AndTech

セミナー詳細

セミナー

マイクロプラスチックの法規制動向と各業界での対応のポイント

【シーエムシー出版・AndTech 共催セミナー】
★食品・化粧品・樹脂材料などの各業界でのポイントとは?
★各国の規制動向、企業・業界団体の取組み、プラスチックの賢い使い方や方向性について解説!

セミナー番号 S91206
セミナー名 マイクロプラスチック規制
講師名

塩ビ工業・環境協会 環境・広報部 部長 内田 陽一 氏 

 

塩ビ食品衛生協議会 常務理事 石動 正和 氏

開催日 2019年12月19日(木) 12:30-16:30
会場名

高砂ビル 2F CMC+AndTech FORUM セミナールーム【東京・千代田区】(住所:101-0047 東京都千代田区内神田1-3-1 高砂ビル2F)

アクセスマップ

支払い方法 銀行振込,当日支払
受講料(税込)

22,000円(税込、テキスト費用を含む)
※当セミナーはシーエムシー出版との共催セミナーであるため1名単位、また定価でのみの販売となります。

詳細

定員:30名


※ お申し込み後、受講票と請求書が自動で返信されます。請求書記載の銀行口座に沿って、お振り込みをお願いします。また請求書に記載の「株式会社」や「(株)」「会社名」はお客様の記入通りの表記になりますので、ご希望の形式で記載をお願いします。
※ 2名以上でお申し込みをされた場合は、請求書受講票を代表者様にご連絡します
※ 請求書・領収書の発行形式への要望があれば、申込時、備考欄へ記載ください。
※ 参加時に名刺をご持参ください。参加者は、途中変更も可能です。
※ ご参加手続きの際、自宅住所やフリーアドレス、個人携帯番号のみで登録された場合は、ご所属確認をさせいただくことがございます


キャンセルポリシー・特定商取引法はこちら
セミナーに関するQ&Aはこちら(※キャンセル規定は必ずご確認ください)

講師プロフィール

塩ビ工業・環境協会 環境・広報部 部長 内田 陽一 氏               塩ビ食品衛生協議会 常務理事 石動 正和 氏

【内田先生 略歴・活動】
1981年鐘淵化学 (現カネカ) 入社、合成樹脂研究開発、製品安全・環境安全等に従事、2014年塩ビ工業・環境協会に出向

 

【石動先生 略歴・活動】
1973年京都大学工学部工業化学科卒。同年鐘淵化学工業(現カネカ)に入社。研究開発、研究管理業務に従事。2003年塩ビ食品衛生協議会に出向。2004年常務理事に就任。
専門は高分子化学、生化学

講演主旨

近年海洋プラスチックごみ問題やマイクロプラスチックへの対策が世界的規模で大きな課題になっています。これらの問題について正しく理解することが必要だと思います。プラスチックを巡る動向について全体像を踏まえながら、各国の規制動向、企業・業界団体の取組み、プラスチックの賢い使い方や方向性について解説します。

プログラム

【講演キーワード】
海洋プラスチックごみ問題、マイクロプラスチック、マイクロビーズ、シングルユース(使い捨て)プラスチック、レジ袋、リサイクル

 

【プログラム】
1.マイクロプラスチック問題の正しい理解に向けて
 1-1 マイクロプラスチック問題とは
 1-2 マイクロプラスチックの定義
 1-3 マイクロプラスチック問題に関わる現状と課題
2.マイクロプラスチック問題を巡る世界の動向
 2-1 プラスチックの生産量・排出量・リサイクル
2-2 マイクロプラスチック問題に関わる規制動向
 2-3 企業・産業界の取組み
3.マイクロプラスチック問題対応に関する国内の動向
 3-1 国内の行政の取組み
 3-2 産業界の取組み
 3-3 プラスチックの有効利用率
 3-4 今後の課題
4.欧州のマイクロプラスチック規制動向
 4-1 EFSAのリスク評価
 4-2 使い捨て型プラスチック製品規制指令
 4-3 ECHAのREACH制限に基づく規制案
 4-4 ECHAによるQ&A(食品・化粧品・樹脂材料関連)

アクセスマップ

住所:東京都千代田区内神田1-3-1 高砂ビル2F ◆東京メトロ 大手町駅下車 C1出口から徒歩5分 ◆東京メトロ 竹橋駅下車 1番出口から徒歩10分、都営新宿線 小川町駅下車 B6出口から徒歩10分 ◆神田駅下車 西口から徒歩10分

お申込み

お申込み人数
小計 22,000円(消費税込)

セミナー検索条件

分野
カテゴリー
開催年
開催月
検索結果に戻る カテゴリ一覧を見る

Connect & Gather