AndTech

セミナー詳細

セミナー

【オンライン学習講座】再生医療ビジネス入門講座

★オンライン(WEB)を使った新感覚のWEB講座+通信教育サービス!
★これから再生医療ビジネスに関わる方のためのオンライン学習講座!
★元再生医療ビジネス経験者による様々な基礎知識やiPS細胞の能力・活用方法を第1部で解説後、
 第2~第3部で臨床試験、周辺技術、業界課題について、個別相談も受け付けつつ、ビジネスに役立つ知識を伝授!
★個別レッスンのようなマンツーマン感覚で講師と受講者が会話を行い、
  講義を見て聴いて理解が深まる企業向けオンライン学習サービス!
★3か月にわたり毎月一回、講師から直接、会話(LIVE)で講義を学べます!
★各回ごとに当日の講義の内容理解を相互確認する目的で
  講師が受講者への質問(演習)を設け、講師がLIVE回答を行います!
★各回ごとに質問回答および総合質疑後、時間内であれば
  講師と受講者間での個別・自由議論も行えます!

セミナー番号 OW200514
セミナー名 再生医療ビジネス入門
講師名
夢マネジメント 代表 鷲見 芳彦 氏
 (元帝人、文部科学省 科学技術・学術政策研究所 客員研究官,放送大学 非常勤講師)

 

開催日 2020年07月10日(金) 13:00-15:00
会場名

会社会議室、ご自宅にあるパソコンで受講可能

アクセスマップ

支払い方法 銀行振込
受講料(税込)
・1口(1-2名まで受講可能) 44,000円 (消費税・資料代込) 
 お申込み人数は”1”を選択

・1口(3名まで受講可能) 66,000円 (消費税・資料代込) 
 お申込み人数は”複数”を選択

※同一法人4名以上は1人あたり22,000円(消費税・資料代込)で金額追加で受講可

 

詳細
※オンライン学習で使用する資料(PDF電子データ)として事前に受講者へご連絡いたします。お手数をおかけしますが、プリントアウトしていただき、ご準備ください。
※原則、紙媒体でのテキスト提供は対応しておりません。
※同一法人で15名以上の参加をお考えの企業様はWEB研修サービス(有料・カスタマイズ研修)も行っております紙媒体による資料(テキスト)をお求めの場合は1冊(1回分、カラー、1頁4スライド構成)につき、5,500円(税込)を別途徴収いたします。お申込み時、備考欄にその旨をご記入ください。
※講座資料の電子データ提供の都合により、著作権保護の観点から研修参加者の名簿提出が必須となります。予め、ご了承ください。
※当日のオンライン学習講座の動画を弊社で録画・編集する事でアーカイブ動画として各回、受講後、復習を兼ねてアーカイブ動画(期限有)を視聴可能。

キャンセルポリシー・特定商取引法はこちら 
講座に関するQ&Aはこちら(※キャンセル規定は必ずご確認ください)

講師プロフィール

夢マネジメント 代表  鷲見 芳彦 氏

【所属】
・夢マネジメント 代表
・(株)AndTech 顧問

【取得学位】
理学修士 大阪大学
医学博士 東京大学

【経歴】
1980年3月 大阪大学大学院理学研究科 有機化学専攻博士課程前期修了(修士)
1980年4月 帝人株式会社 入社
1981年4月 札幌医科大学 癌研究所 1年間(研究生)
1985年9月 東京大学医学部 第1生化学講座 1年間(研究生)
1990年2月 医学博士号取得(東京大学 医学部)
1990年2月 英国国立生物医学研究所(MRC)博士研究員
1992年9月 帝人MRC研究所(ロンドン)駐在 グループリーダー
1995年1月 医薬事業本部 生物工学研究所 グループリーダー
2000年6月 医薬事業本部 医薬企画部 事業戦略・情報戦略担当部長
2001年8月 研究開発本部 先端技術研究所 再生医療開発室 室長
2006年1月 研究企画推進部 先端バイオ担当部長
2007年4月 文部科学省 科学技術政策研究所 客員研究官(兼任)現在に至る
2009年11月 北海道大学 特任教授 人材育成本部
2014年4月 北海道大学 特任教授 産学連携本部・産学協働部門長 兼
Food & Medical Innovation推進本部・戦略支援部門長
2016年4月 株式会社セラバリューズ 研究・開発部長
2018年1月 夢マネジメント 代表
文部科学省 科学技術・学術政策研究所 客員研究官(兼任)
放送大学 非常勤講師(兼任)

【専門のキーワード】
再生医療、基礎医学、医薬評価系、予防医学、健康食品、化学、分子生物学、
イノベーション、科学技術予測、微細藻類利用技術、キャリアマネジメント、働き方革新、社会人教育、大学院生意識改革

講演主旨

 再生医療が現実味を帯びてから20年が経過し、すでに幾つかの製品が実用化されている。また、この間に発見されたiPS細胞も臨床試験が進められている。再生医療の実用化によって、疾患の根本治療が今後拡大すると考えられる。
 本講座では、再生医療の概略を理解することを目指す。その中核を担うであろうiPS細胞と、その実用化について紹介する。また、新産業として発展するために必要となる周辺技術やエコシステムにも触れる。今後の展望とともに、解決すべき課題を考える機会としたい。

【予定】 
第1回 7月10日(金) 13:00-15:00 
第2回 8月7日(金) 13:00-15:00
第3回 9月11日(金) 13:00-15:00 

 

プログラム

【第1回】「再生医療概観(歴史、移植医療から再生医療へ、幹細胞の発見)」
(日時:7月10日(金) 13:00-15:00 、学習時間:2時間)

【学習のねらい】
第1回の講義では、再生医療を理解するための基礎知識を「これまでの歴史、移植医療から再生医療、自家移植と他家移植、多能性幹細胞の発見、様々な再生医療方法の利点と欠点」の観点から解説後、受講者に解説後、内容の理解を深めて頂く目的で演習(質問)を行う。

【プログラム】
1.再生医療の基礎と概観
 1-1 不滅の肉体への夢と願望
 1-2 移植から再生医療へ
2.移植、輸血(他家移植)
 2-1 免疫拒絶
 2-2 移植
 2-3 輸血
3.自己組織の利用(自家移植)
 3-1 考え方
 3-2 皮膚
 3-3 軟骨
4.多能性幹細胞
  4-1 細胞の分化
  4-2 多能性幹細胞の発見
 4-3 胎児性幹細胞(ES細胞)
 4-4 iPS細胞
 4-5 多能性幹細胞の利点と課題
 4-6 再生医療への応用
5.演習
【演習回答・内容への質疑応答】

【第2回】「iPS細胞の発見とその能力、活用方法、臨床試験の進捗状況、将来計画」
(日時:8月7日(金) 13:00-15:00 、学習時間:2時間)

【学習のねらい】
第2回では、「iPS細胞の発見とその能力、細胞医薬品という新概念、疾患の根本治療への挑戦、日本の取り組み、領域における臨床試験の進捗状況(網膜、心筋、血小板、脊髄損傷)、その他疾患治療の将来計画」といった観点から講義を行い、第2回の内容の理解度を確認する目的で演習(質問)を行う。
【プログラム】
1.iPS細胞の発見
 1-1 経緯
 1-2 特許
2.IPS細胞の可能性
 2-1 細胞医薬品 
 2-2 疾患の根本治療
3.これまでの取り組み
 3-1 研究拠点と研究課題
 3-2 実用化研究
 3-3 臨床への道のり(技術的俯瞰)
 3-4 国際的な治験の概要
4.日本の医師主導治験
  4-1 網膜
  4-2 パーキンソン病
 4-3 心筋
 4-4 血小板
 4-5 脊椎損傷
 4-6 その他の治験状況
5.演習
【演習回答・内容への質疑応答】

【第3回】「再生医療を支える産業と今後の課題(先進医学から産業化へ、周辺技術への波及効果、課題と展望)
(日時:9月11日(金) 13:00-15:00、学習時間:2時間)

【学習のねらい】
第3回では、「先進医学から産業化へ(再生医療はどのような産業と技術で成り立つのか)、周辺技術への波及効果(創薬への応用、必要な技術、必要な材料)、課題と展望(明るい未来だけとは限らない。人類のあくなき欲望と倫理)」の観点から、講義後、内容の理解度を確認する目的で演習(質問)を行い、知識を習得していただき、最後に全体の総合質疑の時間を設ける。
【プログラム】
1.再生医療産業
 1-1 再生医療産業とは
 1-2 再生医療を支えるエコシステム
2.創薬への応用
 2-1 薬剤候補の評価系
 2-2 進捗状況
3.周辺技術
 3-1 細胞培養
 3-2 輸送 
 3-3 品質管理
4.材料 
  4-1 膜
  4-2 Scaffold(基質)
 4-3 培養液
5.今後の展望と課題
 5-1 将来計画
  5-2 幹細胞と倫理問題 
  5-3 クローン人間
6.演習
【演習回答・内容への質疑応答】

 

アクセスマップ

 

セミナー検索条件

セミナー形態
分野
カテゴリー
開催年
開催月
検索結果に戻る カテゴリ一覧を見る

Connect & Gather