AndTech

製造業界の「未来」や「課題」を紐解く鍵となる書籍の紹介

書籍

書籍・セミナーテキスト 48件中 1~10件目

書籍名 導電性高分子のメカニズムと高導電化のための溶媒・化合物添加技術、デバイス応用~高移動度設計、重合法の最適化、ウェアラブル~
ジャンル セミナーテキスト
発売日 2019/02/28
価格 27,000 円(本体25,000円+消費税、送料込)
書籍解説

★実用化や新規な用途として注目を集めている導電性高分子!
★高導電化に必要な高移動度のための新しい考え方とは?
★PEDOT系の最近の技術開発動向を詳細に解説!

※本セミナーは、2019年2月28日に実施したセミナー資料です。

 

冊数:

書籍名 全固体リチウムイオン二次電池の基礎と最新研究動向~界面設計技術・電極材料の選択・固体電解質の特徴を活かした電池設計~
ジャンル セミナーテキスト
発売日 2019/02/27
価格 27,000 円(本体25,000円+消費税、送料込)
書籍解説

★全固体電池を構成する各部材の開発から電池作製までの各段階について、最近の取り組みと課題を紹介!
★電池の全固体化によって実現される新たな電池の用途とは?
★本格的に取り組みが増え始めた本技術の最新動向を第一人者がお話いたします!

※本セミナーは、2019年2月27日に実施したセミナー資料です。

冊数:

書籍名 医療・医薬向け軟包装技術の最新動向と応用・国内外市場 ~今後より求められていくSDGs対策の模索~
ジャンル セミナーテキスト
発売日 2019/02/27
価格 27,000 円(本体25,000円+消費税、送料込)
書籍解説

★SDGs対応が企業で着々と進みつつある中で、包装も対応が必要となる!
★包装素材、インキ、接着剤、印刷、ラミネート加工、包装形態、小ロット対応、インタラクティブ、チャイルドレジスタント、偽造防止、開封性、再封性、2室配合シール、内面非吸着性など多くの面を考慮した包装設計対応とは?

※本セミナーは、2019年2月27日に実施したセミナー資料です。

冊数:

書籍名 EV向け超急速充電の概要と車両側から見たバッテリシステムへの要求~充電規格・セルの冷却と昇温・発熱への対応・大型車向け急速充電~
ジャンル セミナーテキスト
発売日 2019/02/26
価格 27,000 円(本体25,000円+消費税、送料込)
書籍解説

★超急速充電を実現するための、主として車両側の課題と対応について解説!

※本セミナーは、2019年2月26日に実施したセミナー資料です。

冊数:

書籍名 青果物における鮮度低下メカニズム・鮮度評価法と品質保持の最新技術・包装設計~MAP、湿度制御、輸出対応、貯蔵・保存ニーズ、無効通気性フィルム~
ジャンル セミナーテキスト
発売日 2019/02/25
価格 32,400 円(本体30,000円+消費税、送料込)
書籍解説

★鮮度低下機作や鮮度評価法についての最新の研究成果を解説!
★青果物における「貯蔵・保存ニーズ」とは?
★穴を開けずに通気性を付与した無孔通気性フィルムの原理について解説!

※本セミナーは、2019年2月25日に実施したセミナー資料です

 

冊数:

書籍名 リチウムイオン二次電池技術・市場動向レポート Vol.3
ジャンル 電気系研究開発
発売日 2019/02/27
価格 3,780円(本体3,500円+消費税、送料込)
書籍解説
★国際二次電池展(2019年2月27日~3月1日)で大好評の当レポート!
★トップブランド参入で超激戦を迎える中国EV、電池業界に起きている市場の最新事情を元サムスンSDIの佐藤氏による報告レポート!
★中国における電池材料メーカーの現状と中国における外資系企業と中国企業の動きなど現地で活躍する堀尾氏による最新レポート!
★全固体二次電池の構成や材料開発動向をメーカー担当者がレポート報告!

冊数:

書籍名 次世代デジタル印刷の仕組みと技術的特長、軟包装・容器への応用・採用例、将来展望 ~Packaging 4.0, Printing 4.0時代の印刷機器・材料の開発動向~
ジャンル 化学系研究開発
発売日 2018/07/23
価格 54,000円(本体50,000円+消費税、送料込)→特価37,800円(税込、送料込)
書籍解説

★デジタル印刷の現状と今後の開発動向、市場動向、将来展望をまとめた類書のない1冊!

冊数:

書籍名 IoT時代のセンサ技術の仕組みと種類・課題、産業界別用途例、 周辺機器・材料動向、将来展望
ジャンル 電気系研究開発
発売日 2018/01/31
価格 37,800円(本体35,000円+消費税、送料込)
書籍解説

★IoT時代を迎えて、センサ技術はどのように活用させるのか、その仕組みは?
★自動車の自動運転が当たり前技術の時代を迎え、どのようなセンサがどのように機能して自動運転を実現しているのか!
★ますます向上するセンサ機能を応用すると、どのような将来が予想されるのか?
★さらに今後開発するセンサ技術は、何を参考とするのか?

冊数:

書籍名 機能性フィルム・機能性包装・高機能プラスチックの技術市場動向レポート Vol.4
ジャンル 化学系研究開発
発売日 2018/12/05
価格 5,400円(本体5,000円+消費税、送料込)
書籍解説

★2018年上半期から2018年下半期に行われた”高機能フィルム””高機能プラスチック”“機能性包装”関連の
 展示会において出展された各材料・加工・装置メーカーの出品状況(開発事例)をペースに、
  業界事情に精通した技術コンサルタント(専門家)による足で稼いだ書き下ろし最新動向レポート!
★【高機能プラスチック、機能性フィルム、機能性包装】の技術開発動向、関連トピックス、市場動向を分かり易く解説!

冊数:

書籍名 青果物の鮮度・栄養・品質保持技術としての各種フィルム・包装での最適設計
ジャンル 化学系研究開発
発売日 2018/03/07
価格 54,000円(本体50,000円+消費税、送料込)→特価37,800円(税込、送料込)
書籍解説

★TPPなどでますます国外に広がる日本の高品質農産物!
★流通コスト削減のため、空運から海運に代わりますます重要になる鮮度保持技術の動向とは!
★各種青果物を適切な条件下におき、適切な包装を設計、活用するために重要な一冊!
★収穫前、収穫後、青果物の呼吸や蒸散などの代謝活動がどういうメカニズムで行われるのか?
★青果物の劣化指標となる作物の各種生体メカニズムとは?
★青果物という低価格商品に対応する包装として、どの程度のコストが適切なのか?許容されるのか?
★各種特色のあるフィルムを活用し、鮮度保持を行っているが、防曇フィルム、MA包材、パーシャルシール包装などの各動向とは?
★にら、ブロッコリー、オウトウ、イチゴ、果樹などを含む青果物での鮮度事例とは?
★コンビニエンスストアやスーパーでも需要が増加しているカット青果物の鮮度保持技術とは?

冊数: