AndTech

セミナー詳細

セミナー

光硬化技術を活用するために理解すべき基礎知識-光で固まる技術を初心者向けに説明-

★コーティング、インキ等の表面加工技術から、エレクトロニクスや自動車関連等の部材などへと幅広く展開されてきている光硬化技術!

★光硬化の過程について、これから学ばれようとしている初心者の方でも全体像を捉えられるように解説!

★講師の方がこれまで受けてきた「よくある質問」や経験してきた「役に立つTips」等具体的な事例についても説明!

セミナー番号 S91123
セミナー名 光硬化技術
講師名

東亞合成(株) R&D総合センター 専門主幹(博士) 佐々木 裕 氏

開催日 2019年11月29日(金) 12:30-16:30
会場名

京華スクエア2F ハイテクセンター 第1会議室 【東京都・中央区】(住所:104-0032 東京都中央区八丁堀3丁目17-9)

アクセスマップ

支払い方法 銀行振込,当日支払
受講料(税込)

【1名の場合】39,600円(税込、テキスト費用を含む)
2名以上は一人につき、11,000円が加算されます。

詳細

定員:30名


※ お申し込み後、受講票と請求書が自動で返信されます。請求書記載の銀行口座に沿って、お振り込みをお願いします。また請求書に記載の「株式会社」や「(株)」「会社名」はお客様の記入通りの表記になりますので、ご希望の形式で記載をお願いします。
※ 2名以上でお申し込みをされた場合は、請求書受講票を代表者様にご連絡します
※ 請求書・領収書の発行形式への要望があれば、申込時、備考欄へ記載ください。
※ 参加時に名刺をご持参ください。参加者は、途中変更も可能です。
※ ご参加手続きの際、自宅住所やフリーアドレス、個人携帯番号のみで登録された場合は、ご所属確認をさせいただくことがございます

※ 弊社講座では、同一部署、申込者のご紹介があれば、何名でもお1人11,000円で追加申し込みいただけます。(申込者は正規料金、お二人目以降は11,000円となります)。追加の際は、申し込まれる方が追加の方を取り纏いただくか、申込時期が異なる場合は紹介者のお名前を備考欄にお書きくださいますよう、お願いいたします。

上記以外は正規料金となりますのでご理解ください。


キャンセルポリシー・特定商取引法はこちら
セミナーに関するQ&Aはこちら(※キャンセル規定は必ずご確認ください)

講師プロフィール

東亞合成(株) R&D総合センター 専門主幹(博士) 佐々木 裕 氏

【ホームページURL】
SOFTMATTERS AND MORE

講演主旨

 光硬化技術は、コーティング、インキ等の表面加工技術から、エレクトロニクスや自動車関連等の部材などの幅広い領域や接着等の応用へと幅広く展開されてきています。
 この技術は、省スペースでの高速硬化が可能であるため熱硬化に比べて経済的であり、また、環境保全の立場からもますます重要になってきています。
 このように多くの利点を有していますが、実用化に当たっては、その硬化機構を理解しておかないと各種のトラブルが発生する場合も多く見受けられます。
 この技術は、各種の要素技術の組み合わせから成り立っているため、その内容が多岐にわたり、一見複雑に見えるかもしれません。そのため、この分野に興味を持たれた初心者の方たちの中には、習得するのが大変そうだなと思われている方も多く見受けられるようです。
 しかし、個々の要素技術の基本をきちんとイメージとして捉えて全体像をザックリと捕まえることができれば、理解は一気に容易になるでしょう。
 本講座では、液体が固体と変化するという光硬化の過程について、全体を俯瞰できるようなイメージが持てるように説明を行い、全体像を捉えられるように配慮して説明を行います。
 そのうえで、光硬化技術の実際に即した形で、各段階における評価に必要となる技術の説明を続け、個別の事案への理解を深めていきます。
 最後に、演者のこれまでの講習で出てきた「よくある質問」やこれまでに経験してきた「役に立つTips」等の具体的な事例についても説明を行います。
 これらの説明においては、できるだけ多様な切り口からの説明を行い、直感的なイメージとして理解できることを目指します。


【キーワード】

(全体)光硬化、光源の選択、硬化収縮、応力集中、硬化不良、酸素硬化阻害、密着不良
(材料設計)液体の流動、濡れ、密着
(硬化関連)ネットワーク形成、粘弾性、ガラス転移、パーコレーション、ラジカル硬化、カチオン 硬化、アニオン硬化、チオール‐エン硬化

プログラム

1.はじめに
 ここでは、講座全体のイントロダクションとして、光硬化技術の用途やメリットを示したのちに、この講座の進め方についてお話します。
 1-1 簡単な自己紹介
 1-2 光硬化とは
 1-3 難しい点
 1-4 理解へのアプローチ
 1-5 本講座の進め⽅

2.光硬化技術の概念的な理解
 光硬化とは、「液状材料が、光の照射で硬化して、硬化物を生成」するという技術です。
 ここでは、その全体像が理解できるように、液状樹脂が固まるということについて様々な視点から概観します。
 2-1 液状樹脂が固まるということ
 2-2 高分子とは
 2-3 固まったものの振る舞い
 2-4 光反応について

3.光硬化型材料の構成要素について
 光硬化型材料の構成要素について説明します。
 3-1 光硬化型材料の構成
 3-2 硬化(光照射)装置

4.硬化型材料の評価
 光硬化の各段階における評価方法について、ここで議論します。
 4-1 液特性の評価
 4-2 硬化特性の評価
 4-3 硬化物物性の評価
 4-4 その他の評価

5.UV硬化技術を有効に利用するためのTips
 今後の開発に役立つTipsについて、これまでの経験に基づいて説明します。
 5-1 硬化反応を効率よく行うためには(例えば、暗所での硬化)
 5-2 硬化収縮と応力集中の関係について
 5-3 相溶性について(材料設計への活用について)
 5-4 メゾスケールで考えることの意味

6.Q&D(Question and Discussion)
 皆様の疑問を整理して理解していただく意味で、単純に質疑応答というわけではなく質問と議論という形にできればと考えています。

アクセスマップ

〒104-0032 東京都中央区八丁堀3丁目17-9 ◆東京メトロ日比谷線/JR京葉線「八丁堀駅」A3出口より徒歩1分

お申込み

お申込み人数
小計 39,600円(消費税込)

セミナー

このセミナーは会員様限定のセミナーです。
パスワードを入力してください。


パスワード:


セミナー

このセミナーは会員様限定のセミナーです。
パスワードを入力してください。


パスワード:


セミナー

このセミナーは会員様限定のセミナーです。
パスワードを入力してください。


パスワード:


セミナー

このセミナーは会員様限定のセミナーです。
パスワードを入力してください。


パスワード:


セミナー

ポーラスカーボン材料の合成と応用

★用途開発の進展が著しいポーラスカーボンの本格技術書!!
★エネルギー・環境問題の解決にはなくてはならないポーラスカーボン!!
★ミクロ/メソ/マクロポーラスカーボンの合成法の開発および、電極材料・触媒担体・吸着剤・分離膜などの応用に関する最新の研究について詳述!!

セミナー番号
セミナー名
講師名
開催日 2019年10月15日(木)
会場名

アクセスマップ

支払い方法
受講料(税込)
詳細

プログラム

アクセスマップ

セミナー

発泡プラスチックの技術と市場 2019

★ 緩衝性、柔軟性、断熱・保温性、吸音性、軽量化など、優れた特性を有する発泡プラスチック!
★ 軽量化や静粛性のニーズが高まっている自動車部品への採用が増加中!
★ 2017年には86万トン強の需要量があり、金額ベースの市場規模は6,100億円程度。現在もその市場は拡大中!

セミナー番号
セミナー名
講師名
開催日 2019年10月15日(木)
会場名

アクセスマップ

支払い方法
受講料(税込)
詳細

プログラム

アクセスマップ

セミナー

太陽電池モジュールの最新動向と自動車搭載・野外における評価・要求特性と課題

★結晶シリコンではない薄膜系太陽電池の性能向上も着実に進み、多用途展開が今後期待されている!
★「電気自動車」への太陽電池の搭載とは?太陽光発電の最新動向と車載型PVを普及させるためのキーポイントについて解説!

セミナー番号 S91106
セミナー名 太陽電池モジュール・自動車搭載
講師名

立命館大学 理工学部電気電子工学科 博士(工学) 教授 峯元 高志 氏

開催日 2019年11月20日(水) 16:00-18:30
会場名

京華スクエア 2F ハイテクセンター 研修室 【東京都・中央区】(住所:104-0032 東京都中央区八丁堀3丁目17-9)

アクセスマップ

支払い方法 銀行振込,当日支払
受講料(税込)

【1名の場合】33,000円(税込、テキスト費用を含む)
2名以上は一人につき、11,000円が加算されます。

詳細

定員:30名


※ お申し込み後、受講票と請求書が自動で返信されます。請求書記載の銀行口座に沿って、お振り込みをお願いします。また請求書に記載の「株式会社」や「(株)」「会社名」はお客様の記入通りの表記になりますので、ご希望の形式で記載をお願いします。
※ 2名以上でお申し込みをされた場合は、請求書受講票を代表者様にご連絡します
※ 請求書・領収書の発行形式への要望があれば、申込時、備考欄へ記載ください。
※ 参加時に名刺をご持参ください。参加者は、途中変更も可能です。
※ ご参加手続きの際、自宅住所やフリーアドレス、個人携帯番号のみで登録された場合は、ご所属確認をさせいただくことがございます


キャンセルポリシー・特定商取引法はこちら
セミナーに関するQ&Aはこちら(※キャンセル規定は必ずご確認ください)

講師プロフィール

立命館大学 理工学部電気電子工学科 博士(工学) 教授 峯元 高志 氏

講演主旨

 全世界の太陽光発電システムの導入量は2018年に0.5テラワットを超えた。太陽電池の主流は結晶シリコンであり、住宅屋根やビル屋上、さらにメガソーラーといった発電所用に普及している。太陽電池の低コスト化が進み、結晶シリコンではない薄膜系太陽電池の性能向上も着実に進み、上記用途以外の多用途展開が今後期待されている。その代表格が電気自動車への太陽電池の搭載である。本講演では、太陽光発電の最新動向と車載型PVを普及させるためのキーポイントについて解説する。

プログラム

【キーワード】
太陽電池、太陽光発電、車載PV、EV、電化、ゼロエミッション

 

【プログラム】
1.太陽光発電の最新動向
 1-1 PVの導入量推移
 1-2 PVのコストとポテンシャル
 1-3 新たな用途への展開(移動体、ZEB/ZEH、低耐荷重屋根、農地、水上等)
2. 自動車へのPV搭載のキーポイント
 2-1 太陽電池の種類
 2-2 要求仕様
 2-3 走行可能距離の試算と利用者比率
 2-4 国内・海外の動向
 2-5 車載に向けたPV技術の開発
 2-6 太陽電池モジュールと屋外環境
3.まとめ

アクセスマップ

104-0032 東京都中央区八丁堀3丁目17-9 ◆東京メトロ日比谷線/JR京葉線「八丁堀駅」A3出口より徒歩1分

お申込み

お申込み人数
小計 33,000円(消費税込)

セミナー

ミリ波無線機の最新技術動向と設計ノウハウ
~国内・海外5G開発動向、伝播特性、課題、将来展望~

★2020年の東京オリンピックに向け、需要が急速に高まっており標準搭載が期待されている第5世代移動通信システム(5G)!

★ミリ波無線機の基礎から最新技術動向、市場動向などを徹底解説!

セミナー番号 S91122
セミナー名 ミリ波無線機
講師名

東京工業大学 工学院 電気電子系 教授 岡田 健一 氏

開催日 2019年11月27日(水) 12:30~16:30
会場名

カルッツかわさき 中会議室2【神奈川・川崎】(住所:〒210-0011 神奈川県川崎市川崎区富士見1-1-4)

アクセスマップ

支払い方法 銀行振込,当日支払
受講料(税込)

【1名の場合】39,600円(税込、テキスト費用を含む)
2名以上は一人につき、11,000円が加算されます。

詳細

定員:30名


※ お申し込み後、受講票と請求書が自動で返信されます。請求書記載の銀行口座に沿って、お振り込みをお願いします。また請求書に記載の「株式会社」や「(株)」「会社名」はお客様の記入通りの表記になりますので、ご希望の形式で記載をお願いします。
※ 2名以上でお申し込みをされた場合は、請求書受講票を代表者様にご連絡します
※ 請求書・領収書の発行形式への要望があれば、申込時、備考欄へ記載ください。
※ 参加時に名刺をご持参ください。参加者は、途中変更も可能です。
※ ご参加手続きの際、自宅住所やフリーアドレス、個人携帯番号のみで登録された場合は、ご所属確認をさせいただくことがございます

※ 弊社講座では、同一部署、申込者のご紹介があれば、何名でもお1人11,000円で追加申し込みいただけます。(申込者は正規料金、お二人目以降は11,000円となります)。追加の際は、申し込まれる方が追加の方を取り纏いただくか、申込時期が異なる場合は紹介者のお名前を備考欄にお書きくださいますよう、お願いいたします。

上記以外は正規料金となりますのでご理解ください。


キャンセルポリシー・特定商取引法はこちら
セミナーに関するQ&Aはこちら(※キャンセル規定は必ずご確認ください)

講師プロフィール

東京工業大学 工学院 電気電子系 教授 岡田 健一 氏

【ご経歴】
京都大学大学院情報学研究科通信情報システム専攻博士課程修了 博士(情報学)

【受賞】
日本学術振興会賞、文部科学大臣表彰 科学技術賞、電子情報通信学会 業績賞、ドコモ・モバイル・サイエンス賞等

講演主旨

 従来の6GHz以下の低マイクロ波帯を用いる無線に加え、30GHz以上のミリ波帯を用いる無線技術に注目が集まっています。スマートフォンの普及により、携帯端末で扱うデータ量が爆発的に増加し、従来の周波数帯域では無線容量の増加に対応できなくなっているのが理由です。
 近年、2020年の東京オリンピックに向けて、第5世代移動体通信 (5G携帯)への需要が急速に高まっており、スマートフォンやノートパソコンへの標準搭載が期待されています。ミリ波帯では、大幅な無線伝送速度の向上が期待できる一方で、その周波数の高さからの実装上の扱いづらさにも留意が必要です。
 本セミナーでは、これらの技術動向を踏まえ、ミリ波無線機の基礎から最新技術動向、市場動向など、その最前線を徹底解説いたします。


【キーワード】
1.5G
2.ミリ波
3.フェーズドアレイ

プログラム

1.ミリ波とは
 1-1 ミリ波の特徴と注意点
 1-2 ミリ波のアプリケーション
 1-3 第五世代携帯電話 (5G) の動向
 1-4 無線通信
 1-5 ミリ波レーダー
 1-6 ミリ波イメージング

2.ミリ波無線機技術
 2-1 ミリ波無線機の基本要件
 2-2 ミリ波伝播特性
 ・伝播損失
 ・指向性
 ・回折
 ・干渉
 2-3 第5世代 (5G) 携帯電話
 2-4 次世代60GHz無線LAN
 ・WiGig
 ・IEEE802.11ad/ay
 2-5 各国の周波数割り当て状況

3.ミリ波無線機の開発動向と設計ノウハウ
 3-1 60GHz帯ミリ波無線機開発動向
 3-2 5G開発動向 (海外)
 3-3 5G開発動向 (国内)

4.ミリ波無線機の課題と将来展望、実用化スケジュール
 4-1 無線伝送速度の将来展望

【質疑応答 名刺交換】

アクセスマップ

住所:〒210-0011 神奈川県川崎市川崎区富士見1-1-4 JR「川崎駅(北口東)」京急「京急川崎駅」より徒歩約15分

お申込み

お申込み人数
小計 39,600円(消費税込)

セミナー

AT20190901:ハードコート技術を中心とした機能性コーティング技術における高機能化・各種硬化技術と応用展開

★自動車などを中心とした電装、部材、ディスプレイなどを取り巻く加飾とハードコート技術!その最新動向!
★車載はCASE、MASS、ADASと車を取り巻く環境は変わり、塗膜に求められる機能やその工法にも変化が求められている!自動車に求められる加飾コーティング、ハードコート技術とその硬化方法とは?
★硬化樹脂やハイブリット化でいかに効果収縮を抑制できるか?耐薬品性をどう上げるか?UV/EB硬化の違いは?
★光学フィルム及び自動車内装加飾フィルム向けを中心にUV硬化型アクリル樹脂の設計方法!

 

※本セミナーは、2019年9月30日に実施したセミナー資料です。

 

 

セミナー番号
セミナー名
講師名
開催日 2019年10月15日(木)
会場名

アクセスマップ

支払い方法
受講料(税込)
詳細

プログラム

アクセスマップ

セミナー検索条件

分野
カテゴリー
開催年
開催月
検索結果に戻る カテゴリ一覧を見る

Connect & Gather