【 LIVE配信・WEBセミナー】

ミリ波通信技術の最先端 ミリ波通信モジュールの開発動向と電波干渉対策・各種通信技術への応用展開と将来展望

~ミリ波吸収・シールド材料での対策・ミリ波の現状と最新状況~

★2024年4月19日WEBでオンライン開講。村田製作所  上田様、NTT ドコモ  中村様、新日本電波吸収体 荻野様がミリ波通信技術の最先端 ミリ波通信モジュールの開発動向と電波干渉対策・各種通信技術への応用展開と将来展望について解説する講座です。

≪こちらはWEBセミナーのお申し込みURLになります≫ ※ 会場にお越しの講師は第3講 荻野様となります。

会場でご参加の方はこちらから

→ https://andtech.co.jp/seminars/1eeebf51-ba67-6e7a-91b2-064fb9a95405

■本講座の注目ポイント

★ミリ波通信技術を材料、モジュール、通信側それぞれから解説!課題と今後の展望とは?

セミナー番号
S240407Web
セミナー名
ミリ波(Web)
講師名
  • 第1部  株式会社村田製作所  通信・センサ事業本部 通信モジュール事業部 ミリ波事業推進部 プリンシパルリサーチャー 博士(工学)  上田 英樹 氏
  • 第2部  株式会社 NTT ドコモ  R&D イノベーション本部 Chief Standardization Officer  中村 武宏 氏
  • 第3部  株式会社新日本電波吸収体  代表取締役  荻野 哲 氏
開催日
2024年04月19日(金) 13:30-17:30
会場名
※会社やご自宅のパソコンで視聴可能な講座です
受講料(税込)

【1名の場合】49,500円(税込、テキスト費用を含む)

2名以上は一人につき、16,500円が加算されます。

詳細

定員:30名

※ お申し込み後、受講票と請求書のURLが自動で返信されます。基本的にはこちらで受付完了です。開催前日16:00までに再度最終のご連絡をいたします。請求書と受講票は郵送ではないため必ずダウンロードください。また、同時に送られるWEBセミナー利用規約・マニュアルを必ずご確認ください。

※ セミナー前日夕方16:00までにWEB会議のURL、事前配布資料のパスワードについて、別途メールでご案内いたします。基本的にはマイページからのダウンロードの流れとなります。なお、事前配布資料については、講師側の作成完了次第のお知らせになりますので、この点、ご理解のほどお願い申し上げます。

※ お支払いは銀行振込、クレジット決済も可能です。銀行振込でお支払いの場合、開催月の翌月末までにお支払いください。お支払いの際は、社名の前に請求書番号をご入力ください。

※ 領収書のご要望があれば、お申込み時、領収書要にチェックを入れてください。

※ 2名以上でお申し込みをされた場合は、受講票と請求書を代表者様にご連絡します。

※ 当講座では、同一部署の申込者様からのご紹介があれば、何名でもお1人につき16,500円で追加申し込みいただけます (申込者様は正規料金、お2人目以降は16,500円となります)。追加の際は、申し込まれる方が追加の方を取りまとめいただくか、申込時期が異なる場合は紹介者様のお名前を備考欄にお書きくださいますようお願いいたします。

※ なお、ご参加手続きの際、自宅住所やフリーアドレス、個人携帯番号のみで登録された場合は、ご所属確認をさせいただくことがございます。

キャンセルポリシー・特定商取引法はこちら

セミナーに関するQ&Aはこちら(※キャンセル規定は必ずご確認ください)

全てを見る

【【本セミナーの主題および状況  本講座の注目ポイント】】

■本セミナーの主題および状況

★5Gでのミリ波の商用化に伴い、通信の高速化・低遅延化に向けた期待が高まっている。伝送損失が大きいというミリ波特有の課題を克服するためモジュール、アンテナ、材料技術、また社会実装と今後のさらなる普及を模索している最中の状況である次世代通信技術である。

■注目ポイント

★ミリ波電磁波吸収体、シールド材料での材料設計やデバイスであるミリ波通信モジュール、通信の第一線の企業など、それぞれの各プレイヤーである講師が集まり、課題点をどう各社対応していくか、立場を変えた講師のそれぞれの視点で問題点を把握できる講座です!

■講座担当:青木良憲


≪こちらの講座は、WEB上での開催のオンライン講座になります≫

【第1講】 ミリ波帯アンテナ一体型モジュール技術

【時間】 13:30-14:45

【講師】株式会社村田製作所 通信・センサ事業本部 通信モジュール事業部 ミリ波事業推進部 プリンシパルリサーチャー 博士(工学) 上田 英樹 氏

【講演主旨】

 5Gでのミリ波の商用化に伴い、通信の高速化・低遅延化に向けた期待が高まっている。伝送損失が大きいというミリ波特有の課題を克服するため、アンテナとRFICを一体化したAntenna integrated Module(AiM)が広く用いられている。また、ミリ波の普及に向けた課題の一つとして低コスト化が挙げられる。講演では、高い性能と低コスト化の両立に向けた村田製作所独自の技術や、必要とされる材料技術に加え、ミリ波を用いることによるメリットなどを紹介する。

【プログラム】

1. ミリ波の特徴とAiMの必要性

2. パッケージング技術

3. アンテナ技術

4. 材料技術

5. ミリ波を用いるメリット

【質疑応答】


【キーワード】
ミリ波、5G、WiGig、11ad、11ay、AiM、AiP、モジュール、パッケージング、アンテナ、材料、低消費電力

【講演ポイント】
ミリ波への期待と特有の課題を起点として、アンテナ一体型モジュール(AiM)の必要性と村田製作所独自のモジュール技術をご紹介します。

【習得できる知識】
・ミリ波に期待されること
・ミリ波の課題とアンテナ一体型モジュール(AiM)が必要となる背景
・高い性能と低コスト化を両立する各種要素技術(パッケージング・アンテナ・材料)
・ミリ波を用いることによる優位性


【第2講】 通信技術の最先端 :ミリ波普及を加速する ~ミリ波通信モジュールの普及と効果

【時間】 15:00-16:15

【講師】株式会社 NTT ドコモ R&D イノベーション本部 Chief Standardization Officer 中村 武宏 氏

【講演主旨】

 5Gのさらなる高度化を目指した研究開発および国際標準化が進められている。国内では5Gのミリ波の普及推進に対する期待が高まっている。さらに6Gに向けた検討も国内外で精力的に進められており、NTTドコモとしても、5Gのさらなる高度化と6Gに関する検討を精力的に進めている。本講演ではNTTドコモのミリ波の活用含む5Gの高度化と6Gに関するコンセプトや最新の取り組みについて説明する。

【プログラム】

 


【第3講】 ミリ波関連電波吸収体・シールド材料の応用と市場動向

【時間】 16:30-17:30

【講師】株式会社新日本電波吸収体 代表取締役 荻野 哲 氏

【講演主旨】

 昨今5Gを代表する、無線通信インフラは放送・通信だけでなく、自動車・物流・製造・セキュリティなどの幅広い分野において普及している。電波吸収体やシールド材料はこれらの使用環境で、現場での電波環境ソリューションを支える技術である。この具体的な応用とその市場を解説する。

【プログラム】

1.はじめに

2.電波吸収体

 2-1.電波吸収体・シールド材の分類

 2-2.電波吸収とシールド

 2-3.電波吸収体

 2-4.電波吸収シートの吸収原理

 2-5.電波吸収体の使用例

 2-6.ETCと電波吸収体

 2-7.電波吸収体の使用例

 2-8.電波吸収体(シートタイプ)

 2-9.遠方界電波吸収シートの使用例

 2-10.電波吸収性能の評価方法

 2-11.電波吸収性能 反射減衰

3.ノイズ抑制シート

 3-1.電子機器のノイズ対策

 3-2.電磁波ノイズ抑制シート 

 3-3.ノイズ抑制シートの設計

 3-4.ノイズ抑制シートの構造

 3-5.ノイズ抑制シートの性能評価方法  ー透磁率ー

 3-6.ノイズ抑制シートの性能  ー透磁率ー

 3-7.電磁波ノイズ対策シールド材料の目的

 3-8.ノイズ抑制シートの性能 ー放射減衰ー

 3-9.ノイズ抑制シートの性能評価法ーMSL法ー

 3-10.ノイズ抑制シートの性能 <伝送減衰>

 3-11.ミリ波近傍ノイズ抑制シートの使用例

4.電磁波シールド材料

 4-1.電磁波シールド材料の応用分野

 4-2.電磁波ノイズ対策シールド材料

 4-3.金属箔テープ

 4-4.導電布テープ

 4-5.導電フィルム

 4-6.インフラ電波対策シールド材料

 4-7.UHF-RFIDとシールド材

 4-8.シールドメッシュの使用

 4-9.シールド材料の評価方法

5.新たな電磁波ノイズシールド製品

 5-1.ADASの定義

 5-2.ADAS搭載センサ

 5-3.レーダー 

 5-4.ミリ波レーダーセンサー 

 5-5.ミリ波インジェクション成型吸収体の使用

【質疑応答】


【キーワード】
5G ミリ波 ADAS 自動運転 ノイズ対策 低周波磁界


【講演ポイント】
電波吸収体、ノイズ抑制シート、電磁波シールド材における、原理や基礎知識を解説する。
そして、それぞれの分野での今後の市場性、及び新しい電波吸収体の動向について解説する。


【習得できる知識】
電波吸収体の原理とその市場
ノイズ抑制材の原理とその市場
電磁波シールド材の原理とその市場
新しい電磁波対策材料の紹介とその市場


【講師略歴】
神戸市外国語大学 外国語学部 英米学科卒業
1999年よりETC関連事業に従事、2006年新日本電波吸収体設立。電波吸収体の開発・製造・販売に従事するだけでなく、ETC・UHF-RFID等の電波利用分野での測定・施工・諸申請などのソリューション・エンジニアリングを行う。


お申込み

お申込み人数
支払い方法
領収書
小計
49,500円
セミナー回数券

回数券をお持ちの場合は使用する回数券を選択してください

セミナー回数券購入希望の方はこちら
クーポンコード

クーポンコードをお持ちの場合は入力してください

備考

※セミナーへのお申し込みには事前に会員登録 が必要です。

※会員登録がお済みの方は、こちら よりログインしてください。