AndTech

セミナー詳細

セミナー

【Live配信・WEBセミナー】自動車軽量化に向けたセルロースナノファイバー複合材の開発と均一分散技術、高補強性向上、技術課題、応用展開

≪こちらはWEBセミナーのお申し込みURLになります≫
★自動車応用を目的としたセルロースナノファイバー複合材を中心に第一線で活躍する専門家から解説予定!
★容易ではない樹脂中のCNF均一分散技術の開発事例!
★次世代素材CNFを活用したナノセルロースヴィークル(NCV)とは?

 

セミナー番号 S201115
セミナー名 セルロースナノファイバー複合材
講師名
第1部:MIPコンサルタント事務所 代表 岩崎 誠 氏

第2部:静岡大学 農学部 ふじのくにCNF寄附講座 特任教授 博士(工学) 青木 憲治 氏

第3部:モリマシナリー(株)  セルロース開発室 室長 山本 顕弘 氏

第4部:金沢工業大学 大学院工学研究科 高信頼ものづくり専攻 教授 影山 裕史 氏
開催日 2020年11月24日(火) 11:00-16:50
会場名

※会社やご自宅のパソコンで視聴可能な講座

アクセスマップ

支払い方法 銀行振込
受講料(税込)
【1名】55,000円(税込、資料代を含む)
※2名目以降は1名につき11,000円(税込、資料代を含む)
詳細
定員:40名

※ お申込み時に送られるWEBセミナー利用規約・マニュアルを必ず、ご確認ください。
※ 銀行振り込みをご選択ください。お支払いは会社のご都合で講座前日に間に合わない場合、開催月翌月末あたりまでお待ち申し上げます。
※ お申し込み後、受講票と請求書が自動で返信されます。請求書記載の銀行口座に沿って、お振り込みをお願いします。また請求書に記載の「株式会社」や「(株)」「会社名」はお客様の記入通りの表記になりますので、ご希望の形式で記載をお願いします。
※ 2名以上でお申し込みをされた場合は、請求書受講票を代表者様にご連絡します
※ 領収書の要望があれば、申込時、備考欄へ記載ください。
※ ご参加手続きの際、自宅住所やフリーアドレス、個人携帯番号のみで登録された場合は、ご所属確認をさせていただくことがございます
※ 当講座では、同一部署、申込者のご紹介があれば、何名でもお1人につき11,000円で追加申し込みいただけます。(申込者は正規料金、お二人目以降は11,000円となります)。追加の際は、申し込まれる方が追加の方を取り纏めいただくか、申込時期が異なる場合は紹介者のお名前を備考欄にお書きくださいますよう、お願いいたします。

キャンセルポリシー・特定商取引法はこちら
セミナーに関するQ&Aはこちら(※キャンセル規定は必ずご確認ください)

 

講演主旨

 

 

プログラム

第1部 セルロースナノファイバーの基礎と応用、評価、研究動向
【11:00-12:10】

講師:MIPコンサルタント事務所 代表 岩崎 誠 氏

【著作・受賞・経歴】
・書籍「リグニン利用の最新動向」
・「セルロース利用技術の最先端」
・「紙パルプ由来の新しい包装材料」
・「紙パルプ由来の新しい包装技術トレンド」
・「木材と木材パルプ利用の可能性とその動向」ほか

【キーワード】
1 セルロースナノファイバー
2.バイオリファイナリー
3.サステイナビリティー

【講演主旨】
バイオマス系素材の利用が国全体として推進されており、中でも、木材は生育量や使用量が多く注目されています。木材からセルロースを取り出して紙を製造している紙パルプ産業は、紙に代わる素材としてセルロースナノファイバなどに傾注して開発を進めています。本講座では, 木材の構造と構成成分と利用の状況、特に紙パルプ産業の現状を解説した後、主にセルロースナノファイバについて、その各種製造法、特徴とそれを活かした応用開発の状況と課題、さらに世界動向を解説します。

【プログラム】
1.はじめに
 1-1  バイオマス利用促進の背景  
2.木材の構造と構成成分および利用状況
 2-1 木材の構造
 2-2 構成成分(セルロース、ヘミセルロース、リグニン)
 2-3 各構成成分の利用状況
3.日本の紙パルプ産業について
 3-1 現状
 3-2 セルロースナノファイバを含むバイオリファイナリーへの展開
4.ナノセルロースの製造
 4-1 各種ナノセルロースの製造方法とその比較
 4-2 スタート原料(針葉樹、広葉樹、非木材)の影響および特徴
5.セルロースナノファイバの各種特性とその応用開発状況
 5-1 特性一覧
 5-2 透明性と応用開発(光学フィルム、透明シート)
 5-3 高強度と応用開発(自動車用部材応用による軽量化など)
 5-4 ガスバリアー性と応用開発(食品包装の利用による食品廃棄物削減)
 5-5 熱安定性と開発(有機ELディスプレー、有機薄膜太陽電池など)
 5-6 高い粘性、保水性と応用開発(乳液、スプレーなどの化粧品、食品用途)
 5-7 その他の特性と応用開発(紙おむつの防臭)
 5-8 最近の面白いトピックス
6.世界の動向(北欧、北米、その他)と日本との相違
7.まとめ
【質疑応答】

第2部 セルロースナノファイバー(CNF)の3次元網目状構造を利用した製品開発
【13:00-14:10】

講師:静岡大学 農学部 ふじのくにCNF寄附講座 特任教授 博士(工学) 青木 憲治 氏

【キーワード】
1. CNFマスターバッチ
2. CNF複合材料
3. 無水マレイン酸変性ポリプロピレン(MAPP)

【講演主旨】
バイオエコノミー社会の実現に向け、バイオマスの利用を加速しなければなりません。特にセルロースをナノレベルに解繊したセルロースナノファイバー(CNF)と樹脂との複合化が期待されています。しかし、CNFを樹脂中に均一分散させることは容易ではなく、現時点で大きな技術課題となっています。そこで、PP系複合材料において必須添加剤である無水マレイン酸変性PP(MAPP)に着目し、CNFの分散性向上に適したMAPPの設計およびCNF/MAPP複合化プロセスを開発しました。これにより作製したCNF/PP複合材料のCNFの分散状態をSTEMトモグラフィー、FT-IRイメージング等で観察した結果を紹介します。

【プログラム】
1.新素材CNFへの期待と現状
 1-1 バイオエコノミー
 1-2 海洋プラスチック問題
 1-3 CNFの特徴と産業への利用
 1-4 3次元網目構造を利用した試作品例
2.CNF製品の社会実装に向けた課題解決へのアプローチ
 2-1 「技術的課題」と「ビジネス的課題」
 2-2  PPにCNFを均一分散させるためには
 2-3 「静岡レシピ」と「Cellmapp」
 2-4  CNFの分散観察例
 2-5 期待される効果
 2-6  技術の応用展開分野
【質疑応答】

第3部 セルロースナノファイバーの開発と特性、応用例
【14:20-15:30】 

講師:モリマシナリー(株) セルロース開発室 室長 山本 顕弘 氏

【ホームページURL】
http://www.mori-machinery.co.jp/

【キーワード】
1. リグノセルロースナノファイバー
2. セルロースナノファイバー複合化
3. セルロースナノファイバー用途開発

【講演主旨】
セルロースナノファイバーは天然物から作られたナノファイバーで様々な特性を有している。その特性の紹介と特性を活用した工業用の商品開発の取り組み事例を説明する。セルロースナノファイバーは木から製造することが可能で、国産木材から製造することにより資源が乏しいと言われる日本において大量に存在する森林資源が活用でき、循環型社会に貢献可能である。

【プログラム】
1.背景 
 1-1 会社紹介
 1-2 おかやまグリーンバイオ・プロジェクト
2.セルロースナノファイバー
 2-1 リグノセルロースナノファイバー
 2-2 セルロースナノファイバー
3.セルロースナノファイバーの特性
 3-1 成分分析
 3-2 比表面積
 3-3 粘度
 3-4 結晶化度
4.セルロースナノファイバーを用いた用途開発
  4-1 プラスチックへの分散
  4-2 ゴムへの分散
 4-3 塗料への分散
 4-4 アルコール分散セルロースナノファイバー
5.まとめ
【質疑応答】

第4部 セルロースナノファイバー(CNF)の自動車用途展開と技術課題
【15:40-16:50】 

講師:金沢工業大学 大学院工学研究科 高信頼ものづくり専攻 教授 影山 裕史 氏
【キーワード】
1. 電動車両
2. LCA
3. ビジネスモデル
【講演主旨】
オイルショック以降の軽量化ニーズにも呼応し急増したプラスチックは、近年のCO2排出や海洋汚染などの大きな壁にぶつかっている。その一環として植物系のバイオプラスチックが注目されているが、石油系に対し強度面で劣勢であり量産しにくいといった大きな課題がある。ここでは、その課題に対し、同じ植物系のセルロースを原料とし強度向上に期待のできるCNF(セルロースナノファイバー)を挙げ、その有効な活用方法として量拡大に魅力的な将来の自動車動向に照らし合わせ、紹介したい。

【プログラム】

1.プラスチックの動向
 1-1 プラスチックの拡大と課題
 1-2 自動車用プラスチックの現状
 1-3 自動車用プラスチックの課題

2.バイオプラスチックの期待と課題
 2-1 バイオプラスチックの期待
 2-2 バイオプラスチックの現状
 2-3 バイオプラスチックの課題

3.セルロースナノファイバーの期待と応用展開
 3-1 セルロースナノファイバーの期待
 3-2 セルロースナノファイバーの現状
 3-3 セルロースナノファイバーの課題
 3-4 セルロースナノファイバーの応用展開

4.セルロースナノファイバー産業の活性化
 4-1 マルチマテリアルとの融合
 4-2  地域、循環型社会との密着
 4-3 サプライチェーンの構築
 4-4 ビジネスモデルの提案

5.まとめ

【質疑応答】

アクセスマップ

セミナー検索条件

セミナー形態
分野
カテゴリー
開催年
開催月
検索結果に戻る カテゴリ一覧を見る

Connect & Gather