セミナー検索結果 10件中

飲み物
食事
資料
割引
懇親会
単独講師
複数講師
個別相談会
WEBセミナー

★2024年5月23日WEBでオンライン開講。公立千歳科学技術大学の谷尾 宣久氏が光学用透明樹脂の基礎と高性能化について解説していただく講座です。

■本講座の注目ポイント

★光技術分野へ透明ポリマーを応用する際、重要となる光学特性(透明性、屈折率、複屈折)について、高分子構造と関係づけて定量的に解説!

★ポリマーを構成する原子の種類とその数をパソコンに入力するのみで、屈折率および透明性が計算できる『透明ポリマーの光物性値予測システム』について紹介!

★2024年5月23日WEBでオンライン開講。日本ゼオン株式会社 摺出寺氏、日本電業工作株式会社 萩原氏、電気通信大学 村上氏、東北大学 川本氏が5G通信に向けた各種導電材を用いた透明アンテナおよびメタサーフェス反射板(IRS/RIS)/メタマテリアル電波散乱シートの最新開発動向について解説する講座です。

■注目ポイント
★透明導電膜を利用した基地局アンテナの評価方法およびキャリア様への導入の経緯とは!?

★2024年5月27日WEBでオンライン開講。株式会社ISTL 礒部氏、AndanTEC 浜本氏、リンテック株式会社 市川氏の3名が半導体製造工程におけるダイシング技術および各種製造プロセスにおけるテープ、粘着剤、フィルムの開発動向~半導体パッケージの多機能化に貢献する粘着・接着フィルム設計および解析技術~について解説する講座です。

■本講座の注目ポイント

★グローバルにフィルム製品の塗工~製膜を知り尽くした講師が
 ダイシング工程の基礎・動向を学び、製造課題、テープの要求特性までくまなく解説!

★2024年5月27日WEBでオンライン開講。大阪大学 陳 伝彤 氏、ローム株式会社 若本 恵佑 氏、株式会社日本スペリア社 熊谷 圭祐がパワーデバイス用ダイアタッチ・接合材の最新動向と信頼性向上・評価について解説する講座です。

■本講座の注目ポイント

★銀焼成接合材の熱信頼性中の劣化メカニズムに焦点を当て、将来パッケージに必要な設計・評価方法について解説!

★銀ナノ粒子接合材を中心に粒子の焼結特性から接合手法、最新の接合材の開発動向等を解説!

★2024年5月27日WEBオンライン開講。【元・大日本印刷/現・藤井包装技術事務所・所長:藤井氏】包装技術の専門家がリサイクルの現状と法規制への対応について解説する講座です。

■本講座の注目ポイント
 ★プラスチック容器包装リサイクルの循環型社会の仕組みから解説します!
 ★包装廃棄物規則と欧州における容器包装リサイクルの現状について解説します!
 ★資源循環の促進等に関する法律について紹介します!

★2024年5月28日WEBでオンライン開講。フレックスリンク・テクノロジー株式会社 松本氏、横浜国立大学 高橋氏、岩手大学 大石氏が高周波配線基板に対応した低誘電率・低誘電正接性を有する樹脂・材料の開発動向~熱硬化性樹脂、フッ素系・トリアジン系低誘電損失樹脂の開発~について解説する講座です。

■注目ポイント
★低誘電率、低誘電正接を有するフッ素系・トリアジン系樹脂の設計・開発について解説!

★2024年5月28日WEBでオンライン開講。大阪公立大学  森氏、三井化学株式会社 中川氏、富士フイルム株式会社 白田氏の3名が吸音・遮音・制振特性の基礎・最新材料開発と その評価・音響メタマテリアルへの展開について解説する講座です。

■本講座の注目ポイント

音響メタマテリアルを用いた吸音、遮音技術の基礎から応用、評価方法と展開、その最新開発状況まで解説します!

★2024年5月28日WEBでオンライン開講。第一人者の山本先生にMLCCの基礎と電極材料(内部電極/外部電極)、 ペースト・バインダー設計について、じっくりと講義いただくまたとない講座です。

■注目ポイント

★MLCCの高積層化技術と、それに伴って生じるトラブル、解決方法を歴史から始まって最新情報まで解説する。

★積層コンデンサ (MLCC) 材料の基礎から応用、MLCCの高積層・高容量技術、MLCCの内部電極・外部電極の全てなど第一人者が解説いたします!

★2024年5月28日WEBでオンライン開講。特定非営利活動法人サーキットネットワーク  梶田氏(元村田製作所)、元東レ 伊藤氏、エーアイシーテック株式会社 飯田氏が大容量フィルムコンデンサの 技術・部材開発動向と市場・将来展望について解説する講座です。

★今回は会場(東京都)とWebのハイブリッド形式です。≪こちらはWEBセミナーのお申し込みURLになります≫

会場参加での申し込みは下記URLよりお願いいたします。

 https://andtech.co.jp/seminars/1ef1021a-26d1-6360-bae2-064fb9a95405

※こちらの講座は、講師の要望により、ご所属によっては参加後、受講をお断りするケースがございます。この点ご了承ください。また質疑応答の内容によっては、回答が難しい側面があることをご了承くださいませ。


■本講座の注目ポイント

★インバータ向けコンデンサにPPフィルムが必要とされた技術的背景、並びに、採用要件となったこれまでに無い高耐熱化と薄膜化のために確立したPP樹脂設計・表面粗さ設計、製膜技術を紹介!

★本講演では、パワーエレクトロニクスに使われるフィルムコンデンサの特徴と機能をアルミ電解コンデンサと比較しながら説明!さらにコンデンサを選ぶポイントやフィルムコンデンサの今後の技術動向にも触れる!

※第1部、第2部の講師の先生のご登壇の順番に変更点がございます。

★2024年5月29日WEBでオンライン開講。農業・食品産業技術総合研究機構 中村氏、宮城大学 兼田氏、オーシャンネットワークエクスプレス株式会社 浅井氏、三井物産プラスチック株式会社 山西氏の4名が青果物の海上輸出を実現するための鮮度・品質保持、流通ロス低減技術および輸送性向上の取り組み~高温処理、機能性包装、緩衝包装、CAコンテナ輸送、鮮度保持包装資材 Xtendの開発~について解説する講座です。

■注目ポイント

★青果物の海上輸出を実現するための高温処理、機能性包装、緩衝包装による品質保持・輸送性向上の取り組みについて解説!

セミナー検索条件
キーワード
セミナー形態
分野
カテゴリー
開催年