AndTech

セミナー詳細

セミナー

MEMS加工技術の基礎と医用・ヘルスケア・医療機器への応用展開【オンラインLive配信・WEBセミナー】

≪こちらはWEBセミナーのお申し込みURLになります≫

★基礎技術から医療およびヘルスケアデバイスへの⽤途、現状と今後求められる技術と期待される⽤途,課題など広範なポイントについて解説
★MEMS技術の詳細と、ヒューマンインターフェイス、生体医用、ヘルスケアや医療機器のデバイス応用などについて、幅広く、わかり易く解説!

●下記より現在開催の開催セミナーを検索できます。
 https://andtech.co.jp/seminar_category/

●再開講、研修やアレンジ、コンサルティングのお問い合わせはこちらまで!
 https://andtech.co.jp/contact/

セミナー番号 S210904
セミナー名 MEMSデバイス加工・医療応用
講師名

第1講 広島市立大学 情報科学研究科 医用情報科学専攻・教授 博士(工学) 式田 光宏 氏

 

第2講 東北大学大学院 医工学研究科 医工学専攻 ナノデバイス医工学分野 教授 (兼) 大学院工学研究科 ロボティクス専攻 芳賀 洋一 氏

開催日 2021年09月27日(月) 13:30-17:00
会場名

※会社やご自宅のパソコンで視聴可能な講座です

アクセスマップ

支払い方法 銀行振込  
受講料(税込)
【1名の場合】44,000円(税込、資料作成費用を含む)
2名以上は一人につき、11,000円が加算されます。
詳細

定員:30名


※ お申込み時に送られるWEBセミナー利用規約・マニュアルを必ず、ご確認ください。
※ 銀行振り込みをご選択ください。お支払いは会社のご都合で講座前日に間に合わない場合、開催月翌月末あたりまでお待ち申し上げます。
※ お申し込み後、受講票と請求書が自動で返信されます。請求書記載の銀行口座に沿って、お振り込みをお願いします。また請求書に記載の「株式会社」や「(株)」「会社名」はお客様の記入通りの表記になりますので、ご希望の形式で記載をお願いします。
※ 2名以上でお申し込みをされた場合は、請求書受講票を代表者様にご連絡します
※ 領収書の要望があれば、申込時、備考欄へ記載ください。
※ ご参加手続きの際、自宅住所やフリーアドレス、個人携帯番号のみで登録された場合は、ご所属確認をさせいただくことがございます
※ 当講座では、同一部署、申込者のご紹介があれば、何名でもお1人につき11,000円で追加申し込みいただけます。(申込者は正規料金、お二人目以降は11,000円となります)。追加の際は、申し込まれる方が追加の方を取り纏いただくか、申込時期が異なる場合は紹介者のお名前を備考欄にお書きくださいますよう、お願いいたします。

キャンセルポリシー・特定商取引法はこちら
セミナーに関するQ&Aはこちら(※キャンセル規定は必ずご確認ください)

講演主旨

 MEMSは「微小化」というキーワードを基に、従来にはない機能、そして高付加価値なシステムを実現できる学際領域の技術分野になります。本講義では、最初にMEMS技術の面白さ及び難しさを理解して頂くことを目的として、MEMS技術の歴史的発展経緯を簡単に紹介し、その後、MEMSにおける加工基盤技術及びそれのデバイス応用について説明します。具体的には、MEMS技術の産業、医用応用などについて幅広くわかり易く解説します。

 

プログラム

第1講 MEMS加工技術の基礎とその最新応用展開
【13:30-15:30】

 

講師: 広島市立大学 情報科学研究科 医用情報科学専攻・教授 博士(工学) 式田 光宏 氏

 

【著作・受賞・経歴】

マイクロ化学チップの技術と応用(丸善株式会社)
Comprehensive Microsystems(Elsevier Ltd.)
MEMS/NEMS工学全集(株式会社テクノシステム)
マイクロ・ナノデバイスのエッチング技術(シーエムシー出版)
Micro-Nano Mechatronics(INTECHOPEN.com)
Biochemical Sensors: Mimicking Olfactory and Gustatory Senses(Pan Stanford Publishing)
Skin Permeation and Disposition of Therapeutic and Cosmeceutical Compounds(Springer Japan)
ドラッグデリバーシステム(シーエムシー出版)
<受賞>
第11回 安藤博記念学術奨励賞
日本機械学会東海支部賞(1998年度)アントレプレナー賞
電気学会平成10年度 優秀論文発表賞
第16回 井上研究奨励賞
<経歴>
平成2年 株式会社日立製作所 入社
平成7年 名古屋大学工学部 助手
平成13年 名古屋大学 難処理人工物研究センター 講師
平成16年 名古屋大学 エコトピア科学研究機構 助教授
平成19年 名古屋大学大学院工学研究科 准教授
平成26年 広島市立大学大学院情報科学研究科 教授
Topic Editor for Sensors and Actuators A, Elsevier
Editorial Board Members on Sensors, MDPI
Technical Program Committee of the IEEE Sensors 2012-2019

 

【講演キーワード】
MEMS、フレキシブルセンサ、医用応用、ヒューマンインターフェイス

 

【講演趣旨】
 MEMSは「微小化」というキーワードを基に、従来にはない機能、そして高付加価値なシステムを実現できる学際領域の技術分野になります。本講義では、最初にMEMS技術の面白さ及び難しさを理解して頂くことを目的として、MEMS技術の歴史的発展経緯を簡単に紹介し、その後、MEMSにおける加工基盤技術及びそれのデバイス応用について説明します。具体的には、MEMS技術の産業、医用応用などについて幅広くわかり易く解説します。

 

【プログラム】
1.MEMS(Micro Electro Mechanical Systems)技術
 1-1 MEMS技術の歴史及び特徴
 1-3 MEMSデバイス・システム例
2.MEMS加工基盤技術
 2-1 ホトリソグラフィー技術
 2-2 エッチング・薄膜形成技術
 2-3 スケール効果
3.銅張積層板を用いたMEMSフレキシブルセンサと信号処理回路との一体化構造
 3-1 銅張積層板を用いたMEMSフレキシブルセンサの構造・作製及び実装プロセス
 3-2 フレキシブル形態でのMEMSセンサと信号処理回路の一体化
4.MEMSフレキシブルセンサの産業応用例
 4-1 MEMS流量センサの大規模空調システムへの応用
 4-2 MEMS熱式センサを用いた加速度・壁面せん断応力計測デバイスへの応用
5.MEMSフレキシブルセンサの医用応用例
 5-1 肺内部でのその場計測を可能とするMEMS流量センサ(生体情報極限計測)
 5-2 実験動物用埋め込みMEMSセンサデバイス(薬物投与時の副作用評価デバイス)
 5-3 口元気流計測によるバイタルサイン計測(口元気流による呼吸心拍同時計測の実現)
6.MEMS技術のインターフェイスデバイス応用例
 6-1 フレキシブル力センサデバイス
 6-2 マイクロニードルを用いた次世代経皮吸収製剤応用(薬剤投与デバイス)

【質疑応答】

 


第2講 MEMS技術によるヘルスケア・医療機器への応用展開
【15:45-17:00】

 

講師: 東北大学大学院 医工学研究科 医工学専攻 ナノデバイス医工学分野 教授 (兼) 大学院工学研究科 ロボティクス専攻 芳賀 洋一 氏

 

【経歴】
1992年 東北大学医学部卒業
1994~1996年 東北厚生年金病院勤務
1996年 東北大学大学院工学研究科助手,
2003年 講師,2004年 東北大学先進医工学研究機構(TUBERO)助教授,
2008年 東北大学大学院医工学研究科教授となり現在に至る.
マイクロ/ナノテクノロジーを用いた医療・ヘルスケア機器の研究・開発に従事.医学博士および工学博士.

 

【講演キーワード】
MEMS,微細加工技術,医療機器開発,内視鏡,カテーテル,センサ搭載臓器モデル

【講演主旨】
 ⼩さくとも⾼機能・多機能なマイクロセンサやマイクロアクチュエータなどが実現できるMEMS技術を⽤いることで,今までにない特徴や利点を持った医療⽤機器,ヘルスケア(健康管理)機器が実現できる.これにより患者の負担を減らし⾃由度が⾼く,精密で安全な検査・治療を⾏うことができるようになる.
 基礎技術から医療およびヘルスケアデバイスへの⽤途、現状と今後求められる技術と期待される⽤途,課題など広範なポイントについて解説します.

 

【講演プログラム】
1. 医療・ヘルスケア用途の現状
 1-1 小型化、高機能化、多機能化の要求
 1-2 体外用途(検体検査,ヘルスケア用途 他)
 1-3 体内用途(カテーテル、内視鏡、埋込機器 他)       
2. 要素技術
 2-1 微細加工技術
 2-2 医療、ヘルスケア用途に役立つ技術     
3. 現状の課題と今後の展開
 3-1 技術課題
 3-2 制度、仕組みの課題

 

【質疑応答】

 

アクセスマップ

お申込み

お申込み人数
小計 44,000円(消費税込)
セミナー回数券を
利用する


回数券のご利用者は必ずご入力下さい。(例:“SC20010801”)
事務局がお報せしたローマ字・数字含む10桁のナンバーを必ずご入力ください。

セミナー検索条件

セミナー形態
分野
カテゴリー
開催年
開催月
検索結果に戻る カテゴリ一覧を見る

Connect & Gather