セミナー検索結果 10件中

飲み物
食事
資料
割引
懇親会
単独講師
複数講師
個別相談会
WEBセミナー

★2024年2月22日WEBでオンライン開講。株式会社セキソー 谷本氏、日本音響エンジニアリング株式会社 宮本氏、株式会社HOWA 加藤氏 の3名が自動車の吸音・遮音のメカニズムと遮音材開発と軽量化の設計指針と各種開発事例について解説する講座です。

■注目ポイント

★自動車用防音材の音響評価及び音響シミュレーションの手法開発に約30年間従事してきた講師が

  必要な遮音性能を確保しつつ軽量化及び車室内騒音の低減を実現できた自動車用防音材料を紹介!

≪こちらはWEBセミナーのお申し込みURLになります≫
■本セミナーの主題および状況

包装においてラミネートとヒートシールは内容物を保護する上で重要な技術であり関連性は強い。
それらの基本を押さえた上で、実用的なラミネート技術とヒートシール技術、そしてトラブル対策を分かり易く解説。
ラミネート技術は、ロールtoロールで複数の材料を積層化させる技術として包装材料では勿論のこと、産業資材や工業材料分野でも利用される展開性の高い加工技術である。そしてヒートシールはラミネートされた材料を包装の形にする上で不可欠であり、包装の強度や使い勝手に大きく影響する。
また、実生産ではラミネートやヒートシールで様々な問題が発生するので、予防に役立てられるようトラブル事例等も紹介する。

■注目ポイント

★軟包装材料を製造する上で重要なラミネート加工技術とヒートシールについて、
その前提となる基本原理を押さえた上で、実用的な加工技術とトラブル対策を解説。
★初心者から中級者が困った時に使える情報を提供。

★2024年2月28日WEBオンライン開講。日東電工株式会社  北村氏、株式会社テクノ・システム・リサーチ 木村氏、シャープディスプレイテクノロジー株式会社  水﨑氏の3名講師からCASE時代の車載用ディスプレイの開発動向とフィルム・材料技術開発・要求特性というテーマをもとに解説する講座です。

■本講座の注目ポイント

★近年の車載用として求められるディスプレイ技術、また特性を紹介することで、車載用ディスプレイの開発や必要となるフィルムの開発の様子について知って頂くことを目的とした講座です!

★2024年2月28日WEBオンライン開講。トータルケアシステム株式会社 山田氏、ユニ・チャーム株式会社 和田氏、高知大学 市浦先生の3名講師から環境配慮を考えた紙おむつ・材料の研究開発や再活用、リサイクルシステム課題のテーマをもとに解説する講座です。

■本講座の注目ポイント

★焼却処分として大量にCO2が生じる使用済紙おむつ。この課題を解決するためのリサイクルの技術、水平リサイクル、自治体での回収方法や高吸水性樹脂の再生方法とは?

★2024年2月28日WEBオンライン開講。NPOサーキットネットワーク(元凸版印刷) 大久保氏、関西大学  新宮原先生、株式会社JCU 大野様の3名講師から半導体基板におけるめっき技術の基礎と材料技術・課題のテーマをもとに解説する講座です。

■本講座の注目ポイント

★回路導体や層間接続、および部品接合のための端子の表面処理に使用するめっき技術!

★2024年2月28日WEBでオンライン開講。西包装専士事務所 西氏が欧州の包装及び包装廃棄物規則案(PPWR)の最新動向と今後の展開について解説する講座です。

■注目ポイント

★EUの新たな包装廃棄物規則案の経緯と背景、具体的目標値を説明!

≪こちらはWEB講座のお申し込みURLになります≫

■本セミナーの主題および状況

高分子材料の耐久性の重要性と難しさ 、劣化の基本メカニズム、耐光性のメカニズムと光劣化、耐熱性のメカニズムと熱劣化、耐水性・耐湿性、 耐薬品性のメカニズム、耐環境応力性のメカニズム、寸法安定性・耐クリープ性の概念、耐候性を支配する要因など、これらをいかに調べるか? また、促進試験と屋外暴露試験の方法、寿命予測の難しさと種々の予測法(アレニウス法ほか)について解説します。

■注目ポイント
★材料、化学、機械、電子・電機、土木、建築分野の研究・開発にたづさわる技術者の方が対象、解説いたします。
★御社の製品の劣化やクレーム処理、トラブルシューティングや品質改良などに悩んでいる方が対象、解説いたします。
★プラスチック・ゴム・繊維・接着剤・塗料やそれらの複合材料に関心のある技術系の方が対象、解説いたします。

★2024年2月28日WEBオンライン開講。 山口大学 田中先生から、気体分離膜のガス透過メカニズムと膜による水素分離およびCO2分離の技術動向について解説する講座です。


■本講座の注目ポイント

★素材の異なるガス分離膜のガス透過現象などにつき、膜を用いたガス分離法について、その基礎と概要を解説し、膜による水素分離およびCO2分離の技術開発動向を中心に解説する。

★2024年2月29日WEBでオンライン開講。フレックスリンク・テクノロジー(株)松本氏、荒川化学工業株式会社 田崎氏、ENEOS株式会社 鷲野氏、株式会社電子技研 古川氏、太洋テクノレックス株式会社 上山氏の5名が5G/6G時代に対応する高周波対応基板(FPC)の製造・設計のポイントおよび各種部材の開発動向と接着技術~液晶ポリマー・ポリイミド接着剤の開発~について解説する講座です。

■注目ポイント

★プリント基板における高周波トレンド、低誘電ポリイミド樹脂の特性、当樹脂を用いた低伝送損失基板の諸物性について説明! 

≪こちらはWEB講座のお申し込みURLになります≫

■本セミナーの主題・状況・キーワード

★発電所や工業プロセスから発生する二酸化炭素を捕捉し、貯留する技術である、CCUS。

★二酸化炭素の大気中への放出・排出削減や有効利用する本技術にはどのようなものがあるか?

★カーボンニュートラルとその手段である再エネ、水素、CO2の回収・利用・貯留(CCUS)の役割および関係を包括的に解説!

★CCUSの技術内容と事業化の現状および将来を詳しくレクチャー!

セミナー検索条件
キーワード
セミナー形態
分野
カテゴリー
開催年