AndTech

製造業界の「未来」や「課題」を紐解く鍵となる書籍の紹介

書籍

書籍・セミナーテキスト 135件中 31~40件目

書籍名 炭素繊維強化プラスチック(CFRP)の開発と市場 2020
ジャンル 化学系研究開発
発売日 2019/12/18
価格 88,000 円 (本体80,000円+消費税、送料込)
書籍解説

★低炭素社会実現に向けて、自動車や航空機の軽量化に貢献する材料として脚光を浴びる炭素繊維強化プラスチック!
★注目を集める量産化のための成形・加工技術について、主要な成形法を解説!
★成形技術、自動車への展開、リサイクルなどの開発動向、そして炭素繊維、マトリックス樹脂、メーカー動向などのマーケット動向を徹底調査!

冊数:

書籍名 透明高分子材料の高屈折率化と屈折率制御
ジャンル 化学系研究開発
発売日 2019/12/13
価格 58,300円 (本体53,000円+消費税、送料込)
書籍解説

★高屈折率樹脂はスマートフォン用途や車載光学センサ用途など需要が拡大!
★樹脂製光学レンズ・フィルムの多機能化,薄型化のための屈折率の向上と制御といった課題の解決策を提示!
★高分子材料の設計からハイブリッド化,応用技術まで幅広く最新の動向を紹介する1冊!

冊数:

書籍名 リチウムイオン二次電池用シリコン系負極材の開発動向
ジャンル 化学系研究開発
発売日 2019/11/29
価格 69,300円 (本体63,000円+消費税、送料込)
書籍解説

★ 現行の黒鉛負極の約10倍の理論容量を有し,次世代負極材料の最有力候補と目される「シリコン(Si)」!
★ 課題となる膨張収縮の制御や不可逆容量の低減に向けた,Siの構造制御・プレドープ・合金化技術などについて詳述!
★ Si負極用バインダー・集電体・電解液などのデバイス化技術についても解説!

冊数:

書籍名 生分解性プラスチックの環境配慮設計指針
ジャンル 化学系研究開発
発売日 2019/11/29
価格 72,600円 (本体66,000円+消費税、送料込)
書籍解説

★マイクロプラスチックによる海洋汚染問題を契機に今再び注目を集める「生分解性プラスチック」!
★各種生分解性プラスチックの分解機構や合成・高性能化,規制・標準化動向,生分解性評価,プラスチック分解酵素について詳述!
★生分解性プラスチックを取り巻く環境と現状の課題から,今後の製品設計・開発方針が見えてくる!

冊数:

書籍名 プラスチックの資源循環に向けたグリーンケミストリーの要素技術
ジャンル 化学系研究開発
発売日 2019/11/20
価格 68,200円 (本体62,000円+消費税、送料込)
書籍解説

★海洋への廃プラスチック流出問題の改善に向けた資源循環技術の本格専門書!
★グリーンケミストリーに根ざした高分子素材の合成・リサイクル手法について詳述!
★国内で取り組まれているマテリアルリサイクルやケミカルリサイクルの実状を一挙公開!

冊数:

書籍名 AT20191102:PPS樹脂の高機能化・製造加工技術と自動車等への応用
ジャンル セミナーテキスト
発売日 2019/11/26
価格 27,500 円(本体25,000円+消費税、送料込)
書籍解説

★PPS樹脂の基本的な理解と応用について、重合・コンパウンド・用途・成型までを分かりやすく説明!
★電気・電子、車載、産業用用途などに求められる特性は?成型技術、求められる機能性とは?

 

※本セミナーは、2019年11月26日に実施したセミナー資料です。

 

冊数:

書籍名 AT20191101:易開封・イージーピール・フィルム包装の開発動向と製品・市場と要求~密封性との両立、青果物の品質維持・運送効率、容器へのニーズ、国内外の事例~
ジャンル セミナーテキスト
発売日 2019/11/21
価格 33,000 円(本体30,000円+消費税、送料込)
書籍解説

★軟包装やプラスチック容器蓋材を中心にイージーピールも含めた易開封技術を整理し、どの様に密封性と両立しているのか解説!

 

※本セミナーは、2019年11月21日に実施したセミナー資料です。

 

冊数:

書籍名 AT20191103:2019年の食品・医薬品・化粧品における包装・容器に関する規制・規格の総括講座~2019年のまとめと2020年以降の注目・留意すべき規制・規格動向
ジャンル セミナーテキスト
発売日 2019/11/25
価格 27,500 円(本体25,000円+消費税、送料込)
書籍解説

第1部【食品包装容器】
 ★食品包装規制の最新状況及び2020年以降の動向について解説予定!
 ★2020年6月施行見込みの食品衛生法改正による樹脂のPL制度化は?
 ★キーワード【食品衛生法・業界自主基準・ポジティブリスト(PL)・ネガティブリスト(NL)・厚労省のPL案・ブルー・オーシャン・ビジョン】
第2部【医薬品・医療機器・化粧品包装】
 ★日欧米三極薬局方の最新動向を主体に、中国等のアジア諸国の規制状況、及び2020年以降の動向について解説予定!
 ★欧州薬局方、2020年プラスチック容器規制が改正予定!その動向は?
 ★日本は本年5月医療機器に原材料のマスターファイル制度を導入!
 ★化粧品包装の欧州工業会によるISO規格の新しい仕組みとは?日本への影響は?

 

※本セミナーは、2019年11月25日に実施したセミナー資料です。

冊数:

書籍名 高機能マテリアル技術・市場動向レポートVol.1
ジャンル 化学系研究開発
発売日 2019/05/22
価格 8,800円(本体8,000円+消費税、送料込)
書籍解説
★高機能フィルム展にて毎回大好評を頂戴している本展示会に併せて企画制作した本業界のスぺシャリスト4名による書下ろし!
★食品包装の注目技術&市場動向&将来予測、生分解性プラスチックの現状・市場動向、 海洋・環境問題への課題・今後の展望、 生分解性プラスチック(PLA)の安全性評価事例と海洋プラスチック問題、包装における 企業のリスク管理など、皆様のご関心の高いテーマを詳しく特集

 

冊数:

書籍名 2020年版 ファインケミカル年鑑
ジャンル 化学系研究開発
発売日 2019/10/29
価格 77000円(本体70,000円+消費税、送料込)
書籍解説

★ビジネスに役立つ数少ないファインケミカル業界の資料集の最新版!
★業種編ではファインケミカル業界35業種の生産・輸出入状況から最新の動向まで徹底分析!
★製品編では注目のファインケミカル中間体・製品100品目のシェア・生産量・用途・価格を独自調査!

冊数:

<...23456...10...>

Connect & Gather