AndTech

セミナー詳細

セミナー

ウエアラブルセンシング技術の基礎・技術動向と部材への要求

★ウェアラブルでの生体センシングの測定対象と取得手法、近年開発が進むデバイスに用いられているモジュールや部品の材料とその特性、構成要素技術について紹介!

セミナー番号 S200104
セミナー名 ウェラブルセンシング
講師名

横浜国立大学 大学院工学研究院 知的構造の創生部門 准教授 杉本 千佳 氏

開催日 2020年01月31日(金) 12:30-16:30
会場名

カルッツかわさき 中会議室2【神奈川・川崎】(住所:〒210-0011 神奈川県川崎市川崎区富士見1-1-4)

アクセスマップ

支払い方法 銀行振込,当日支払
受講料(税込)

【1名の場合】39,600円(税込、テキスト費用を含む)
2名以上は一人につき、11,000円が加算されます。

詳細

定員:30名


※ お申し込み後、受講票と請求書が自動で返信されます。請求書記載の銀行口座に沿って、お振り込みをお願いします。また請求書に記載の「株式会社」や「(株)」「会社名」はお客様の記入通りの表記になりますので、ご希望の形式で記載をお願いします。
※ 2名以上でお申し込みをされた場合は、請求書受講票を代表者様にご連絡します
※ 請求書・領収書の発行形式への要望があれば、申込時、備考欄へ記載ください。
※ 参加時に名刺をご持参ください。参加者は、途中変更も可能です。
※ ご参加手続きの際、自宅住所やフリーアドレス、個人携帯番号のみで登録された場合は、ご所属確認をさせいただくことがございます

※ 弊社講座では、同一部署、申込者のご紹介があれば、何名でもお1人11,000円で追加申し込みいただけます。(申込者は正規料金、お二人目以降は11,000円となります)。追加の際は、申し込まれる方が追加の方を取り纏いただくか、申込時期が異なる場合は紹介者のお名前を備考欄にお書きくださいますよう、お願いいたします。

上記以外は正規料金となりますのでご理解ください。


キャンセルポリシー・特定商取引法はこちら
セミナーに関するQ&Aはこちら(※キャンセル規定は必ずご確認ください)

講師プロフィール

横浜国立大学 大学院工学研究院 知的構造の創生部門 准教授 杉本 千佳 氏

【略歴】
東京大学 工学部計数工学科卒業、同大学院新領域創成科学研究科 博士課程修了
東京大学 大学院新領域創成科学研究科 人間環境学専攻 助手、助教
横浜国立大学 工学研究院、未来情報通信医療社会基盤センター 准教授(現職)

【専門分野・研究】
専門分野:ヒューマンセンシング、ヒューマンモデリング、生体・環境計測制御、センサネットワーク、医療ICT、行動認識、感性認識、ITS
・人間情報(生体情報、行動情報)の計測・解析・評価に関する研究
・ウェアラブルセンシング手法・アプリケーションの研究

【本テーマ関連学会での活動】
IEEE、電子情報通信学会(ヘルスケア・医療情報通信技術研究会副委員長、情報の認知と行動研究会専門委員、高信頼制御通信研究会専門委員)、計測自動制御学会(スマートセンシングシステム部会運営委員)、人間情報学会(理事)

講演主旨

IoTやAIの発展とともに、新しい需要を喚起するデバイスとして、多様なウエアラブル端末の開発が進められています。本講座では、ウエアラブルでの生体センシング手法、デバイスに用いられるモジュールや部材の特徴と要件、構成要素技術等について紹介し、具体的な最新のデバイスの開発動向や応用事例を取り上げながら、現状と今後の課題について解説します。

プログラム

【講演キーワード】
ウェアラブル,IoT, AI,生体センシング,フレキシブル

 

【講演プログラム】
1. ウエアラブルセンシングの基礎
 1-1 「ウエアラブル」の背景  
         -これまでの状況と現在の動向-
 1-2 ウエアラブルによるセンシング対象と要求ニーズ
 1-3 ウエアラブルセンシングの構成要素技術
2. ウエアラブルセンシング技術
    ~小型生体センサによるセンシング手法~
 2-1 生体情報センシング
  2-1-1 生体情報計測手法の基礎
  2-1-2 ウエアラブル生体センサの計測原理と基本構造、データ処理・活用法
         心電計、脈波センサ、血流量センサ、パルスオキシメーター、温度センサ、
         血圧計、脳波センサ、眼電位センサ/眼球運動センサ、血糖センサ、等
 2-2 行動情報センシング
  2-2-1 行動情報計測手法の基礎
  2-2-2 ウエアラブル行動センサの計測原理と基本構造、データ処理・活用法
         加速度センサ、ジャイロセンサ、磁気センサ、気圧センサ、マイクロフォン、
         イメージセンサ、等
3. 応用事例と将来展望
 3-1 医療・ヘルスケア分野への応用
 3-2 スポーツ・フィットネス分野への応用
 3-3 自動車分野への応用
 3-4 産業・業務・その他サービス分野への応用
4. まとめ

アクセスマップ

住所:〒210-0011 神奈川県川崎市川崎区富士見1-1-4 JR「川崎駅(北口東)」京急「京急川崎駅」より徒歩約15分

お申込み

お申込み人数
小計 39,600円(消費税込)

セミナー検索条件

分野
カテゴリー
開催年
開催月
検索結果に戻る カテゴリ一覧を見る

Connect & Gather