AndTech

書籍詳細

書籍

ウェブ搬送のしわ防止と巻取りにおけるトラブルの原因と対策 ~トライボロジーから考えるマクロスリップの発生条件と抑止方法・ウェブの巻取り張力の最適化~

★ウェブを製造する過程においての様々な不具合の原因・対策案について学べる!   ※本セミナーは、2018年10月26日に実施したセミナー資料です

番号 AT20181002
監修
出版社 株式会社AndTech
発行年月 2018/10/26
体裁 A4版・パワーポイント資料形式
定価 27,500 円(本体25,000円+消費税、送料込)

発刊にあたって

【講演主旨】
 フィルム、紙、不織布などのウェブを製造する過程において、搬送時には折れしわやスリップ、巻取り時には巻き締り、スリップ、ゲージバンドなどの予期せぬ不具合が生じることが多々あると思います。これを防止する手法としては、経験と勘を基に製造条件を試行錯誤的に検討していると耳にすることが多くあります。これらの不具合は製品の品質と直結することであり、不具合防止は極めて重要な課題です。本セミナーでは、上記不具合の原因・対策案について学問的な立場からアプローチして、不具合の未然の防止を図る知識を養うことを目的としています。本セミナーを受講したからといって全ての問題を解決することができるとは限りませんが、解決の糸口を見つけることができるでしょう。

執筆者

東海大学 工学部 機械工学科 講師 砂見 雄太 氏

目次

1.はじめに
 1-1 ウェブとウェブハンドリング
 1-2 ウェブハンドリング技術のポイント
 1-3 ウェブハンドリングの研究の流れ
 1-4 まとめ

2.ウェブの力学的性質
 2-1 ウェブに作用する力とその変形
 2-2 フックの法則
 2-3 ウェブ素材の構造と弾性の関係
 2-4 液体の構造と粘性
 2-5 粘弾性体とその力学的モデル
 2-6 ウェブの曲げ
 2-7 ウェブの座屈
 2-8 ウェブの折れしわ

3.ウェブハンドリングのトライボロジー
 3-1 ウェブ搬送とトライボロジー
 3-2 摩擦力と摩擦係数
 3-3 摩擦係数の測定
 3-4 オイラーのベルト公式
 3-5 固体の接触と摩擦
 3-6 摩擦のメカニズム
 3-7 摩擦係数のコントロール
 3-8 マクロスリップの発生条件と抑止方法

4.ウェブの巻取り問題
 4-1 ウェブの巻取り方式
 4-2 ロール内部の応力状態
 4-3 巻取りに関するアルトマンモデル
 4-4 巻取りロール内部のヤング率の異方性
 4-5 Hakielの巻取り理論
 4-6 巻取り張力の最適化

数量
小計 27,500円(消費税込)

Connect & Gather