AndTech

セミナー詳細

セミナー

【テレワーク対応・WEBセミナー】高粒子濃度・多成分粒子を中心としたスラリーの分散・凝集状態の制御と評価

≪こちらはWEBセミナーのお申し込みURLになります≫
★勘と経験に頼った試行錯誤から脱却!作ったスラリーがどのような状態か?困難な粒子分散・凝集状態の評価の方法とは?
★完全な試行錯誤から脱却し、少しでも「理論」や「指針」に基づいたスラリー調製条件最適化に役立つ指針やスラリー評価手法を学べる講座です!

セミナー番号 S200907
セミナー名 高粒子濃度・多成分粒子スラリー
講師名

法政大学 生命科学部 環境応用化学科 教授 森 隆昌 氏

開催日 2020年09月23日(水) 13:30-17:30
会場名

※会社やご自宅のパソコンで視聴可能な講座です

アクセスマップ

支払い方法 銀行振込  
受講料(税込)
【1名の場合】39,600円(税込、資料作成費用を含む)
2名以上は一人につき、11,000円が加算されます。
詳細

定員:30名


※ お申込み時に送られるWEBセミナー利用規約・マニュアルを必ず、ご確認ください。
※ 銀行振り込みをご選択ください。お支払いは会社のご都合で講座前日に間に合わない場合、開催月翌月末あたりまでお待ち申し上げます。
※ お申し込み後、受講票と請求書が自動で返信されます。請求書記載の銀行口座に沿って、お振り込みをお願いします。また請求書に記載の「株式会社」や「(株)」「会社名」はお客様の記入通りの表記になりますので、ご希望の形式で記載をお願いします。
※ 2名以上でお申し込みをされた場合は、請求書受講票を代表者様にご連絡します
※ 領収書の要望があれば、申込時、備考欄へ記載ください。
※ ご参加手続きの際、自宅住所やフリーアドレス、個人携帯番号のみで登録された場合は、ご所属確認をさせいただくことがございます
※ 当講座では、同一部署、申込者のご紹介があれば、何名でもお1人につき11,000円で追加申し込みいただけます。(申込者は正規料金、お二人目以降は11,000円となります)。追加の際は、申し込まれる方が追加の方を取り纏いただくか、申込時期が異なる場合は紹介者のお名前を備考欄にお書きくださいますよう、お願いいたします。

キャンセルポリシー・特定商取引法はこちら
セミナーに関するQ&Aはこちら(※キャンセル規定は必ずご確認ください)

講師プロフィール

法政大学 生命科学部 環境応用化学科 教授 森 隆昌 氏

2002年3月 名古屋大学 工学研究科 博士課程後期課程 修了 博士(工学)
2002年4月 名古屋大学 工学研究科 物質制御工学専攻 助手
2013年4月 法政大学 生命科学部 環境応用化学科 准教授
2016年4月 法政大学生命科学部環境応用科学科 教授、現在に至る

講演主旨

【講演趣旨】
 スラリーを取り扱うプロセスにおいて、スラリー中の粒子分散・凝集状態を制御することは製品特性を制御する上で極めて重要です。この点についてはすでに広く理解されているのですが、粒子分散・凝集状態の評価が難しいために、作ったスラリーがどのような状態にあるのかが分からず、結局、勘と経験に頼った試行錯誤によって、スラリー調製条件を最適化するケースがほとんどです。本セミナーでは、スラリー調製条件最適化に役立つ指針やスラリー評価手法を学んで頂き、完全な試行錯誤から脱却し、少しでも「理論」や「指針」に基づいたスラリー調製へと移行できるようなお手伝いができたらと思っています。

プログラム

【講演プログラム】

1.イントロダクション
 1-1.スラリー評価の前に知っておきたいこと
 1-2.なぜスラリーが必要なのか?
2.液中粒子の分散・凝集を支配する因子
 2-1.DLVO理論
 2-2.非DLVO力
3.スラリーの流動性評価
 3-1.流動挙動の種類
 3-2.流動性評価法
 3-3.流動性評価の実例
 3-4.見かけ粘度の測定で注意すべきこと
4.スラリー中の粒子集合状態評価技術
 4-1.静水圧測定法
  4-1-1.測定原理及び実験方法
  4-1-2.測定結果の実例
 4-2.ナノ粒子の分散・凝集状態評価(浸透圧測定法)
  4-2-1.測定原理及び実験方法
  4-2-2.測定結果の実例
 4-3.希薄系での直接観察
5.スラリー評価の応用例
 5-1.噴霧乾燥(スプレードライ)
  中実球形顆粒を作るには?
 5-2.リチウムイオン電池正極
  多成分スラリーを評価するには?
 5-3.セラミック湿式成形
  シート成形で成形体密度を制御するには?
  鋳込み成形で成形体密度を制御するには?
6.まとめ

 

アクセスマップ

お申込み

お申込み人数
小計 39,600円(消費税込)
セミナー回数券を
利用する


回数券のご利用者は必ずご入力下さい。(例:“SC20010801”)
事務局がお報せしたローマ字・数字含む10桁のナンバーを必ずご入力ください。

セミナー検索条件

セミナー形態
分野
カテゴリー
開催年
開催月
検索結果に戻る カテゴリ一覧を見る

Connect & Gather