AndTech

セミナー詳細

セミナー

【オンライン学習講座】粘着剤・粘着テープの基礎と製品設計及びトラブル対応 入門講座

★オンライン(WEB)を使った新感覚のWEB講座+通信教育サービス!
★開講日が7月に変更になりました
★粘着剤・粘着テープの基礎と製品設計及びトラブル対応 それぞれ入門者向けに平易に解説!
★個別レッスンのようなマンツーマン感覚で講義を見て聴いて理解が深まる企業向けオンライン学習サービス!
★3か月にわたり毎月一回、講師から直接、会話(LIVE)で講義を学べます!
★各回ごとに当日の講義の内容理解を相互確認する目的で
  講師が受講者への質問(演習)を設け、講師がLIVE回答を行います!
★各回ごとに指導の質問回答および総合質疑後、時間内であれば
 講師と受講者間での個別・自由議論も行えます!

セミナー番号 OW200526
セミナー名 粘着剤・テープ入門講座
講師名
(株)AndTech 技術顧問 鍋田 敏一 氏(元住友スリーエム(株) 技術部長)
開催日 2020年07月28日(火) 15:00-17:00
会場名

会社会議室、ご自宅にあるパソコンで受講可能

アクセスマップ

支払い方法 銀行振込
受講料(税込)
・1口(1-2名まで受講可能) 44,000円 (消費税・資料代込) 
 お申込み人数は”1”を選択

・1口(3名まで受講可能) 66,000円 (消費税・資料代込) 
 お申込み人数は”複数”を選択

※同一法人4名以上は1人あたり22,000円(消費税・資料代込)で金額追加で受講可

 

詳細
※オンライン学習で使用する資料(PDF電子データ)として事前に受講者へご連絡いたします。お手数をおかけしますが、プリントアウトしていただき、ご準備ください。
※原則、紙媒体でのテキスト提供は対応しておりません。
※同一法人で15名以上の参加をお考えの企業様はWEB研修サービス(有料・カスタマイズ研修)も行っております紙媒体による資料(テキスト)をお求めの場合は1冊(1回分、カラー、1頁4スライド構成)につき、5,500円(税込)を別途徴収いたします。お申込み時、備考欄にその旨をご記入ください。
※講座資料の電子データ提供の都合により、著作権保護の観点から研修参加者の名簿提出が必須となります。予め、ご了承ください。
※当日のオンライン学習講座の動画を弊社で録画・編集する事でアーカイブ動画として各回、受講後、復習を兼ねてアーカイブ動画(期限有)を視聴可能。

キャンセルポリシー・特定商取引法はこちら 
講座に関するQ&Aはこちら(※キャンセル規定は必ずご確認ください)

講師プロフィール

(株)AndTech 技術顧問 鍋田 敏一 氏(元住友スリーエム(株) 技術部長)

【ご経歴】
1972年 住友スリーエム(株) 入社
 接着剤製品の開発・技術サービスに従事
(1984~1986年 米国3M接着製品技術に出向)
1987年 工業用テープ製品技術部に所属し開発室長、部長職歴任
1993年 ヘルスケア技術部長拝命 途中 品質保証部長・薬事部長兼務
2000年 へルスケアグループサージカル・メディカル製品事業部長歴任
2012年 退職後 現在に至る

【ご専門のキーワード】
・接着剤
・粘着剤・粘着テープ

【研究内容(ご専門)または得意とするコンサルタント業務。】
・接着剤製品の開発・技術サービス業務に15年従事した経験から製品設計等
・テープ製品の開発・技術サービス業務に6年従事した経験から製品設計等

【論文】
・大北忠男、鍋田 敏一、石原興:液状多硫化物「ポリチオジグリコール応用に関する研究」,日本ゴム協会誌,44(12)、 1010-1014, 1971.
・野津英夫、鍋田敏一:水性接着剤の最近の進歩:日本接着協会誌,14(11)435-439, 1978.

講演主旨

粘着テープは工業用、事務用、医療用と多岐の分野で使用されており、今後益々用途が拡大されることが予想されます。さらなる用途拡大により高機能化、作業性の改善等の粘着テープ製品が求められております。これから粘着テープに携わる若手技術者、ユーザーの皆様に粘着テープの基礎・製品設計の一助・トラブル対応につきわかりやすく説明します。

【予定】 

第1回 7月28日(火) 15:00-17:00
第2回 8月25日(火) 15:00-17:00
第3回 9月29日(火) 15:00-17:00

 

プログラム

【予定】 
第1回 7月28日(火) 15:00-17:00
第2回 8月25日(火) 15:00-17:00
第3回 9月29日(火) 15:00-17:00
【プログラム】
1. 粘着テープの基礎
 1-1 粘着とは
   ①粘着と接着
   ②粘着の界面科学
 1-2 粘着テープの形態
   ①片面テープ
   ②両面テープ
   ③転写テープ
   ④打ち抜き品
 1-3 粘着テープ構成材料
   ①粘着剤
   ②基材
   ③下塗り剤
   ④背面処理剤
   ⑤剥離ライナー
 1-4 粘着の基本物性
   ①粘着3要素(タック・粘着力・保持力)
   ②粘着剤のレオロジー
 1-5 粘着テープ製造
② 塗工
   ②加工
2.粘着テープ製品開発の一助
 2-1 要求品質の把握
 2-2 粘着テープの設計
 2-3 粘着テープの評価

3.粘着テープ製品と用途例
 
4.トラブル対策
 4-1 製品保管時のトラブル対応
 4-2 製品貼付時に起こるトラブル対応
 4-3 製品貼付後のトラブル対応

【演習回答・内容への質疑応答】

アクセスマップ

 

セミナー検索条件

セミナー形態
分野
カテゴリー
開催年
開催月
検索結果に戻る カテゴリ一覧を見る

Connect & Gather