AndTech

製造業界の「未来」や「課題」を紐解く鍵となる書籍の紹介

書籍

書籍・セミナーテキスト 56件中 11~20件目

書籍名 ポリマーの強靱化技術最前線  ~破壊機構、分子結合制御、しなやかタフポリマーの開発~
ジャンル 化学系研究開発
発売日 2020/05/29
価格 49,500円(本体45,000円+消費税、送料込)
書籍解説

・従来にない強さと薄さ、しなやかさを兼ね備えた次世代高分子材料開発の最前線を追う!
・薄くすれば破れやすい、厚く硬くすれば割れやすいという高分子材料の弱点を解決する最新研究を俯瞰!
・社会的ニーズが大きい従来の限界を超える薄膜化と強靱化を同時に達成するための技術が満載

 

冊数:

書籍名 フィルムの機能性向上と成形加工・評価Ⅲ
ジャンル 化学系研究開発
発売日 2019/07/31
価格 71,500円(本体65,000円+消費税、送料込)となります)
書籍解説

★ディスプレイ用フィルム、食品・医療包装、各種電池用フィルム、環境対応、加飾フィルム、5G通信用フレキシブル基板フィルムなど、「今のトレンド」を捉えた製品において、開発部門の一線で活躍する執筆陣!
★フィルム成形の基本的な考え方と実際の製品を製造するための成形技術・材料の両方を理解し、高機能フィルム開発に役立てる!

冊数:

書籍名 高機能性高分子複合材料ー要素技術と応用開発の動向ー
ジャンル 化学系研究開発
発売日 2019/09/17
価格 66,000円(本体60,000円+消費税、送料込)
書籍解説

★産官学の著名な研究者・技術者による、要素技術毎の最先端の内容を記述した開発に携わる方々に向けた2020年代以降の高機能高分子複合材料が向かう方向についてのガイドブック!

冊数:

書籍名 ナノ・マイクロ微粒子の分散評価技術
ジャンル 化学系研究開発
発売日 2020/01/17
価格 価格(税込): 58,300 円
書籍解説

★他の材料と複合して利用される微粒子の最新の分散評価技術!
★分散評価技術を原理別・手法別に分類し広くご紹介!
★微細化が進む分散材料の有効活用のための、関係者必読の一冊!
※本書のカラー図は以下のURLからご参照ください。
https://www.cmcbooks.co.jp/user_data/colordata/T1138_colordata.pdf

冊数:

書籍名 化粧品における感性価値創造-使用感評価と処方設計-
ジャンル 化学系研究開発
発売日 2020/01/17
価格 価格(税込): 58,300 円
書籍解説

★IoT、センサー、人工知能の飛躍的発展にともない感性の分野も大きく進化をとげている。2020年、ヒトと機械の関係がいよいよ一体化に近づこうとしている!
★このような時代だからこそ逆に見直されるのが、人の手によるものづくりや評価!新たな感性価値の創造は、ヒトとモノの関係の探求、ヒトと機械の関係の探求から生まれる!

冊数:

書籍名 関節・軟骨の再生医療
ジャンル 医療系研究開発
発売日 2019/12/17
価格 72,600円 (本体66,000円+消費税、送料込)
書籍解説

★再生医療を取り巻く関節・軟骨の最新動向を徹底解説!
★執筆陣は,多様な原料・アプローチで再生医療に取り組む国内第一線の研究・開発者!
★開発側・規制側、両方の立場から再生医療等製品開発に必要不可欠な管理・評価手法を解説!

※本書のカラー図は以下のURLからご参照ください。
https://www.cmcbooks.co.jp/user_data/colordata/T1135_colordata.pdf

冊数:

書籍名 酵素と応用製品の市場2020
ジャンル 化学系研究開発
発売日 2019/12/20
価格 77,000 円 (本体70,000円+消費税、送料込)
書籍解説

★糖化,デンプン加工,醸造,油脂加工,洗剤,繊維加工,化粧品,皮革製品,バイオマス変換など明らかにされた産業用酵素の動向!!
★医薬品原体,中間体製造,アミノ酸合成,診断用酵素,消化酵素,ダイエットサプリメントなど医療用,診断用,健康食品用酵素の動向も解明!!
★個別の酵素および酵素応用製品,さらに酵素応用分野の市場を解説!!

冊数:

書籍名 炭素繊維強化プラスチック(CFRP)の開発と市場 2020
ジャンル 化学系研究開発
発売日 2019/12/18
価格 88,000 円 (本体80,000円+消費税、送料込)
書籍解説

★低炭素社会実現に向けて、自動車や航空機の軽量化に貢献する材料として脚光を浴びる炭素繊維強化プラスチック!
★注目を集める量産化のための成形・加工技術について、主要な成形法を解説!
★成形技術、自動車への展開、リサイクルなどの開発動向、そして炭素繊維、マトリックス樹脂、メーカー動向などのマーケット動向を徹底調査!

冊数:

書籍名 透明高分子材料の高屈折率化と屈折率制御
ジャンル 化学系研究開発
発売日 2019/12/13
価格 58,300円 (本体53,000円+消費税、送料込)
書籍解説

★高屈折率樹脂はスマートフォン用途や車載光学センサ用途など需要が拡大!
★樹脂製光学レンズ・フィルムの多機能化,薄型化のための屈折率の向上と制御といった課題の解決策を提示!
★高分子材料の設計からハイブリッド化,応用技術まで幅広く最新の動向を紹介する1冊!

冊数:

書籍名 リチウムイオン二次電池用シリコン系負極材の開発動向
ジャンル 化学系研究開発
発売日 2019/11/29
価格 69,300円 (本体63,000円+消費税、送料込)
書籍解説

★ 現行の黒鉛負極の約10倍の理論容量を有し,次世代負極材料の最有力候補と目される「シリコン(Si)」!
★ 課題となる膨張収縮の制御や不可逆容量の低減に向けた,Siの構造制御・プレドープ・合金化技術などについて詳述!
★ Si負極用バインダー・集電体・電解液などのデバイス化技術についても解説!

冊数:

12345...>

Connect & Gather