AndTech

セミナー詳細

セミナー

欧米を中心とした環境規制の最新動向と 電池・バッテリー規則・リサイクル化への対応ポイント
~電池指令から電池規則へ厳格化するEUグリーンディールの具体化モデルと素材メーカーへの影響~

≪こちらはWEBセミナーのお申し込みURLになります≫

★電池指令から電池規則へ 厳格化するEUグリーンディールの具体化モデルと素材メーカーへの影響とは

●下記より現在開催の開催セミナーを検索できます。
 https://andtech.co.jp/seminar_category/

●再開講、研修やアレンジ、コンサルティングのお問い合わせはこちらまで!
 https://andtech.co.jp/contact/

セミナー番号 S211105
セミナー名 EUリサイクル・電池規則
講師名

一般社団法人東京環境経営研究所 理事長 松浦 徹也 氏

(一社)産業環境管理協会 技術参与
東京都立産業技術研究センター 専門相談員
中小企業診断士、環境計量士、技術士(経営工学)

開催日 2021年11月29日(月) 13:00-17:00
会場名

※会社やご自宅のパソコンで視聴可能な講座です

アクセスマップ

支払い方法 銀行振込  
受講料(税込)
【1名の場合】39,600円(税込、資料作成費用を含む)
2名以上は一人につき、11,000円が加算されます。
詳細

定員:30名


※ お申込み時に送られるWEBセミナー利用規約・マニュアルを必ず、ご確認ください。
※ 銀行振り込みをご選択ください。お支払いは会社のご都合で講座開講日の月末に間に合わない場合、開催月翌月末あたりまでお待ち申し上げます。
※ お申し込み後、受講票と請求書が自動で返信されます。請求書記載の銀行口座に沿って、お振り込みをお願いします。また請求書に記載の「株式会社」や「(株)」「会社名」はお客様の記入通りの表記になりますので、ご希望の形式で記載をお願いします。
※ 2名以上でお申し込みをされた場合は、請求書受講票を代表者様にご連絡します
※ 領収書の要望があれば、申込時、備考欄へ記載ください。
※ ご参加手続きの際、自宅住所やフリーアドレス、個人携帯番号のみで登録された場合は、ご所属確認をさせいただくことがございます
※ 当講座では、同一部署、申込者のご紹介があれば、何名でもお1人につき11,000円で追加申し込みいただけます。(申込者は正規料金、お二人目以降は11,000円となります)。追加の際は、申し込まれる方が追加の方を取り纏いただくか、申込時期が異なる場合は紹介者のお名前を備考欄にお書きくださいますよう、お願いいたします。

キャンセルポリシー・特定商取引法はこちら
セミナーに関するQ&Aはこちら(※キャンセル規定は必ずご確認ください)

講師プロフィール

一般社団法人東京環境経営研究所 理事長 松浦 徹也 氏 (一社)産業環境管理協会 技術参与 東京都立産業技術研究センター 専門相談員 中小企業診断士、環境計量士、技術士(経営工学)

【著作】
規制化学物質のリスク管理(2017年 日刊工業新聞社 編著)
REACH対応Q&A88(2020年改定 第一法規 編著)

【経歴】
昭和42年東京電機大学工学部電子工学科卒業後、日本電子㈱に入社し、製造管理、
品質管理、工場管理、品質保証部署の管理者を歴任。関連会社のISO9001教育
と指導、グループ企業統合品質システムの構築とグループ企業の品  質保証体制の維持改善を行う。
平成17年同社を退職後、技術法規担当顧問(平成16年11月~17年6月)

 

講演主旨

 法規制は日々の如く変化します。2000年頃からの環境規制法の制定が強化され、その改定情報をいかに早く入手するかが企業の課題でした。当初はEUとアメリカも規制動向を追えば事足りましたが、カナダ、アジア、中東、オセアニアやなどに規制法が広がってきており、変化しています。
 変化を追うことは重要ですが、規制の本質を理解し、変化を日常としてとらえる企業対応が必要となっています。
この講座で、EUの電池規則(案)をテーマに仕組みで遵法保証をすることをご説明したいと思います。

プログラム

【講演キーワード】
EUの環境規制の先行モデルの電池規則、カーボンフットプリント、ドイツの新電池法、米国のPBT規制

 

【プログラム】
1.EUが環境規制の流れを変える
 1-1 EUの環境政策の理念とThe Brussels Effect
 1-2 OECD拡大生産者責任とIPP政策
 1-3 EU グリーンディール
 1-4 新循環型経済計画

2.リサイクル法の動向
 2-1 ELV指令の動向(含むUK ELV規則)
 2-2 廃棄物指令(WFD)とSCIP登録
 2-3 ドイツの新包装材法やフランスのミネラルオイル規制法
 2-4 ドイツの新電池法

3.EUの環境規制の先行モデルの電池規則(案)
 3-1 EU グリーンディールと電池規則の関係
 3-2 主要条項の概説
 3-3 カーボンフットプリントの認証
 3-4 CEマーキングの宣言

4. グローバルに広がる新たな規制の動向
 4-1 日米欧のPFOA規制
 4-2 EUと米国のPBT規制
 4-3 アメリカ州法の包装材規制
 4-4 カルフォルニア州法Prop65の警告表示

5.変化への対応
 5-1 デューデリジェンスとは
 5-2 遵法保証システムの構築

【質疑応答 名刺交換】

アクセスマップ

セミナー検索条件

セミナー形態
分野
カテゴリー
開催年
開催月
検索結果に戻る カテゴリ一覧を見る

Connect & Gather