AndTech

製造業界の「未来」や「課題」を紐解く鍵となる書籍の紹介

書籍

書籍・セミナーテキスト 135件中 11~20件目

書籍名 AT20200202:有機太陽電池の基礎とナノカーボン材料を積極的に活用した太陽電池~研究開発動向、薄膜、ペロブスカイト、リチウム内包・新規フラーレン~
ジャンル セミナーテキスト
発売日 2020/02/21
価格 27,500円(本体25,000円+消費税、送料込)
書籍解説

★各種有機系太陽電池について、それらの構造や発電メカニズムなどの基礎を解説!


★カーボンリッチ太陽電池の開発への取り組みなど最新の研究成果についても紹介!

 

 

 


※本セミナーは、2020年2月21日に実施したセミナー資料です。

冊数:

書籍名 AT20200201:軟包装向けデジタル印刷の技術開発と応用、今後の課題と展望~UVインクジェット、花王水性顔料インク、導入・展開事例~
ジャンル セミナーテキスト
発売日 2020/02/20
価格 33,000円(本体30,000円+消費税、送料込)
書籍解説

★今の時代にマッチした商品開発を推進する役割にあるデジタル印刷の今後の課題などを解説!


★軟包装用UVインクジェットデジタル印刷機の技術と最新の活用事例について紹介!


★花王インクの設計概念、印刷展開、未来指針について論じていただく!


※本セミナーは、2020年2月20日に実施したセミナー資料です。

冊数:

書籍名 グラフェンから広がる二次元物質の新技術と応用 ~世界の動向、CVD合成、転写積層、量子物性、センサ・デバイス、THz応用~
ジャンル 化学系研究開発
発売日 2020/03/12
価格 59,400円(本体54,000円+消費税、送料込)
書籍解説

二次元物質の実社会(三次元)への応用展開、ヘテロ積層化による新たな可能性、さらには他の低次元ナノ材料との融合を 視野に入れた二次元物質の将来を展望する。

 

冊数:

書籍名 2020版 薄膜作製応用ハンドブック
ジャンル 化学系研究開発
発売日 2020/02/01
価格 75,900円(本体69,000円+消費税、送料込)
書籍解説

冊数:

書籍名 生分解性プラスチックの素材・技術開発 ~海洋プラスチック汚染問題を見据えて~
ジャンル 化学系研究開発
発売日 2019/12/02
価格 49,500円(本体45,000円+消費税、送料込)
書籍解説 ・深刻化するプラスチックの海洋汚染対策の切り札として  期待の生分解性プラスチック開発の現状と課題を展望する! ・資源循環型社会におけるプラスチック開発の環境対応技術の  現状と課題を追う! ・これからのプラスチック開発と代替材料を考える為に必読の  一冊!

冊数:

書籍名 ボトリングテクノロジー ~飲料製造における充填技術と衛生管理~
ジャンル 化学系研究開発
発売日 2020/02/01
価格 39,600円(本体36,000円+消費税、送料込)
書籍解説
・飲料工場における充填機・製品液・容器の殺菌方法、製造現場の衛生管理までを実践的にわかりやすく解説する1冊!
・現場で必要な充填機、製品液、容器の殺菌方法、殺菌条件設定の考え方、そして工程の管理方法を詳解する!
・飲料市場を支える製造現場における品質管理の実際と容器特性
 ごとの充填技術のノウハウを詳解

冊数:

書籍名 ポリマーの強靱化技術最前線  ~破壊機構、分子結合制御、しなやかタフポリマーの開発~
ジャンル 化学系研究開発
発売日 2020/05/29
価格 49,500円(本体45,000円+消費税、送料込)
書籍解説

・従来にない強さと薄さ、しなやかさを兼ね備えた次世代高分子材料開発の最前線を追う!
・薄くすれば破れやすい、厚く硬くすれば割れやすいという高分子材料の弱点を解決する最新研究を俯瞰!
・社会的ニーズが大きい従来の限界を超える薄膜化と強靱化を同時に達成するための技術が満載

 

冊数:

書籍名 フィルムの機能性向上と成形加工・評価Ⅲ
ジャンル 化学系研究開発
発売日 2019/07/31
価格 71,500円(本体65,000円+消費税、送料込)となります)
書籍解説

★ディスプレイ用フィルム、食品・医療包装、各種電池用フィルム、環境対応、加飾フィルム、5G通信用フレキシブル基板フィルムなど、「今のトレンド」を捉えた製品において、開発部門の一線で活躍する執筆陣!
★フィルム成形の基本的な考え方と実際の製品を製造するための成形技術・材料の両方を理解し、高機能フィルム開発に役立てる!

冊数:

書籍名 高機能性高分子複合材料ー要素技術と応用開発の動向ー
ジャンル 化学系研究開発
発売日 2019/09/17
価格 66,000円(本体60,000円+消費税、送料込)
書籍解説

★産官学の著名な研究者・技術者による、要素技術毎の最先端の内容を記述した開発に携わる方々に向けた2020年代以降の高機能高分子複合材料が向かう方向についてのガイドブック!

冊数:

書籍名 ナノ・マイクロ微粒子の分散評価技術
ジャンル 化学系研究開発
発売日 2020/01/17
価格 価格(税込): 58,300 円
書籍解説

★他の材料と複合して利用される微粒子の最新の分散評価技術!
★分散評価技術を原理別・手法別に分類し広くご紹介!
★微細化が進む分散材料の有効活用のための、関係者必読の一冊!
※本書のカラー図は以下のURLからご参照ください。
https://www.cmcbooks.co.jp/user_data/colordata/T1138_colordata.pdf

冊数:

12345...10...>

Connect & Gather