AndTech

セミナー詳細

セミナー

ディスプレイ向け光学フィルムの基礎・原理・要求特性と新ディスプレイへの応用展開【オンラインLive配信・WEBセミナー】

≪こちらはWEBセミナーのお申し込みURLになります≫

★現在の光学フィルム技術の基礎を把握したうえで、技術動向・アプリケーション展開等について解説し、将来のトレンドを展望!

★今後期待される車載ディスプレイやARなどの用途も含め、量子ドットやマイクロLEDディスプレイなどの新方式も見据えて、光学フィルムの今後の展開・可能性等についても言及!

●下記より現在開催の開催セミナーを検索できます。
 https://andtech.co.jp/seminar_category/

●再開講、研修やアレンジ、コンサルティングのお問い合わせはこちらまで!
 https://andtech.co.jp/contact/

セミナー番号 S220821
セミナー名 光学フィルム
講師名

(株)FT-Net 取締役副社長 技術士(応用理学) 青崎 耕 氏

開催日 2022年08月25日(木) 13:30-16:30
会場名

※会社やご自宅のパソコンで視聴可能な講座です

アクセスマップ

支払い方法 銀行振込
受講料(税込)

【1名の場合】33,000円(税込、テキスト費用を含む)
2名以上は一人につき、11,000円が加算されます。

詳細

定員:30名


※ お申込み時に送られるWEBセミナー利用規約・マニュアルを必ず、ご確認ください。
※ 銀行振り込みをご選択ください。お支払いは会社のご都合で講座前日に間に合わない場合、開催月翌月末あたりまでお待ち申し上げます。
※ お申し込み後、受講票と請求書が自動で返信されます。請求書記載の銀行口座に沿って、お振り込みをお願いします。また請求書に記載の「株式会社」や「(株)」「会社名」はお客様の記入通りの表記になりますので、ご希望の形式で記載をお願いします。
※ 2名以上でお申し込みをされた場合は、請求書受講票を代表者様にご連絡します
※ 領収書の要望があれば、申込時、備考欄へ記載ください。
※ ご参加手続きの際、自宅住所やフリーアドレス、個人携帯番号のみで登録された場合は、ご所属確認をさせいただくことがございます
※ 当講座では、同一部署、申込者のご紹介があれば、何名でもお1人につき11,000円で追加申し込みいただけます。(申込者は正規料金、お二人目以降は11,000円となります)。追加の際は、申し込まれる方が追加の方を取り纏いただくか、申込時期が異なる場合は紹介者のお名前を備考欄にお書きくださいますよう、お願いいたします。

キャンセルポリシー・特定商取引法はこちら
セミナーに関するQ&Aはこちら(※キャンセル規定は必ずご確認ください)

講師プロフィール

(株)FT-Net 取締役副社長 技術士(応用理学) 青崎 耕 氏

【経歴】
 1979年~2018年 AGC(株)(旧社名:旭硝子)化学品カンパニー:透明フッ素樹脂「サイトップ」の開発リーダー、世界初の連続ウェット法による反射防止フィルムを開発・上市、PDP用光学フィルターを開発・上市、などディスプレイ、電子、光学分野向けの素材、フィルム、部材の開発と事業化に携わる。
 2018年6月- (株)FT-Net 取締役副社長 現在に至る。

講演主旨

 ディスプレイ向け光学フィルムは、液晶ディスプレイ(LCD)をはじめとして欠かせない機能を果たしており、全世界で数兆円(年間)という巨大な市場を形成している。
 当セミナーでは、現在の光学フィルム技術の基礎を把握したうえで、技術動向・アプリケーション展開等について解説し、将来のトレンドを展望する。
 まずは光学フィルムを構成するフォトニクスポリマーの分子構造や光学的機能について解説を行う。講師の専門である「フッ素化学」が果たす役割についても紹介する。
 次に、各種光学フィルムの基礎原理・特徴や、技術・市場動向等について触れる。
 最後に、今後期待される車載ディスプレイやARなどの用途も含め、量子ドットやマイクロLEDディスプレイなどの新方式も見据えて、光学フィルムの今後の展開・可能性等について言及する。

【キーワード】
1.光学フィルム、フォトニクスポリマー
2.車載ディスプレイ、AR
3.LCD、有機EL、量子ドット、マイクロLED

【講演ポイント】
講演者はディスプレイ向け光学フィルムや部材・材料の開発と事業化に直接に携わった経験があり、講演においては知っておくべき基礎技術、市場動向、今後の動向を分かり易く解説する。

【習得できる知識】
光学フィルムにおける光学的原理・基礎知識
光学フィルムの市場動向
光学フィルムの今後のトレンド

プログラム

1.光学フィルムを構成するフォトニクスポリマーの概要
 1) 光学機能とフォトニクスポリマーの分類
 2) 光学フィルム用フォトニクスポリマーの個別紹介(分子構造、光学特性)
   ・PMMA
   ・PC
   ・PS
   ・PET
   ・PVA
   ・TAC
   ・COP
   ・透明PIなど
 3) フッ素系フォトニクスポリマーの活用(役割、付与される機能・特性等)
2.ディスプレイ光学フィルムの基礎と市場
 1) フラットパネルディスプレイ及び光学フィルムの歴史・変遷
 2) ディスプレイ光学フィルムの種類・機能と市場動向
 3) ディスプレイ光学フィルムの原理・特徴(個別紹介)
  a) 偏光板
   ・位相差
   ・直線偏光
   ・円偏光
   ・楕円偏光
  b) 反射防止フィルム
   ・光学薄膜による多層コート原理
  c) 輝度向上フィルム
  d) 複屈折制御フィルム
   ・複屈折ゼロ
   ・超複屈折
  e) その他のディスプレイ光学フィルム
3.今後のディスプレイに向けた光学フィルムの応用
 1) ディスプレイに共通する光学フィルムの機能・技術トレンド
   ・フレキシブル
   ・指紋付着防止(防汚)
   ・モスアイ反射防止
   ・ナノインプリント
   ・触覚フィードバック技術
   ・高耐久化など
 2) 各種用途における光学フィルムの応用展開と今後の可能性
       ~その役割と要求特性、課題等~
  a) 車載用ディスプレイ
   ・大型化
   ・曲面化
   ・ヘッドアップディスプレイ
   ・透明化
   ・電子ミラーなど
  b) 量子ドットシート
   ・市場動向
   ・防湿保護機能など
  c) 有機ELディスプレイ
   ・特有の反射防止方式
   ・発光材料と層形成技術など
  d) マイクロLEDディスプレイ
   ・技術開発動向
   ・フレキシブル化の可能性など  
  e) ARディスプレイ、スマートグラス 
【質疑応答】

アクセスマップ

お申込み

お申込み人数
小計 33,000円(消費税込)
セミナー回数券を
利用する


回数券のご利用者は必ずご入力下さい。(例:“SC20010801”)
事務局がお報せしたローマ字・数字含む10桁のナンバーを必ずご入力ください。

セミナー検索条件

セミナー形態
分野
カテゴリー
開催年
開催月
検索結果に戻る カテゴリ一覧を見る

Connect & Gather