AndTech

書籍詳細

書籍

樹脂・フィルム材料におけるブリード現象のメカニズムと制御法 ~ブリード現象に対する添加剤の種類と処方/ 成形条件や樹脂・フィルム材料との親和性とは~

★ブリード現象の発生機構と防止法の考え方について解説!
★ブリード現象を活用した機能性製品の開発事例を紹介!
※本セミナーは、2018年12月26日に実施したセミナー資料です

番号 AT20181202
監修
出版社 株式会社AndTech
発行年月 2018/12/26
体裁 A4版・パワーポイント資料形式
定価 27,500 円(本体25,000円+消費税、送料込)

発刊にあたって

【講演主旨】
 高分子材料は、分子量、組成、立体規則性など各種の構造分布を有する。更に、実用の樹脂・フィルム材料には、性能・機能の発現のために各種添加剤が用いられている。材料の中のある種の構造成分や添加剤は、成形条件や樹脂・フィルム材料との親和性により成形品表面にまで拡散し、意図せぬ模様を発生させることがあり、外観特性の劣化として嫌われる。本講では、この現象の発生機構と防止法の考え方について解説し、合わせてブリード現象を活用した機能性製品の開発事例についても紹介する。

執筆者

(株)AndTech 顧問 今井 昭夫 氏(高分子学会フェロー、元 関西ゴム技術研修所特定課目講師)

目次

1.ブリード現象
 1-1 成形不良とブリード現象の見分け方
 1-2 ブリード発生機構の理論:拡散と溶解度
 1-3 ブリード成分の同定と解析:分離抽出と機器分析

2.樹脂・フィルム材料におけるブリード現象の制御
 2-1 添加剤の種類と処方
 2-2 樹脂・フィルム材料におけるブリード防止技術の変遷

3.ブリード現象の制御と活用
 3-1 ブリード制御による機能発現
 3-2 ブリード制御による商品設計

4.新規なポリマー材料におけるブリード制御
 4-1 ポリマーアロイ・モルフォロジー設計理論の応用
 4-2 相溶性制御と樹脂・フィルム材料設計  

5.まとめ

数量
小計 27,500円(消費税込)

Connect & Gather