AndTech

製造業界の「未来」や「課題」を紐解く鍵となる書籍の紹介

書籍

書籍・セミナーテキスト 130件中 121~130件目

書籍名 MRの生産性アップと最適配置戦略
ジャンル 医薬系研究開発
発売日 2012/05/31
価格 68,200円(本体62,000円+消費税、送料込)
書籍解説

★科学的なMRの生産性アップ法を体系的に説明!!
★MR活動の質を高めるための具体的方法を説明!!
★MRの質のと生産性を高め継続性をもたせるための必須の書籍

冊数:

書籍名 透明断熱・遮熱ウィンドウフィルム・素材の最新技術開発動向・機能性向上と将来展望
ジャンル 化学系研究開発
発売日 2012/04/20
価格 68,200円(本体62,000円+消費税、送料込)
書籍解説

★「熱割れ」「曇り」「結露」「電磁波透過性保持」「IRカット」などの主要課題をどう克服するか?
★夏の冷房効果と冬の断熱効果、、どちらを優先する?国内あるいは海外など、地域別に求められる最適値とは?
★透明性はどこまであればウィンドウフィルムとして採用される?耐久性は?
★透明断熱フィルム・コーティングの建築材料としての規格はどうなっている?
★「熱貫流率」など難解な言葉の定義や、性能評価方法は?実測に近い結果をいかに出すか?
★スマートハウス・省エネ次世代環境住宅のガラス・窓・開口部や自動車のウィンドウなど
 フィルム、中間膜、ガラス、コーティング材の最新技術に焦点を当てた一冊!

冊数:

書籍名 フィルムの機能性向上と成形加工、分析・評価技術
ジャンル 化学系研究開発
発売日 2010/08/10
価格 71,500円(本体65,000円+消費税、送料込)
書籍解説

★最先端を進む企業は新たな次元の“機能性”と“可能性”を探究する!
★フィルムの機能性をテーマとした類書の少ない一冊!要素技術/市場/応用展開

冊数:

書籍名 機能性飲料の開発と市場
ジャンル 食品
発売日 2019/01/30
価格 93,500 円(本体85,000円+消費税、送料込)
書籍解説

★トクホ/栄養機能食品/機能性表示食品の機能性飲料の最新動向を解説!!
★モノグルコシルヘスペリジン,γ-アミノ酪酸,ラブレ菌,β-カロテンなどの食品素材も詳述!!
★生活習慣病,熱中症,内臓脂肪症候群などを改善する機能性飲料!!
★機能性飲料および機能性素材の市場動向も解説!!

冊数:

書籍名 医薬品原薬の結晶化と物性評価:その最先端技術と評価の実際
ジャンル 医薬食品系研究開発
発売日 2019/01/31
価格 97,900円(本体89,000円+消費税、送料込)
書籍解説

★薬剤の安定性と溶解性の向上に向けた結晶化ならびに評価法をまとめた成書!
★多形転移や非晶質製剤,バイオ医薬品の開発など多角的に詳述!
★原薬結晶の研究やプロセスモニタリングに携わる方々にお薦めの1冊!

冊数:

書籍名 樹脂・フィルム材料におけるブリード現象のメカニズムと制御法 ~ブリード現象に対する添加剤の種類と処方/ 成形条件や樹脂・フィルム材料との親和性とは~
ジャンル セミナーテキスト
発売日 2018/12/26
価格 27,500 円(本体25,000円+消費税、送料込)
書籍解説

★ブリード現象の発生機構と防止法の考え方について解説!
★ブリード現象を活用した機能性製品の開発事例を紹介!


※本セミナーは、2018年12月26日に実施したセミナー資料です

冊数:

書籍名 高周波用途に向けたコンポジット誘電体材料の材料設計と樹脂・フィラーの選定ポイント ~フィラー分散型ポリマーコンポジット誘電材料・フィラー粒径制御による低損失化~
ジャンル セミナーテキスト
発売日 2018/12/25
価格 27,500 円(本体25,000円+消費税、送料込)
書籍解説

★アンテナ等の高周波モジュールの高性能化・低消費電力化・薄型化・信頼性向上を図るため、その基盤となる誘電材料基板は、電気・熱・機械・化学等さまざまな特性を高度に兼ね備えることが求められる!
★誘電材料基板として有望な粒子分散型コンポジット誘電材料の材料設計の考え方について学ぶ!

※本セミナーは、2018年12月25日に実施したセミナー資料です

冊数:

書籍名 フィルムコンデンサの開発・応用・製造と各部材・フィルムに要求される特性 ~車載用フィルムコンデンサの要求特性・実装を意識した開発・フィルム特性~
ジャンル セミナーテキスト
発売日 2018/11/27
価格 33,000 円(本体30,000円+消費税、送料込)
書籍解説

★薄膜コンデンサ製造法の現状と課題、蒸着や巻き取り・スリット・コーティング・表面処理などの現状とは?
★誘電体となるフィルムへの要求とは?耐熱性、厚み、蒸着工程から考えられるフィルムへの要望とは?
★小型・耐熱化などを実現する素子構造やフィルムの在り方とは?車載、またパワーエレクトロニクス用途への展開が広がるフィルムコンデンサの将来性とは?

 

※本セミナーは、2018年11月27日に実施したセミナー資料です

冊数:

書籍名 生分解性プラスチックの現状・市場動向と海洋問題への課題・今後の展望 ~なぜ今、分解性プラなのか?海洋汚染・マイクロビーズ・ストロー・レジ袋~
ジャンル セミナーテキスト
発売日 2018/11/27
価格 27,500 円(本体25,000円+消費税、送料込)
書籍解説

★プラスチックによる深刻な海洋汚染の問題が存在する潮流の中で、“ゴミにならないプラスチック”=生分解性プラスチックが再度注目を浴びつつある!
★国での規制と生分解性プラスチックの基礎から商品開発のヒント、更に今後の展望を予測!

※本セミナーは、2018年11月27日に実施したセミナー資料です

冊数:

書籍名 ウェブ搬送のしわ防止と巻取りにおけるトラブルの原因と対策 ~トライボロジーから考えるマクロスリップの発生条件と抑止方法・ウェブの巻取り張力の最適化~
ジャンル セミナーテキスト
発売日 2018/10/26
価格 27,500 円(本体25,000円+消費税、送料込)
書籍解説

★ウェブを製造する過程においての様々な不具合の原因・対策案について学べる!

 

※本セミナーは、2018年10月26日に実施したセミナー資料です

冊数:

<...910111213

Connect & Gather