AndTech

製造業界の「未来」や「課題」を紐解く鍵となる書籍の紹介

書籍

書籍・セミナーテキスト 180件中 1~10件目

書籍名 高機能マテリアル技術・市場動向レポート Vol.5
ジャンル 化学系研究開発
発売日 2021/06/23
価格 8,800円(本体8,000円+消費税、送料込)
書籍解説

★高機能フィルム展にて毎回大好評を博している高機能マテリアル技術・市場動向レポートの第5弾。各業界の著名な専門家5名 による書下ろし!
★6月関西高機能フィルム展に向けて発刊した珠玉の1冊!
★注目の機能性フィルム、高機能ポリマー、包装、リサイクル関連の技術・市場動向と今後の展望をまとめたレポート!

冊数:

書籍名 プラスチックリサイクルの技術開発とその取り組み、規制・施策動向、将来展望
ジャンル プラスチックリサイクル
発売日 2021/06/30
価格 55,000円(本体50,000円+消費税、送料込)→6/29まで49,500円(税込)
書籍解説
★予約特価案内:6月29日までの購入者は定価¥55,000 → 49,500円
★「プラスチックリサイクル」をテーマに国内外の企業・大学・公的研究機関に所属する
 第一線でご活躍の技術者・研究開発者らによって書かれた、これからの「環境循環型社会」を読み解く一冊!

 

冊数:

書籍名 【実用版】フィルム成形のプロセス技術
ジャンル 化学系研究開発
発売日 2021/05/31
価格 5,500円(本体5,000円+消費税、送料込)
書籍解説

★「個人の方に向けた愛読書」とするための実用版書籍として、一般書籍価格並みの5,500円で販売!
★こちらは何度も読み直ししやすいソフトカバー版となります。

★フィルム成形技術のバイブルと呼ぶべき書籍が、実用版+増ページでリニューアル!

★基本的な考え方と実際の製品を製造するための成形技術・材料の両方を理解することにより、さらに興味と理解が深まる内容!
★この分野を専門とする企業、技術者の為に作られた当書籍は押出機、ダイ、Tダイキャスト法、インフレーション法、二軸延伸法であるテンター法およびチューブラー法、二次加工、添加剤、物性を考える上で重要な高次構造解析について、各部門の一線で活躍する方々により執筆された、世界最高レベルと呼べるフィルム成形の技術指南書!

冊数:

書籍名 次世代二次電池の開発動向、課題、将来展望
ジャンル 電気系研究開発
発売日 2021/04/30
価格 44000円(本体40,000円+消費税、送料込)
書籍解説
★様々な分野でリチウムイオン電池が活用されているが、全ての用途に必ずしもリチウムイオン電池が適しているわけではない!
★エネルギー密度、入出力特性、安全性、耐熱性、元素戦略、様々な観点で電池を考え、いま、必要とされる「次世代二次電池と
は?」「革新電池」をテーマに国内外の第一線で活躍する産学官のトップ研究者・技術者によって書かれた最先端の技術動向書! 
★次世代二次電池の各電池メーカー開発動向・大学研究機関の研究開発動向、車載応用上の課題など2021年時点で把握しておきたい技術情報も専門家(元ソニー、元トヨタ自動車)により解説!

 

冊数:

書籍名 次世代通信・ミリ波技術の最新技術動向・今後の展望~新世代の通信システムに対応する材料とその要求特性とは~
ジャンル 電気系研究開発
発売日 2021/03/11
価格 33,000円(本体30,000円+消費税、送料込)
書籍解説

冊数:

書籍名 抗菌・抗ウイルス技術の開発・評価と 樹脂、繊維、塗料、フィルム等への製品応用~高機能コーティング・練り込み・後加工技術としての抗菌・抗ウイルス性付与~
ジャンル 化学系研究開発
発売日 2021/01/13
価格 55,000円(本体50,000円+消費税、送料込)
書籍解説

★抗菌剤・抗ウイルス性を有する各種材料開発事例とその効果・特徴有機、 無機系銀材料、銅化合物材料などの抗菌剤の主要材料 や可視光応答形光触媒とその抗菌・抗ウイルス機能など次世代材料も特集!

★また、抗ウイルスコート剤、光触媒コーティング液、抗菌効果を有する透明フィルム、抗菌IMD、抗ウイルス性を有するシート、テープ、 非接触、抗菌・抗ウイルスタッチパネルや住宅材料の抗菌技術、自動車内装表皮材などの製品展開も網羅!

冊数:

書籍名 次世代二次電池技術・市場動向レポート Vol.1
ジャンル 電気系研究開発
発売日 2021/03/03
価格 8,800円(本体8,000円+消費税、送料込)
書籍解説

★国際二次電池展(2021年3月3日~3月5日)に向けて刊行された当レポート!

★次世代の二次電池に関し、技術・市場動向をまとめております!

冊数:

書籍名 【プラ代替】紙製容器包装の開発動向とモノマテリアル化、規制動向、リサイクル技術、市場展望~デザインとパッケージ戦略、求められる機能性、食品メーカーの取り組み~
ジャンル 化学系研究開発
発売日 2020/08/21
価格 66,000円(本体60,000円+消費税、送料込)
書籍解説
★包装業界全体を取り巻く「脱石油 ・ 循環型社会会(バイオ・サーキュラーエコノミー)」への新しい流れを広く認識していただくため、包装業界で活躍される各専門家の協力を得て作り上げた、「紙製容器包装」に携わる関係者にとって、必読すべき珠玉の一冊!
★製紙メーカー、包装機械メーカー、インキメーカーの開発動向、食品メーカーの採用例、リサイクル事情、国内外の規制動向、今後の紙製容器包装の展望など包装業界の第一線で活躍されている執筆陣による充実した内容!

冊数:

書籍名 生分解性樹脂・バイオプラスチックの開発動向・課題と今後の展望
ジャンル 化学系研究開発
発売日 2020/04/03
価格 22,000円(本体20,000円+消費税、送料込)
書籍解説
★バイオプラスチックとして最新動向を読みやすく、コンパクトにまとめたソフトカバー書籍!
★企業としての動向、研究機関としての最新知見が豊富!
★生分解性プラスチックの評価と法規制,更には海洋プラスチックの環境汚染の問題にも焦点を当てております。

ISBN 978-4-909118-18-9

冊数:

書籍名 高機能マテリアル技術・市場動向レポート Vol.4
ジャンル 化学系研究開発
発売日 2020/12/02
価格 5,500円(本体5,000円+消費税、送料込)
書籍解説

★高機能フィルム展にて毎回大好評を博している高機能マテリアル技術・市場動向レポートの第4弾。業界の技術のスぺシャリスト4名 による書下ろし!
★12月高機能フィルム展に向けて発刊した珠玉の1冊!
★2020年の高機能フィルム・ポリマー、塗料・コーティング、銅ナノ粒子、3Dプリンティングの技術・市場動向と今後の展望をまとめたレポート

冊数:

12345...10...>

Connect & Gather