AndTech

製造業界の「未来」や「課題」を紐解く鍵となる書籍の紹介

書籍

書籍・セミナーテキスト 141件中 31~40件目

書籍名 AT20200101:小形・超小形アンテナの実装設計と高周波対応
ジャンル セミナーテキスト
発売日 2020/01/29
価格 27,500円(本体25,000円+消費税、送料込)
書籍解説

★小形・超小形アンテナの理論とアンテナの小型化手法,そしてIoT機器などへの高密度実装用アンテナの設計法と評価法,さらにその測定法について詳しく解説!

 


※本セミナーは、2020年1月29日に実施したセミナー資料です。

冊数:

書籍名 AT20191203:マイクロプラスチック・廃プラ問題に対応したプラスチックリサイクル技術の国内外動向と取り組み事例、法規制動向、今後の展開
ジャンル セミナーテキスト
発売日 2019/12/23
価格 35,200円(本体32,000円+消費税、送料込)
書籍解説

★地球環境の面で課題とされているマイクロプラスチック問題に対して、プラスチックリサイクル技術が国内外で注目されている現状があり、本講座では産業界の取り組みについて、最近の動向も交えて、その対策技術とそれに関わる法規制について、最前線で取り組まれている専門家から解説いただけます!
★産業界はCLOMAを設立し企業は生分解性プラ、リサイクル手法等の開発も盛んとなり法規制動向がビジネスのカギ!
★使用済みプラスチックをガス化して水素を取り出すケミカルリサイクルシステムの実際は?
★EU指針に基づいた50%以上のPCR(市場に出回った製品のリサイクル)を使用した製品開発とその市場は?
★廃プラスチックの現状を解説し、持続可能な社会におけるプラスチックの利用と日本の状況は?

 


※本セミナーは、2019年12月23日に実施したセミナー資料です。

冊数:

書籍名 AT20191202:誰でもわかる!半導体デバイスの製造工程入門
ジャンル セミナーテキスト
発売日 2019/12/20
価格 27,500 円(本体25,000円+消費税、送料込)
書籍解説

★ウエハ製造方法からウエハ上の前工程、パッケージングによるLSIの最終製品までの後工程まで、一連の製造フローを紹介!

★それぞれのプロセスの種類や原理、用いられる装置や材料について要点をわかりやすく解説!

★新しい技術が次々と製品化されているが、これらが各製造工程に与える影響とは?

 

※本セミナーは、2019年12月20日に実施したセミナー資料です。

 

冊数:

書籍名 AT20191201:フォルダブル・フレキシブル有機ELの研究・技術開発動向と求められる材料と要求特性
ジャンル セミナーテキスト
発売日 2019/12/11
価格 33,000 円(本体30,000円+消費税、送料込)
書籍解説

★フレキシブルガラスOLEDに比べ難度高い製造工程、フィルムカバー、破壊光学から見た薄板カバーガラス、衝撃性を改善したLTPS OLED構造の各技術を今後の製品動向を含めて解説!


※本セミナーは、2019年12月11日に実施したセミナー資料です。

 

冊数:

書籍名 関節・軟骨の再生医療
ジャンル 医療系研究開発
発売日 2019/12/17
価格 72,600円 (本体66,000円+消費税、送料込)
書籍解説

★再生医療を取り巻く関節・軟骨の最新動向を徹底解説!
★執筆陣は,多様な原料・アプローチで再生医療に取り組む国内第一線の研究・開発者!
★開発側・規制側、両方の立場から再生医療等製品開発に必要不可欠な管理・評価手法を解説!

※本書のカラー図は以下のURLからご参照ください。
https://www.cmcbooks.co.jp/user_data/colordata/T1135_colordata.pdf

冊数:

書籍名 酵素と応用製品の市場2020
ジャンル 化学系研究開発
発売日 2019/12/20
価格 77,000 円 (本体70,000円+消費税、送料込)
書籍解説

★糖化,デンプン加工,醸造,油脂加工,洗剤,繊維加工,化粧品,皮革製品,バイオマス変換など明らかにされた産業用酵素の動向!!
★医薬品原体,中間体製造,アミノ酸合成,診断用酵素,消化酵素,ダイエットサプリメントなど医療用,診断用,健康食品用酵素の動向も解明!!
★個別の酵素および酵素応用製品,さらに酵素応用分野の市場を解説!!

冊数:

書籍名 炭素繊維強化プラスチック(CFRP)の開発と市場 2020
ジャンル 化学系研究開発
発売日 2019/12/18
価格 88,000 円 (本体80,000円+消費税、送料込)
書籍解説

★低炭素社会実現に向けて、自動車や航空機の軽量化に貢献する材料として脚光を浴びる炭素繊維強化プラスチック!
★注目を集める量産化のための成形・加工技術について、主要な成形法を解説!
★成形技術、自動車への展開、リサイクルなどの開発動向、そして炭素繊維、マトリックス樹脂、メーカー動向などのマーケット動向を徹底調査!

冊数:

書籍名 透明高分子材料の高屈折率化と屈折率制御
ジャンル 化学系研究開発
発売日 2019/12/13
価格 58,300円 (本体53,000円+消費税、送料込)
書籍解説

★高屈折率樹脂はスマートフォン用途や車載光学センサ用途など需要が拡大!
★樹脂製光学レンズ・フィルムの多機能化,薄型化のための屈折率の向上と制御といった課題の解決策を提示!
★高分子材料の設計からハイブリッド化,応用技術まで幅広く最新の動向を紹介する1冊!

冊数:

書籍名 リチウムイオン二次電池用シリコン系負極材の開発動向
ジャンル 化学系研究開発
発売日 2019/11/29
価格 69,300円 (本体63,000円+消費税、送料込)
書籍解説

★ 現行の黒鉛負極の約10倍の理論容量を有し,次世代負極材料の最有力候補と目される「シリコン(Si)」!
★ 課題となる膨張収縮の制御や不可逆容量の低減に向けた,Siの構造制御・プレドープ・合金化技術などについて詳述!
★ Si負極用バインダー・集電体・電解液などのデバイス化技術についても解説!

冊数:

書籍名 生分解性プラスチックの環境配慮設計指針
ジャンル 化学系研究開発
発売日 2019/11/29
価格 72,600円 (本体66,000円+消費税、送料込)
書籍解説

★マイクロプラスチックによる海洋汚染問題を契機に今再び注目を集める「生分解性プラスチック」!
★各種生分解性プラスチックの分解機構や合成・高性能化,規制・標準化動向,生分解性評価,プラスチック分解酵素について詳述!
★生分解性プラスチックを取り巻く環境と現状の課題から,今後の製品設計・開発方針が見えてくる!

冊数:

<...23456...10...>

Connect & Gather