AndTech

書籍詳細

書籍

AT20190803:高機能性コーティングのための塗布層の設計~接着、機能付与と面状故障対策の理論と実際~

★コーティングに共通な、必須技術である接着、機能付与と面状故障対策の理論と実際について説明!
★基材と塗布層の接着、界面接着向上、接着向上手段の実際とは?
★屈折率アップ、すべり性付与、耐接着(ブロッキング)等様々な機能を付加させるためにどういう設計がベストか?
★ハジキとへこみ、アワ、白化、ゆず肌など、塗布工程で生じる欠陥、故障とその対策とは?   ※本セミナーは、2019年8月29日に実施したセミナー資料です。

番号 AT20190803
監修
出版社 株式会社AndTech
発行年月 2019/08/29
体裁 A4版・パワーポイント資料形式
定価 27,000 円(本体25,000円+消費税、送料込)

発刊にあたって

執筆者

畠山技術士事務所 所長 技術士 (応用理学部門)  畠山 晶 氏

目次

【講演主旨】

 

近年、コーティングには種々の高機能化が強く求められている。高機能コーティング層を実現するためには、高機能に加えて接着、汎用性能に加え面状故障が無いことが必要である。本講演ではコーティングに共通な、必須技術である接着、機能付与と面状故障対策の理論と実際について説明する。

 

【プログラム】
1.初めに
2.高機能塗布層
 2-1 高機能塗布層
 2-2 機能フィルムに要求される機能
 2-3 高機能フィルムの開発の考え方
3.接着付与
 3-1 基材と塗布層の接着
 3-2 界面接着向上
 3-3 接着向上手段の実際
  (a) 基材の表面処理
  (b)バインダー種
  (c)架橋
  (d)界面活性剤
  (e)塗布層の粘弾性
  (f)基材の表面粗さと結晶化度
  (g)水分
4.コーティング層の形成
 4-1 コーティング層の形成の形成方法
 4-2 水系塗布と溶剤系塗布
 4-3 塗布液の構成成分と物性
 4-4 塗布液の乾燥過程
5.欠陥、故障とその対策
 5-1 塗布層の欠陥発生
 5-2 ハジキとへこみ
 5-3 アワ
 5-4 白化
 5-5 ゆず肌
 5-6 割れ
 5-7 ゴミ付き
 5-8 擦り傷
 5-9 マット剤の剥落
6.機能の付与
 6-1 屈折率アップ
 6-2 すべり性付与
 6-3 耐接着(ブロッキング)
 6-4 バリア性付与
 6-5 表面抵抗率低減
 6-6 耐久性付与 
 6-7 熱伝導性付与
 6-8 機能性付与の弊害
7.まとめ

数量
小計 27,000円(消費税込)

Connect & Gather