〈電子版〉技術者・研究開発者のためのポリマーアロイの教科書 ―温故知新― 第1回~第6回(一括購入)

★未来を形作る素材革命の教科書、ポリマーアロイの可能性を解き放つ!
ポリマーアロイ基礎から応用までを6回にわたり分かりやすく解説。
★元住友化学、AndTech 顧問でポリマーアロイの権威である今井昭夫氏が
過去開催の連続講座での講演経験を踏まえ、ポリマーアロイの基本的に加え、
開発研究者が抱きやすい疑問をクローズアップし解説!

本ページは第1回~第6回の一括購入ページとなります。
2か月ごとに最新版をダウンロードいただけます。
全6回の配信に加え、配信完了後に前6回をまとめた紙媒体もお届けします。
第1回単独購入はこちらから
https://andtech.co.jp/books/1eed538f-2af0-6474-9a4c-064fb9a95405


番号
ANE002
監修
今井 昭夫
発行年月
2024/02/29
体裁
判, 300ページ
フォーマット
電子書籍(eBook)
定価
66,000 円(本体60,000円+消費税、送料込)
冊数:

執筆者

今井 昭夫 株式会社AndTech 顧問(元 住友化学)
(製品情報)
植草 貴行 株式会社AndTech 研究開発アドバイザー

目次

第 1 章 ポリマーアロイの概念
 第1 節 化学物質・材料の混合~混ぜる、混ざる、溶け合うとは?~
 第2 節 ポリマーアロイとは?学術的定義と実用的定義
  2.1 ポリマーブレンド前史
  2.2 ポリマーアロイの学術的定義
  2.3 ポリマーアロイの実用的定義
第 2 章 ポリマーの相溶性と非相溶性
 第1 節 ポリマーの相溶性と混和性、非相溶性
 第2 節 混合の熱力学と自由エネルギー変化
 コラム ポリエチレンとポリエチレンのアロイ?
 第3 節 相溶性ポリマーブレンド、非相溶性ポリマーブレンドの物性
 第4 節 実用化された相溶性ポリマーアロイ
第 3 章 ポリマーアロイのモルフォロジ―
 第1 節 モルフォロジ―とは?
 第2 節 非相溶系ポリマーアロイのモルフォロジ―
 第3 節 非相溶系ポリマーアロイの分散粒径を決定する要因
 第4 節 ポリマーアロイ設計のトップダウン戦略とボトムアップ戦略
 コラム 大学と企業におけるポリマーアロイ研究の異同
 第5 節 分散粒子径と力学物性、樹脂の耐衝撃強度に対する分散粒径と粒径分布の影響
第 4 章 ポリマーアロイモルフォロジーの観察・解析
第1 節 測定・解析装置と測定例
 第2 節 近年のモルフォロジー観察手法の進歩
 第3 節 その他のモルフォロジー解析手法
復習問題
第1 回 製品情報 ~相溶性ポリマーアロイを活用した製品情報~

 はじめに
 1. 相溶性ポリマーアロイ
  1.1 NBR/PVC 系 046
  1.2 ポリフェニレンエーテル(PPE)/ポリスチレン(PS)系:変性PPE
 おわりに


  ◆今後の発刊スケジュール&予定目次◆
2024年4月発刊予定
第2回 ポリマーアロイとは~その2~
第5章 ポリマーアロイの動的粘弾性
 第1 節 ポリマーの物性や粘弾性の温度依存性
 第2 節 ポリマーアロイの動的粘弾性~相溶系、非相溶系の差異~
第6章 相溶性と溶解度パラメーターの考え方
 第1 節 溶解度パラメーター(SP 値)とは何か?
 第2 節 ポリマーアロイとSP 値
 第3 節 SP 値の適用の可能性と限界
第7章 相容化剤(相溶化剤)の基礎
 第1 節 相容化剤(相溶化剤)とは?
 第2 節 ポリマーの相容化機構の考え方
 第3 節 溶解度パラメーター(SP 値)と相容化剤
 第4 節 アロイ材料設計における相溶化剤(相容化剤)利用の実例
 第5 節 相容化剤(相溶化剤)の分子設計
第8章 工業化されたポリマーアロイ材料開発の歴史
 第1節 第一世代、第二世代ポリマーアロイ
 第2 節 ポリマーアロイの動的粘弾性~相溶系、非相溶系の差異~
第2回 製品情報~第一世代ポリマーアロイを活用した製品技術情報~
製品情報②

2024年6月発刊予定
第3回 ポリマーアロイ 実践編~その1~

 第9章 ポリマー混合・混練技術
  第1節 ポリマー混合と分散
  第2節 ポリマー混練設備の種類と特性
 第10章 リアクティブプロセッシングのプロセス解析
  第1節 二軸混練押出機による混練とモルフォロジ―変化
  第2節 系内発生相容化剤の定量と分散粒径との相関
  第3節 系内発生相容化剤の存在位置と存在分子鎖数(濃度)
 第11章 混練装置のスケールアップ
 第12章 工業化されたポリマーをベースとするポリマーアロイ
  第1節 ポリエチレン類のポリマーアロイ
  第2節 ポリプロピレン類のポリマーアロイ
  第3節 スチレン系樹脂のポリマーアロイ
  第4節 ポリフェニレンエーテル(PPE)のポリマーアロイ
  第5節 ポリアミド類のポリマーアロイ
  第6節 ポリエステル類のポリマーアロイ
  第7節 液晶ポリエステルのポリマアロイ
復習問題
製品情報③

2024年8月発刊予定
第4回 ポリマーアロイ 実践編~その2~

 第13章 高せん断混練技術とナノサイズ分散
  第1節 帰還式スクリュー混練機
  第2節 高L/D、長滞留時間スクリュー混練機
  第3節 せん断混練と伸長混練
  第4節 ナノサイズ分散ポリマーアロイの性能・機能
  第5節 第四世代ポリマーアロイの工業化技術
 第14章 プラスチックリサイクル、回収再生樹脂へのポリマーアロイ技術の適用
  第1節 回収樹脂の性能向上のためのポリマーアロイ化技術
  第2節 回収樹脂の分別と、添加樹脂・添加材料の混合分散による性能向上
  第3節 自動車部品・家電機器部材のリサイクルにおけるポリマーアロイ技術の応用 
 第15章 植物由来樹脂のアロイ
  第1節 ポリ乳酸の工業分野への適用
  第2節 生分解性ポリマーのアロイ
  第3節 バイオマス・植物成分を用いるポリマーアロイ
  第4節 セルロースナノファイバー組成物への応用
第5節 最近のバイオマス由来樹脂アロイの開発検討事例
復習問題
製品情報④

2024年10月発刊予定
第5回 ポリマーアロイ 応用編~その1~

 第16章 相容化剤の最適設計
  第1節 ブロック構造を有する(非反応型)相容化剤
    リビング重合処方の利用、ポリマー反応の利用
  第2節 リアクティブプロセッシングに用いる(反応型)相溶化剤
 第17章 相容化剤合成上の課題と対策
  第1節 マレイン化ポリマーの合成
  第2節 共重合体の合成
  第3節 グラフトタイプポリマーの合成
 第18章 相容化剤概念を応用した開発事例
  第1節 ブリード・ブルーム発生防止剤への展開
  第2節 繊維表面改質材への展開、
  第3節 界面強化剤
  第4節 接着剤、その他
復習問題
製品情報⑤

2024年12月発刊予定
第6回 ポリマーアロイ 応用編~その2~

 第19章 新規ポリマーとポリマー複合材・コンポジットへの応用
  第1節 ナノサイズ分散ポリマーアロイ
  第2節 非ポリマー成分との混合
  第3節 植物成分の混合
 第20章 今後のポリマーアロイ材料の創出に向けて
  第1節 ボトムアップ戦略に基づくポリマーアロイの創出
  第2節 ナノ/メソスケール空間の活用によるポリマーブレンド
おわりに-ポリマーアロイ関連技術情報の体系化
復習問題
製品情報⑥

*目次は変更になる可能性がありますのでご了承ください。