AndTech

セミナー詳細

セミナー

抗菌剤・抗菌加工製品の開発と細菌汚染制御技術、評価、規制及び認証制度動向、製品例

★グローバル化傾向にある抗菌加工製品(国内市場規模が1兆円超え)とキーマテリアルである注目の抗菌剤について多角的な観点から今後の市場・技術について第一線で活躍する専門家4名が解説!
★高分子材料、フィルム、塗料、不織布、フィルタ、アルミニウム部材、液体消毒剤、医療機器への製品展開例も紹介予定!
★2020年のPL制度化にも織り込む方針である抗菌製品(アクティブ&インテリジェント包装)の国内外法規制及び認証制度の最新動向を第一人者が解説!

 

セミナー番号 S90912
セミナー名 抗菌
講師名
第1講 西包装專士事務所 代表 西 秀樹 氏
(日本包装専士会 顧問(前会長))

第2講 (株)ナノカム 代表取締役社長 薬学博士(東京大学) 城武 昇一 氏

第3講 (株)NBCメッシュテック エグゼクティブアドバイザー 工学博士 中山 鶴雄 氏 

第4講 (株)LIXIL Technology Research本部 物性分析研究所 所長 井須 紀文 氏 
開催日 2019年09月24日(火) 10:15-16:50
会場名

中央区立産業会館 4F 第2集会室【東京都・中央区】(住所:東京都中央区東日本橋2-22-4)

アクセスマップ

支払い方法 銀行振込,当日支払
受講料(税込)
【1名の場合】54,000円(税込、昼食、テキスト費用を含む)
2名以上は一人につき、10,800円が加算されます。
※2名以上ご要望の場合は2名を選択し、備考欄にその旨お書きくださいませ。

 

詳細
定員:30名

※ お申し込み後、受講票と請求書が自動で返信されます。請求書記載の銀行口座に沿って、お振り込みをお願いします。また請求書に記載の「株式会社」や「(株)」「会社名」はお客様の記入通りの表記になりますので、ご希望の形式で記載をお願いします。
※ 2名以上でお申し込みをされた場合は、請求書受講票を代表者様にご連絡します
※ 請求書・領収書の発行形式への要望があれば、申込時、備考欄へ記載ください。
※ 参加時に名刺をご持参ください。参加者は、途中変更も可能です。
※ ご参加手続きの際、自宅住所やフリーアドレス、個人携帯番号のみで登録された場合は、ご所属確認をさせいただくことがございます

※ 弊社講座では、同一部署、申込者のご紹介があれば、何名でもお1人10,800円で追加申し込みいただけます。(申込者は正規料金、お二人目以降は10,800円となります)。追加の際は、申し込まれる方が追加の方を取り纏いただくか、申込時期が異なる場合は紹介者のお名前を備考欄にお書きくださいますよう、お願いいたします。

上記以外は正規料金となりますのでご理解ください。

キャンセルポリシー・特定商取引法はこちら

プログラム

第1講 抗菌加工製品および食品包装用アクティブ&インテリジェント材料の
         国内外法規制及び認証制度の最新動向
【10:15-11:45】

講師:西包装專士事務所 代表  日本包装専士会 顧問(前会長)西 秀樹 氏

【著作】
・食品包装用樹脂のPL制度化進捗状況と企業の対応、コンバーテック、加工技術研究会、Vol.2(2019)
・食品包装の安全衛生性と自主基準、包装技術、日本包装技術協会、Vol.56、No.4(2018) 
・アクティブ&インテリジェント包装の法規制と日本の課題、包装技術、日本包装技術協会、Vol.56、No.8(2018) 

【キーワード】
1.抗菌性
2.アクティブ包材
3.インテリジェント包材
4.PL制度化

【講演趣旨】
抗菌製品を初めとするアクティブ&インテリジェント包装は、食品ロス対策として有望視されており、厚労省は2020年のPL制度化にも織り込む方針である。これを機会に更に鮮度保持技術としての伸長が期待される。本講では、国内外法規制及び認証制度の最新動向を紹介する。

【プログラム】 
1.包装を取り巻く環境

2.食品包装用材料の種類と使用割合

3.日本の法規制
 3-1 食品衛生法と業界自主基準の状況、及び抗菌剤の扱い
 3-2 改正食品衛生法に基づくPL制度化審議状況と今後の見込み
 3-3 厚労省のアクティブ&インテリジェント材料に関する提案

4.欧州連合(EU)の法規制
  4-1 アクティブ&インテリジェント材料規則
  4-2 PL案の状況 

5.米国の法規制
 5-1 規制の仕組みと2つのPLにおける登録状況

6.日本の抗菌製品登録制度
 6-1 抗菌製品技術協議会の仕組みと登録状況
 6-2 抗菌性評価基準とISO・JIS規格

7.まとめー企業の対応―

【質疑応答 名刺交換】

第2部 生分解性アクリルポリマーを用いた新抗菌・ウィルス不活化技術と
             地球環境保全を目指した複合化商品開発への展開
【12:30-13:50】

講師:(株)ナノカム 代表取締役社長 薬学博士(東京大学) 城武 昇一 氏

【著作】
1) 城武昇一、6章:生分解性抗菌技術と複合化技術、「抗菌技術と市場動向2016」、p63-89、シーエムシー出版、(2016)。
2) 城武昇一、地球環境保全に貢献する「抗菌ナノ粒子と複合化技術」、MATERIAL STAGE、15,(4), 35-41, (2015)。
3) S. Shirotake, A New Cyanoacrylate Colloidal Polymer with Novel Antibacterial Mechanism and Its Application to Infection Control.,
J. Nanomed. Biotherapeut. Discov., 4, 1-7 (2014).
4) M. Nakano and S. Shirotake, Construction of a three-dimensional model of cardiovascular desease and deployment of a new method of fostering patient adherence to instruction., Patient Preference and Adherence, 7, 579-587 (2013).
5) N. Shimizu, K. Otsuka, H. Sawada, T. Maejima, and S. Shirotake: Bacteriolysis by vancomycin-conjugated acryl nanoparticles and morphological component analysis., Drug Dev. Ind. Pharm.., Published online 17 April 2013 (2013).
6) S.Shirotake, A New Antibacterial Nano-polymer Using Acrylic Adhesives Induces Drug-resistant Bacteria to Auto-destruct., CONVERTECH & e-Print,1,56-59 (2011).
7) Y.Tomita, A.R.Kaneko, K.Hashiguchi, and S.Shirotake, Effect of anionic and cationic n-butylcyanoacrylate nanoparticles on NO and cytokine production inR264.7 cells., Immunopharm. Immunotoxicol., 11, 108 (2011). 
他101編アリ

【報道】
 帝国データバンク会員誌「TEIKOKU NEWS」企業スポット欄;「防菌ナノ粒子で安心安全な地球に」、2018年12月13日
 週間粧業 The Voice欄:自称「商売下手」は周囲を巻き込んで前進、2018年11月12日
 週間粧業 特集・オーラルケア欄:社会機運が製品の普及を後押し・歯科医ルートで新たな需要見出す、2018年10月29日
 日本経済新聞 神奈川・首都圏経済ページ:抗菌ナノ粒子 生産能力10倍・横浜市大発ベンチャーのナノカム、2018年10月26日
 日刊工業新聞 ヘルスケア欄:抗菌ナノ粒子生産10倍・ナノカム化粧品向けなど好調、2018年9月6日
 タウンニュース 戸塚ノトビラ欄:除菌ではなく浄菌、2018年4月26日
 週刊粧業 49ページ:ナノカム、2018年は製造所開設で飛躍を、2017年10月23日
 化学工業日報 一面:抗菌の新メカニズム ナノ技術で細菌破裂、2016年10月25日
 日刊工業新聞 経営ひと言欄;世の役に立つ、2016年2月29日
 日刊工業新聞 基盤技術で勝ち抜く欄:ナノカム―多剤耐性菌対策を簡易に、2014年9月12日
 化学工業日報 一面:高分子コロイド状の抗菌・除菌剤 細胞成長を阻害、自己融解、2014年8月8日
 日経産業新聞 先端技術欄:耐性菌封じ・ナノテクカプセルに詰めて投与、2006年6月12日
 日経産業新聞 :ナノカプセルに抗菌薬・耐性菌にも効きやすく、2006年5月23日

【受賞】
 新価値創造展2018 新価値創造賞特別賞(中小企業基盤整備機構)、2018年11月
 平成28年度第2回研究開発助成事業・認定(公益財団法人三菱東京UFJ技術育成財団)、2017年 2月
 中小企業のものづくり基盤技術の高度化に関する法律に基づき特定研究認定(経済産業省)、2016年 7月
 経産省 戦略的基盤技術高度化支援事業・プロジェクトリーダー、2012年~2014年度
 文科省 大学発新産業創出拠点プロジェクト・代表研究者、2012年~2013年度
 日本医療薬学会 学会賞、2011年10月
 新産業ベンチャー事業化支援事業・かながわベンチャー企業・認定(神奈川県)、2011年 7月

【経歴】
千葉大学医学部 文部教官(助手)「産科婦人科学講座」(-1986年度)
千葉市立病院 薬剤部長(1986年―1990年)
横浜市立大学医学部/大学院医学研究科・「薬物療法学」○合教員;文科省,
1990年―2013年)
厚生省 厚生科学研究主任研究員(1994年度)
昭和薬科大学大学院客員教授「臨床薬学特論」M◯合教員,1998年-2004年);
横浜市立大学大学院医学研究科改組・「薬物療法学」○合教員(文科省)―2013年)
株式会社ナノカム設立・代表取締役(2011年9月-現在に至る)
横浜市立大学客員教授(2014年度)
高知大学医学部特任教授(-2018年度)

【キーワード】
1. 多剤耐性菌
2. 抗ウィルス
3. 生分解性抗菌技術

【講演主旨】
近年、細菌やウィルスに対し薬が効かない多剤耐性が怖い。従来の抗菌剤はその毒性により菌やウィルスをやっつけたが、生き残った細菌やウィルスが耐性株となって生活を脅かしている。発明者は、発想を転換し、細菌やウィルスと親しい高次構造体を創造した。菌は親しい物と接着すると自己融解し、感染活性を失う事象を見つけた。本体は、動物や植物の細胞には取り込まれず毒性が無く、消化酵素により生分解され、人体や環境への蓄積が無い。菌が自己融解するので、耐性菌が生じない。多剤耐性菌も、同様に自己融解する。健康な生活から農薬を使わない安全作物、ペットや昆虫、観賞魚とも暮らす豊かな安心安全生活、生物共存の地球環境を取り戻したい。

【プログラム】

1.社会背景
 1-1 目に見えない菌とウィルスの恐怖
 1-2 抗生物質耐性菌の出現と生活ハイリスク

2.世界課題に取り組む
 2-1 消毒剤の役割と使い分け
 2-2 防腐剤・保存剤の役割と安全性
 2-3 地球環境への汚染と環境負荷

3.新しい取り組みと現況
 3-1 植物成分
 3-2 昆虫成分
 3-3 菌やウィルスと親しい仲間づくりの発明と広がり

4.生分解性プラスティックの抗菌・抗ウィルス技術
  4-1 新しい作用機序の実証と抗菌活性相関
  4-2 生物への安全性と土壌への安全
 4-3 抗菌・抗真菌・抗ウィルス効果

5.生物生活の抗菌と実用性
 5-1 複合化商品開発
  5-2 安心な農作物づくり
  5-3 安全なペット、昆虫、観賞魚用品

6.まとめ
【質疑応答 名刺交換】

第3部 一価銅化合物の抗ウイルス・抗菌作用とそれを応用した汚染制御技術の応用展開
【14:00-15:20】

講師:(株)NBCメッシュテック エグゼクティブアドバイザー 工学博士 中山 鶴雄 氏

【講演キーワード】
1. ウイルス・細菌汚染
2. 制御
3. 一価銅化合物
4. 不活性化
5. ヒドロキシラジカル

【講演趣旨】
 一価銅化合物は、ヒドロキシラジカルを生成してウイルスや細菌を短時間で不活性化できる抗ウイルス・抗菌性に優れた材料である。また、ナノ粒子にすることで塗料や高分子材料に容易に分散・充填でき、安全性にも優れていることから、様々な製品や医療機器などへの応用が期待できる。本公演では一価銅化合の抗ウイルス・抗菌特性とメカニズムを解説し、また、固着による拡散防止技術を用いたウイルス・細菌汚染の制御技術と、それを用いた塗料、高分子材料、フィルム、不織布、フィルタ、アルミニウム部材、液体消毒剤、あるいは、医療機器への応用展開の事例について紹介する。

【プログラム】

1.株式会社NBCメッシュテックの会社概要

2.ウイルス・細菌の汚染制御技術開発の背景

3.一価銅化合物の抗ウイルス・抗菌作用
 3-1 一価銅化合物の抗ウイルス作用とメカニズム
 3-2 一価銅化合物の抗菌作用とメカニズム

4.一価銅化合物を用いたウイルス・細菌の汚染制御技術の概要

5.ウイルス固着・不活化薄膜の不織布への応用
 5-1 ウイルスの固着効果と不活化効果
  5-2 様々な細菌に対する抗菌効果
  5-3 インフルエンザウイルスに対する効果
 5-4 不織布の各種製品展開
 5-5 安全性

6.抗ウイルス性を有するマスクのFDAの医療機器認証

7.一価銅化合物の塗料・インキへの応用
 7-1 透明フィルムへの展開
 7-2 PE製防護服への展開
 7-3 拭き取りシートへの展開

8.一価銅化合物のエタノール製剤への応用

9.一価銅化合物のアルミニウム部材への応用

10.まとめ
【質疑応答 名刺交換】

第4部 住空間の防汚・抗菌技術とその製品例、求められる防汚・抗菌材料 
【15:30-16:50】

 講師:(株)LIXIL Technology Research本部 物性分析研究所 所長  井須 紀文  氏 

【キーワード】
1.地球環境
2. 防汚・抗菌
3. 表面処理
4.セラミックス
5. 節水
【講演主旨】
2050年にCO2総排出量の80%削減を目指した研究開発を進めている。住宅用部材はライフサイクルが長い事から、「つかう」段階でいかにエネルギーを使わずに快適な生活を実現するかが重要な課題である。水まわり用材料は汚れ易い環境にあるため、材料自体の防汚技術開発は、「つかう」場面での洗浄水量の低減と同時に、手入れが容易であるというユーザーメリットを実現するために重要である。本講演では低環境負荷で防汚・抗菌を実現する住宅用材料技術について述べる。

【プログラム】

1.これからのモノづくり
 1-1 地球環境の現状
 1-2 これからのモノづくり
 1-3 サステナブルデザイン

2.水の使用量と防汚・抗菌
 2-1 日本の生活用水使用量
 2-2 家庭用水の内訳
 2-3 トイレのLCE試算

3.トイレレの防汚・抗菌技術
 3-1 水アカ汚れを防ぐ防汚技術
 3-2 細菌汚れを防ぐ防汚・抗菌技術
 3-3 抗菌性能試験法
 3-4 銀を用いた抗菌釉薬

4.まとめ

【質疑応答 名刺交換】

アクセスマップ

◆都営浅草線 東日本橋駅 浅草橋・押上方面より B3出口 4分 人形町・日本橋方面より B4出口 5分
◆都営新宿線 馬喰横山駅 地下通路経由  B4出口 5分 (道案内2)
◆JR総武快速線 馬喰町駅 東口改札経由  C1出口 5分 (道案内3)  JR総武線 浅草橋駅 東口 8分 (道案内4)

お申込み

お申込み人数
小計 54,000円(消費税込)

セミナー検索条件

分野
カテゴリー
開催年
開催月
検索結果に戻る カテゴリ一覧を見る

Connect & Gather