AndTech

セミナー詳細

セミナー

SDGs・持続可能環境対応型社会に向けた生分解性/環境対応型包装の開発動向と将来展望・課題

欧州の直近の対応事例を基に今後の日本の包装の方向を提案!

★包装容器を持続可能なものにするための取り組みについて紹介!

セミナー番号 S90522
セミナー名 生分解性/環境対応型包装
講師名

第1部 ITIコンサルタント事務所 チーフコンサルタント 猪股 勲 氏

第2部 住本技術士事務所 技術士(経営工学)・包装管理士 住本 充弘 氏(元大日本印刷(株))

第3部 凸版印刷(株) 生活・産業事業本部 パッケージソリューション事業部 開発本部 第一開発部 包材2チーム 課長 香川 幸子 氏

第4部 フタムラ化学(株) 中部統括 開発グループ グループリーダー 花市 岳 氏

開催日 2019年05月27日(月) 10:45-17:00
会場名

高砂ビル 2F CMC+AndTech FORUM セミナールーム【東京・千代田区】(住所:101-0047 東京都千代田区内神田1-3-1 高砂ビル2F)

アクセスマップ

支払い方法 銀行振込,当日支払
受講料(税込)

【1名の場合】48,600円(税込、昼食、テキスト費用を含む)

【2名の場合】59,400円(税込、昼食、テキスト費用を含む)

【3名以上の場合は一名につき、10,800円加算】(税込、テキスト費用を含む)
※3名以上ご要望の場合は2名を選択し、備考欄にその旨お書きくださいませ。

詳細

定員:30名


※ お申し込み後、受講票と請求書が自動で返信されます。請求書記載の銀行口座に沿って、お振り込みをお願いします。また請求書に記載の「株式会社」や「(株)」「会社名」はお客様の記入通りの表記になりますので、ご希望の形式で記載をお願いします。
※ 2名以上でお申し込みをされた場合は、請求書受講票を代表者様にご連絡します
※ 請求書・領収書の発行形式への要望があれば、申込時、備考欄へ記載ください。
※ 参加時に名刺をご持参ください。参加者は、途中変更も可能です。
※ ご参加手続きの際、自宅住所やフリーアドレス、個人携帯番号のみで登録された場合は、ご所属確認をさせいただくことがございます

※ 弊社講座では、同一部署、申込者のご紹介があれば、何名でもお1人10,800円で追加申し込みいただけます。(申込者は正規料金、お二人目以降は10,800円となります)。追加の際は、申し込まれる方が追加の方を取り纏いただくか、申込時期が異なる場合は紹介者のお名前を備考欄にお書きくださいますよう、お願いいたします。

上記以外は正規料金となりますのでご理解ください。


キャンセルポリシー・特定商取引法はこちら

プログラム

第1部 容器包装プラスチック・フィルムの廃棄問題における、生分解性プラスチック・ バイオプラスチックの今後の展望
【10:45-12:00】
講師:ITIコンサルタント事務所 チーフコンサルタント 猪股 勲 氏

【講演趣旨】 

 プラスチックの汎用化とともに、その廃棄問題の解決が注目されてきた。近年、海洋・海浜でのマイクロプラスチックスの汚染への注目から、プラスチックの自然環境への飛散減少のための世界レベルの取り組みが、特にEUを中心に加速している。従来からも、その解決の手段として注目されてきた、生分解性プラスチックがこうした動きの中で、どう位置づけられるかにつき、概説する。さらには、再生可能資源由来から、環境負荷削減の可能性を期待されるバイオベースプラスチックの関連についても考えてみたい。

【キーワード】
1.プラスチック海洋汚染とマイクロプラスチックス
2.生分解性プラスチックの機能と問題解決のための役割
3.バイオベースプラスチックの位置づけ

【プログラム】1.プラスチック廃棄物問題解決の歴史
 1-1 石油化学の発展とプラスチック廃棄物問題
 1-2 省資源問題とプラスチック廃棄物問題
 1-3 3Rの取り組みとその限界
 1-4 プラスチックリサイクルの問題点と今後の課題
2.プラスチック廃棄物問題とバイオプラスチック
 2-1 バイオプラスチックの機能
  2-1-1 生分解性プラスチックの機能活用の可能性
  2-1-2 バイオベースプラスチックの位置づけ・意義
 2-2 バイオプラスチックの機能とプラスチックリサイクル
 2-3 今後の方向と見通し

【質疑応答 名刺交換】


第2部 SDGs対応パッケージの目指すべき方向
【12:45-14:00】
講師:住本技術士事務所 技術士(経営工学)・包装管理士 住本 充弘 氏(元大日本印刷(株))

【ご経歴】

業界誌に執筆多数、2004年に大日本印刷を定年退職し、以後 国内外でコンサルタント活動を行っている。

【講演趣旨】
 各産業でSDGs対応が進められている。包装においても以前から環境対応は実施されてきたが、マイクロプラスチック問題等包装に使用するプラスチックへの規制が強化されてきている。包装材料は再生再利用が基本的なスタンスになる方向で規制が行われようとしている。従来の包装設計の考えを改めなくてはいけない。再生可能原材料由来の原反、インキ、接着剤、モノマテリアル、セパラブル構造、再生再利用が難しい素材の代替など包装仕様、スマホ活用、ICTの利用、package 4.0 など欧州の直近の対応事例を基に今後の日本の包装の方向を提案する。

【キーワード】
1.プラスチック規制
2.サーキュラーエコノミー
3.再生可能原材料
4.デジタル印刷
5.ガスバリア性包材
6.ネットショッピング
7.内面非吸着・付着包装
8.輸出包装
9.interactive package
10.木材由来のプラスチック

【プログラム】
1.EUのプラスチック規制の動き
 1-1 2030年に向けた規制の動き
 1-2 サーキュラーエコノミーの実施
 1-3 欧州企業の対応事例
2.再生可能原材料の動き
 2-1 印刷、ラミネートフィルム、樹脂の事例
 2-2 インキ、接着剤の動き
 2-3 再生技術の事例と欧州の取り組み
3.小ロット対応
 3-1 グラビア印刷、フレキソ印刷、オフセット印刷での対応
 3-2 デジタル印刷の対応
 3-3 その他の加工工程での対応
4.機能性包装の動き
 4-1 ガスバリア性包材と木材由来のプラスチック利用
 4-2 ネットショッピング対応包装事例
 4-3 内面非吸着・付着包装
 4-4  輸出包装に求められる機能
5.interactive package 対応
 5-1 消費者と供給者の双方向コミュニケーション
 5-2 interactive package の事例(世界の事例に基づく説明と対応技術)
6.まとめ

【質疑応答 名刺交換】


第3部 環境対応型パッケージへの取り組み
【14:15-15:30】
講師:凸版印刷(株) 生活・産業事業本部 パッケージソリューション事業部 開発本部 第一開発部 包材2チーム 課長 香川 幸子 氏

【講演主旨】
 包装容器は保存性や使用性、輸送耐性、美装性といった多様な機能を有している一方で、内容物が使用・消費された後には廃棄物になり、燃やすとCO2を排出し、海に流出すれば海洋を汚染してしまう厄介者に転じてしまいます。そこで、包装容器としての役割を果たしながらも、地球環境への負担を極力減らした包装容器の開発が求められてきています。暮らしに欠かすことのできない包装容器を持続可能なものにするための弊社の取り組みについて、幾つかご紹介させて頂きたいと思います。

 

【キーワード】
1. 環境対応
2. リサイクル
3. リデュース

 

【プログラム】
1.環境対応型パッケージの方向性について
2.リサイクルの促進
 2-1 モノマテリアル化
 2-2 アルミレス紙パック
 2-3 メカニカルリサイクルPETの活用
3.プラスチック使用量の低減
 3-1 プラスチック容器の紙化
 3-2 レンジで楽チントレー
 3-3 キューブパック
 3-4 強靭化フィルムの活用
 3-5 パームパウチ
 3-6 ボトル代替パウチ
4.CO2排出量の削減
 4-1 バイオマスプラスチックの活用
 4-2 水性印刷、無溶剤ラミの活用
5.まとめ
【質疑応答 名刺交換】


第4部 世界同時「脱プラ」現象はなぜ起こったのか
【15:45-17:00】
講師:フタムラ化学(株) 中部統括 開発グループ グループリーダー 花市 岳 氏

【講演主旨】

 海洋プラスチックごみ問題を発端として、プラスチックを取り巻く世の中の目は、報道されない日はないといっていい程厳しさを増しています。しかし、材料としてのプラスチックは使い勝手が良く、さらなる機能向上の可能性を秘めた素材でもあります。未来に目を向けたサスティナブルな企業活動を実現するためには、今何が起こっていて何が問題なのかを整理した上で、今後の対応を考えていかなければなりません。今回はプラスチック材料をめぐる国内外の動向の全体像を解説し、急激に加速した「脱プラ」の原因と本質についてお話しします。

【キーワード】

1.海洋マイクロプラスチック
2.バイオプラスチック(生分解性とバイオマス)
3.プラスチック資源循環戦略

【プログラム】

1.世界的環境問題の概要
2.EUはなぜ環境規制先進国なのか
3.SDGsと環境
4.エレンマッカーサー財団の提言(ダボス会議)
5.EUのプラスチック戦略
6.パリ協定の発効(COP21)
7.海洋プラスチック憲章
8.環境省の動き
9.日本のプラスチック資源循環戦略
10.プラスチックの分類と処分の現状
11.海洋プラスチック問題は何が問題なのか
12.マイクロプラスチックに関する研究動向
13.メディアによる世界への影響
14.中国の廃プラ輸入禁止による世界への影響
15.これからはどう対応していけばいいのか

【質疑応答 名刺交換】

アクセスマップ

東京都千代田区内神田1-3-1 高砂ビル2F◆東京メトロ 大手町駅下車 C1出口から徒歩5分 ◆東京メトロ 竹橋駅下車 1番出口から徒歩10分、都営新宿線 小川町駅下車 B6出口から徒歩10分 ◆神田駅下車 西口から徒歩10分

セミナー検索条件

分野
カテゴリー
開催年
開催月
検索結果に戻る カテゴリ一覧を見る

Connect & Gather