AndTech

製造業界の「未来」や「課題」を紐解く鍵となる書籍の紹介

書籍

書籍・セミナーテキスト 127件中 31~40件目

書籍名 AT20191103:2019年の食品・医薬品・化粧品における包装・容器に関する規制・規格の総括講座~2019年のまとめと2020年以降の注目・留意すべき規制・規格動向
ジャンル セミナーテキスト
発売日 2019/11/25
価格 27,500 円(本体25,000円+消費税、送料込)
書籍解説

第1部【食品包装容器】
 ★食品包装規制の最新状況及び2020年以降の動向について解説予定!
 ★2020年6月施行見込みの食品衛生法改正による樹脂のPL制度化は?
 ★キーワード【食品衛生法・業界自主基準・ポジティブリスト(PL)・ネガティブリスト(NL)・厚労省のPL案・ブルー・オーシャン・ビジョン】
第2部【医薬品・医療機器・化粧品包装】
 ★日欧米三極薬局方の最新動向を主体に、中国等のアジア諸国の規制状況、及び2020年以降の動向について解説予定!
 ★欧州薬局方、2020年プラスチック容器規制が改正予定!その動向は?
 ★日本は本年5月医療機器に原材料のマスターファイル制度を導入!
 ★化粧品包装の欧州工業会によるISO規格の新しい仕組みとは?日本への影響は?

 

※本セミナーは、2019年11月25日に実施したセミナー資料です。

冊数:

書籍名 高機能マテリアル技術・市場動向レポートVol.1
ジャンル 化学系研究開発
発売日 2019/05/22
価格 8,800円(本体8,000円+消費税、送料込)
書籍解説
★高機能フィルム展にて毎回大好評を頂戴している本展示会に併せて企画制作した本業界のスぺシャリスト4名による書下ろし!
★食品包装の注目技術&市場動向&将来予測、生分解性プラスチックの現状・市場動向、 海洋・環境問題への課題・今後の展望、 生分解性プラスチック(PLA)の安全性評価事例と海洋プラスチック問題、包装における 企業のリスク管理など、皆様のご関心の高いテーマを詳しく特集

 

冊数:

書籍名 2020年版 ファインケミカル年鑑
ジャンル 化学系研究開発
発売日 2019/10/29
価格 77000円(本体70,000円+消費税、送料込)
書籍解説

★ビジネスに役立つ数少ないファインケミカル業界の資料集の最新版!
★業種編ではファインケミカル業界35業種の生産・輸出入状況から最新の動向まで徹底分析!
★製品編では注目のファインケミカル中間体・製品100品目のシェア・生産量・用途・価格を独自調査!

冊数:

書籍名 ポーラスカーボン材料の合成と応用
ジャンル 化学系研究開発
発売日 2019/10/08
価格 58,300円(本体53,000円+消費税、送料込)
書籍解説

★用途開発の進展が著しいポーラスカーボンの本格技術書!!
★エネルギー・環境問題の解決にはなくてはならないポーラスカーボン!!
★ミクロ/メソ/マクロポーラスカーボンの合成法の開発および、電極材料・触媒担体・吸着剤・分離膜などの応用に関する最新の研究について詳述!!

冊数:

書籍名 発泡プラスチックの技術と市場 2019
ジャンル 化学系研究開発
発売日 2019/10/10
価格 88,000円(本体80,000円+消費税、送料込)
書籍解説

★ 緩衝性、柔軟性、断熱・保温性、吸音性、軽量化など、優れた特性を有する発泡プラスチック!
★ 軽量化や静粛性のニーズが高まっている自動車部品への採用が増加中!
★ 2017年には86万トン強の需要量があり、金額ベースの市場規模は6,100億円程度。現在もその市場は拡大中!

冊数:

書籍名 AT20190901:ハードコート技術を中心とした機能性コーティング技術における高機能化・各種硬化技術と応用展開
ジャンル セミナーテキスト
発売日 2019/09/30
価格 33,000 円(本体30,000円+消費税、送料込)
書籍解説

★自動車などを中心とした電装、部材、ディスプレイなどを取り巻く加飾とハードコート技術!その最新動向!
★車載はCASE、MASS、ADASと車を取り巻く環境は変わり、塗膜に求められる機能やその工法にも変化が求められている!自動車に求められる加飾コーティング、ハードコート技術とその硬化方法とは?
★硬化樹脂やハイブリット化でいかに効果収縮を抑制できるか?耐薬品性をどう上げるか?UV/EB硬化の違いは?
★光学フィルム及び自動車内装加飾フィルム向けを中心にUV硬化型アクリル樹脂の設計方法!

 

※本セミナーは、2019年9月30日に実施したセミナー資料です。

 

 

冊数:

書籍名 AT20190805:全固体二次電池の基礎と開発動向、技術および産業応用上の課題~容量、寿命、Rate、温度、部材、コスト、用途展開~
ジャンル セミナーテキスト
発売日 2019/08/30
価格 27,500 円(本体25,000円+消費税、送料込)
書籍解説

★全固体電池を構成する各部材の開発から電池作製プロセスについて、最近の取り組み、新たな用途展開、課題を解説

 

※本セミナーは、2019年8月30日に実施したセミナー資料です。

 

 

 

 

冊数:

書籍名 AT20190804:EV向け超急速充電の概要とバッテリシステムへの要求~次世代充電規格、BEV開発動向、セル冷却・昇温、大型車向けへの動向~
ジャンル セミナーテキスト
発売日 2019/08/30
価格 27,500 円(本体25,000円+消費税、送料込)
書籍解説

★超急速充電を実現するための車両側の課題と対応について解説!

 

※本セミナーは、2019年8月30日に実施したセミナー資料です。

 

冊数:

書籍名 バイオプラスチックの開発と資源循環
ジャンル 化学系研究開発
発売日 2019/09/30
価格 79,200円(本体72,000円+消費税、送料込)
書籍解説

★海洋プラスチック汚染を契機に広まるワンウェイ容器包装プラスチック規制強化!!
★海中でも分解する生分解性プラスチックの関心拡大と製品化動向を解説!!
★再生可能なバイオマス資源を原料とするバイオマスプラスチックの種類と開発動向を詳述!!
★食品容器、エレクトロニクス機器、自動車関連など多くの分野で活用されるバイオプラスチックの動向も解説!!

冊数:

書籍名 リチウムイオン二次電池用炭素系負極材の開発動向
ジャンル 電気系研究開発
発売日 2019/09/30
価格 69,300円(本体63,000円+消費税、送料込)
書籍解説

★ 電動車、非常用電源、電子デバイス用途で需要が拡大し、さらなる大容量化が求められるリチウムイオン電池!
★ 現在主流の黒鉛負極の高機能化や次世代のナノカーボンを用いた負極開発について詳述!
★ 現状の課題解決につながる、炭素材料表面でのさまざまな化学反応に関する最新知見を収載!

冊数:

<...23456...10...>

Connect & Gather