AndTech

セミナー詳細

セミナー

化学蓄熱材料・ケミカルヒートポンプシステムの基礎・技術動向と用途・将来展望

≪予定通り開催いたします 2月20日≫

★各種蓄熱法を比較しつつ特に蓄熱密度が高く放熱ロスが少ない化学蓄熱法およびその発展システムとしてのケミカルヒートポンプを中心とした技術について、使用される反応材料やシステム原理・メカニズムの解説!
★各種排熱や太陽熱のみで冷・温熱利用を可能にする次世代型化学蓄熱・ケミカルヒートポンプシステムの実用化開発事例および今後の展望も解説する!

セミナー番号 S200207
セミナー名 化学蓄熱材料・ケミカルヒートポンプ
講師名

千葉大学 大学院 工学研究院 教授 小倉 裕直 氏

開催日 2020年02月21日(金) 12:30-16:30
会場名

カルッツかわさき 大会議室3【神奈川・川崎】(住所:〒210-0011 神奈川県川崎市川崎区富士見1-1-4)

アクセスマップ

支払い方法 銀行振込
受講料(税込)

【1名の場合 価格】39,600円(税込、テキスト費用を含む)
2名以上は一人につき、11,000円が加算されます。

詳細

定員:30名


※ 極力、銀行振り込みをご選択ください。お支払いは会社のご都合で講座前日に間に合わない場合、開催月翌月末あたりまでお待ち申し上げます。
※ お申し込み後、受講票と請求書が自動で返信されます。請求書記載の銀行口座に沿って、お振り込みをお願いします。また請求書に記載の「株式会社」や「(株)」「会社名」はお客様の記入通りの表記になりますので、ご希望の形式で記載をお願いします。
※ 2名以上でお申し込みをされた場合は、請求書受講票を代表者様にご連絡します
※ 請求書・領収書の発行形式への要望があれば、申込時、備考欄へ記載ください。
※ 参加時に名刺をご持参ください。参加者は、途中変更も可能です。
※ ご参加手続きの際、自宅住所やフリーアドレス、個人携帯番号のみで登録された場合は、ご所属確認をさせいただくことがございます

※ 弊社講座では、同一部署、申込者のご紹介があれば、何名でもお1人11,000円で追加申し込みいただけます。(申込者は正規料金、お二人目以降は11,000円となります)。追加の際は、申し込まれる方が追加の方を取り纏いただくか、申込時期が異なる場合は紹介者のお名前を備考欄にお書きくださいますよう、お願いいたします。

上記以外は正規料金となりますのでご理解ください。


キャンセルポリシー・特定商取引法はこちら
セミナーに関するQ&Aはこちら(※キャンセル規定は必ずご確認ください)

講師プロフィール

千葉大学 大学院 工学研究院 教授 小倉 裕直 氏

1988年名古屋大学工学部化学工学科、同大学院工学研究科化学工学専攻博士課程を修了後、九州工業大学工学部、Visiting Professor, Dept. of Chemical Engineering, McGill University (Canada) 、千葉大学工学部都市環境システム学科助教授を経て、2009年現職

講演主旨

各種排エネルギーや太陽熱エネルギーの多くは未利用であり廃熱となりがちであるが、各種蓄熱や熱駆動型ヒートポンプでこれらをリサイクル利用することが、これからの未利用エネルギー有効利用における重要な技術と考える。今回は、各種蓄熱法を比較しつつ特に蓄熱密度が高く放熱ロスが少ない化学蓄熱法およびその発展システムとしてのケミカルヒートポンプを中心とした技術について、使用される反応材料やシステム原理・メカニズムの解説の後、各種排熱や太陽熱のみで冷・温熱利用を可能にする次世代型化学蓄熱・ケミカルヒートポンプシステムの実用化開発事例および今後の展望を解説する。

プログラム

1.はじめに:エネルギー有効利用と環境負荷
2.各種蓄熱技術と未利用エネルギー有効利用に向けた開発
 2.1 顕熱蓄熱の特性と事例
 2.2 潜熱蓄熱の特性と事例
 2.3 化学蓄熱の特徴とケミカルヒートポンプへの発展
3.化学蓄熱・ケミカルヒートポンプと各種ヒートポンプ技術との比較
 3.1 ケミカルヒートポンプと他のヒートポンプの違い
 3.2 機械圧縮式ヒートポンプの特性
 3.3 吸収式ヒートポンプの特性
 3.4 吸着式ヒートポンプの特性
4.化学蓄熱・ケミカルヒートポンプの基本メカニズムと要求材料
 4.1 化学蓄熱・ケミカルヒートポンプの特徴
 4.2 化学蓄熱・ケミカルヒートポンプの作動原理
 4.3 化学蓄熱・ケミカルヒートポンプに求められる反応材料
 4.4 無機系化学蓄熱・ケミカルヒートポンプ用反応材料について
5.化学蓄熱・ケミカルヒートポンプシステムの具体的な未利用エネルギー有効利用に向けた開発事例と今後の展望
 5.1 深夜電力蓄熱-昼間温・冷熱生成システム
 5.2 車両エンジン廃熱蓄熱-温・冷熱利用システム
 5.3 ケミカルヒートポンプドライヤシステム
 5.4 ケミカルヒートポンプ搭載冷凍・冷蔵車両システム
 5.5 工場廃熱蓄熱-地域エネルギーリサイクル利用システム
 5.6 ソーラーケミカルヒートポンプシステム
6.おわりに:今後に向けて

【質疑応答】

アクセスマップ

住所:〒210-0011 神奈川県川崎市川崎区富士見1-1-4 JR「川崎駅(北口東)」京急「京急川崎駅」より徒歩約15分

セミナー検索条件

セミナー形態
分野
カテゴリー
開催年
開催月
検索結果に戻る カテゴリ一覧を見る

Connect & Gather