンケート&インタビュー)の分析結果とその考察を収録!

冊数:

書籍名 高機能マテリアル技術・市場動向レポート Vol.2
ジャンル 化学系研究開発
発売日 2019/12/04
価格 5,500円(本体5,000円+消費税、送料込)
書籍解説

★高機能フィルム展にて毎回大好評を博している高機能マテリアル技術・市場動向レポートの第2弾。今回も本業界の技術のスぺシャリスト4名による書下ろし!
★2019年の下半期以降の高機能フィルム、高機能プラスチック、食品包装材料、生分解プラスチックの技術動向と展示会視察レポート

冊数:

書籍名 フィルムの機能性向上と成形加工・評価Ⅲ
ジャンル 化学系研究開発
発売日 2019/07/31
価格 71,500円(本体65,000円+消費税、送料込)となります)
書籍解説

★ディスプレイ用フィルム、食品・医療包装、各種電池用フィルム、環境対応、加飾フィルム、5G通信用フレキシブル基板フィルムなど、「今のトレンド」を捉えた製品において、開発部門の一線で活躍する執筆陣!
★フィルム成形の基本的な考え方と実際の製品を製造するための成形技術・材料の両方を理解し、高機能フィルム開発に役立てる!

冊数:

書籍名 高機能性高分子複合材料ー要素技術と応用開発の動向ー
ジャンル 化学系研究開発
発売日 2019/09/17
価格 66,000円(本体60,000円+消費税、送料込)
書籍解説

★産官学の著名な研究者・技術者による、要素技術毎の最先端の内容を記述した開発に携わる方々に向けた2020年代以降の高機能高分子複合材料が向かう方向についてのガイドブック!

冊数:

書籍名 ナノ・マイクロ微粒子の分散評価技術
ジャンル 化学系研究開発
発売日 2020/01/17
価格 価格(税込): 58,300 円
書籍解説

★他の材料と複合して利用される微粒子の最新の分散評価技術!
★分散評価技術を原理別・手法別に分類し広くご紹介!
★微細化が進む分散材料の有効活用のための、関係者必読の一冊!
※本書のカラー図は以下のURLからご参照ください。
https://www.cmcbooks.co.jp/user_data/colordata/T1138_colordata.pdf

冊数:

書籍名 化粧品における感性価値創造-使用感評価と処方設計-
ジャンル 化学系研究開発
発売日 2020/01/17
価格 価格(税込): 58,300 円
書籍解説

★IoT、センサー、人工知能の飛躍的発展にともない感性の分野も大きく進化をとげている。2020年、ヒトと機械の関係がいよいよ一体化に近づこうとしている!
★このような時代だからこそ逆に見直されるのが、人の手によるものづくりや評価!新たな感性価値の創造は、ヒトとモノの関係の探求、ヒトと機械の関係の探求から生まれる!

冊数:

書籍名 次世代パワー半導体の熱設計と実装技術
ジャンル 電気系研究開発
発売日 2020/01/31
価格 価格(税込): 73,700 円
書籍解説

★ SiCやGaNなどWBGパワー半導体の開発について、熱設計の観点から解説した1冊!
★ 高温動作・高速動作・高耐圧・低損失を可能にするSiCパワー半導体は、EV分野での実用化も進む!
★ 車載パワーモジュールのさらなる高出力密度化が求められており、熱設計技術の開発は喫緊の課題!

冊数:

書籍名 AT20200102:導電性高分子の基礎と高導電化・透明性向上
ジャンル セミナーテキスト
発売日 2020/01/30
価格 27,500円(本体25,000円+消費税、送料込)
書籍解説

★ナノカーボンとの複合化による耐熱性・耐久性の改良!柔軟性と透明性を持った高導電PEDOT:PSSとは?
★高導電化に必要な高移動度のための新しい考え方とは?硫酸処理により4,300S/cmを超える高い電気伝導度を示す技術とは?
★健康・医療用ウェアラブルデバイス、また透明フィルムヒーターや窓用材料として再度注目の高い本材料を再度学習する!

 


※本セミナーは、2020年1月30日に実施したセミナー資料です。

冊数:

書籍名 AT20200101:小形・超小形アンテナの実装設計と高周波対応
ジャンル セミナーテキスト
発売日 2020/01/29
価格 27,500円(本体25,000円+消費税、送料込)
書籍解説

★小形・超小形アンテナの理論とアンテナの小型化手法,そしてIoT機器などへの高密度実装用アンテナの設計法と評価法,さらにその測定法について詳しく解説!

 


※本セミナーは、2020年1月29日に実施したセミナー資料です。

冊数:

書籍名 AT20191203:マイクロプラスチック・廃プラ問題に対応したプラスチックリサイクル技術の国内外動向と取り組み事例、法規制動向、今後の展開
ジャンル セミナーテキスト
発売日 2019/12/23
価格 35,200円(本体32,000円+消費税、送料込)
書籍解説

★地球環境の面で課題とされているマイクロプラスチック問題に対して、プラスチックリサイクル技術が国内外で注目されている現状があり、本講座では産業界の取り組みについて、最近の動向も交えて、その対策技術とそれに関わる法規制について、最前線で取り組まれている専門家から解説いただけます!
★産業界はCLOMAを設立し企業は生分解性プラ、リサイクル手法等の開発も盛んとなり法規制動向がビジネスのカギ!
★使用済みプラスチックをガス化して水素を取り出すケミカルリサイクルシステムの実際は?
★EU指針に基づいた50%以上のPCR(市場に出回った製品のリサイクル)を使用した製品開発とその市場は?
★廃プラスチックの現状を解説し、持続可能な社会におけるプラスチックの利用と日本の状況は?

 


※本セミナーは、2019年12月23日に実施したセミナー資料です。

冊数:

12345...10...>

Connect & Gather