AndTech

書籍詳細

書籍

生分解性プラスチックの現状・市場動向と海洋問題への課題・今後の展望 ~なぜ今、分解性プラなのか?海洋汚染・マイクロビーズ・ストロー・レジ袋~

★プラスチックによる深刻な海洋汚染の問題が存在する潮流の中で、“ゴミにならないプラスチック”=生分解性プラスチックが再度注目を浴びつつある!
★国での規制と生分解性プラスチックの基礎から商品開発のヒント、更に今後の展望を予測! ※本セミナーは、2018年11月27日に実施したセミナー資料です

番号 AT20181101
監修
出版社 株式会社AndTech
発行年月 2018/11/27
体裁 A4版・パワーポイント資料形式
定価 27,500 円(本体25,000円+消費税、送料込)

発刊にあたって

【講演趣旨】
 海外ではポリエチレンやポリプロピレン等の規制が一層強化されている。この潮流は日本にも波及し、ストロー、レジ袋等への対応が検討され始めている。この背景には、プラスチックによる深刻な海洋汚染の問題が存在する。こうした潮流の中で、“ゴミにならないプラスチック”=生分解性プラスチックが注目を浴びつつある。この講演では各国での規制と生分解性プラスチックの基礎から商品開発のヒント、更に今後の展望を予測する。

執筆者

有限会社カンポテクニコ 代表取締役社長 人見 清貴 氏(元デュポン(株))

目次

1.なぜ今、生分解性プラスチックが注目されているのか?
 1-1 各国の汎用プラスチックの規制から見えてくるもの
 1-2 生分解性プラスチックの海外トレンド

2.生分解とは何か?
 2-1 生分解性プラスチックの分解ステップ
 2-2 分解速度とガラス転移点の関係

3.生分解性の歴史と認証制度
 3-1 生分解性プラスチックの誕生と歴史概要
 3-2 日本での生分解性プラスチックの認証制度
 3-3 海外での認証制度
 3-4 海洋性分解という新しいセグメント

4.生分解性プラスチックにはどんなものがあるのか?
 4-1 日本で上市されている生分解性プラスチックの種類と特徴
 4-2 安価で注目される中国製の生分解性プラスチックの種類と特徴

5.生分解性プラスチックの成形課題と改善のポイント
 5-1 吸湿と乾燥のコントロール
 5-2 強度と分解速度の関係
 5-3 ポリマーブレンド技術
 5-4 添加剤の効果的な使用用法

6.生分解性プラスチックの市場動向
 6-1 生分解性プラスチック製品の市場
 6-2 生分解性プラスチック製品の課題
 6-3 生分解性プラスチック製品の新たな展開
 6-4 今後の展望

数量
小計 27,500円(消費税込)

Connect & Gather