AndTech

製造業界の「未来」や「課題」を紐解く鍵となる書籍の紹介

書籍

書籍・セミナーテキスト 17件中 1~10件目

書籍名 次世代イノベーター論と研究開発型企業のイノベーション戦略2019
ジャンル 化学系研究開発
発売日 2019/12/26
価格 66,000円(本体60,000円+消費税、送料込)
書籍解説

★本書は高分子学会主催「次世代イノベーター育成講座」(第1回~第3回の三年間)において、ご講演いただいたトップマネジメント経験者達によって、これまで3年間にわたって、若手イノベーターに向けて話して頂けた講義の内容エッセンスを詰め込み、まとめあげたリーダー指南書!
★「若手イノベーター」の人材育成論と共に講義・受講者との自由討論で話題の中心となった今の企業に求められる「イノベーション戦略とは何か?」についての考察も一読できる内容!
★受講者(若手リーダー)・現役リーダー(国内外企業)に対してAndTechが独自で実施した「企業イノベーション戦略の意識調査」(アンケート&インタビュー)の分析結果とその考察を収録!

冊数:

書籍名 フィルムの機能性向上と成形加工・評価Ⅲ
ジャンル 化学系研究開発
発売日 2019/07/31
価格 71,500円(本体65,000円+消費税、送料込)となります)
書籍解説

★ディスプレイ用フィルム、食品・医療包装、各種電池用フィルム、環境対応、加飾フィルム、5G通信用フレキシブル基板フィルムなど、「今のトレンド」を捉えた製品において、開発部門の一線で活躍する執筆陣!
★フィルム成形の基本的な考え方と実際の製品を製造するための成形技術・材料の両方を理解し、高機能フィルム開発に役立てる!

冊数:

書籍名 関節・軟骨の再生医療
ジャンル 医療系研究開発
発売日 2019/12/17
価格 72,600円 (本体66,000円+消費税、送料込)
書籍解説

★再生医療を取り巻く関節・軟骨の最新動向を徹底解説!
★執筆陣は,多様な原料・アプローチで再生医療に取り組む国内第一線の研究・開発者!
★開発側・規制側、両方の立場から再生医療等製品開発に必要不可欠な管理・評価手法を解説!

※本書のカラー図は以下のURLからご参照ください。
https://www.cmcbooks.co.jp/user_data/colordata/T1135_colordata.pdf

冊数:

書籍名 酵素と応用製品の市場2020
ジャンル 化学系研究開発
発売日 2019/12/20
価格 77,000 円 (本体70,000円+消費税、送料込)
書籍解説

★糖化,デンプン加工,醸造,油脂加工,洗剤,繊維加工,化粧品,皮革製品,バイオマス変換など明らかにされた産業用酵素の動向!!
★医薬品原体,中間体製造,アミノ酸合成,診断用酵素,消化酵素,ダイエットサプリメントなど医療用,診断用,健康食品用酵素の動向も解明!!
★個別の酵素および酵素応用製品,さらに酵素応用分野の市場を解説!!

冊数:

書籍名 食品・バイオにおける最新の酵素応用
ジャンル 食品系研究開発
発売日 2019/07/19
価格 75,900円(本体69,000円+消費税、送料込)
書籍解説
★2018年、世界で55億ドル(6,200億円)日本で460億円と 予想される酵素市場!!
★食品工業用では糖化工業やデンプン加工、タンパク質加工、 製パン、乳製品などを詳述!!
★食品以外の産業用では洗剤、飼料、繊維工業、皮革工業、製紙工業、燃料エタノール製造、汚水処理、化学工業触媒を詳述!!
★更に酵素そのものが医薬品原体として利用される場合や診断薬や診断キットなどバイオ分野の応用にも言及!!

冊数:

書籍名 バイオイノベーションに向けて~バイオテクノロジーの新技術からの新しい視点~
ジャンル バイオ系研究開発
発売日 2019/03/25
価格 83,600円(本体76,000円+消費税、送料込)
書籍解説
★これまでのバイオテクノロジーから一歩前に進み始めたバイオイノベーションの世界!
★様々な視点(切り口)からバイオイノベーション研究の最新動向を解説!
★分子バーコード、がん診断、ゲノム編集、次世代シーケンサー、シングルセル解析など、バイオ分野で注目度の高いテーマを選定!

冊数:

書籍名 ペプチド創薬の最前線
ジャンル 医薬系研究開発
発売日 2019/05/15
価格 88,000円(本体80,000円+消費税、送料込)
書籍解説
★ 次世代創薬として期待が高まる特殊ペプチドの合成!
★ ペプチドの構造特性や細胞膜透過性、デリバリー技術について詳述!
★ 全合成・均一系触媒反応・化学選択的反応に携わる方々にお薦めの1冊!

冊数:

書籍名 ハラールサイエンスの展望
ジャンル 食品系研究開発
発売日 2019/02/28
価格 83,600円(本体76,000円+消費税、送料込)
書籍解説
★ 年率20%で成長中の18億人ハラールマーケット!ハラールの定義や認証制度を解説!
★ 食品製造や流通の現場でハラール性を分析!科学の力でムスリムの食の安心・安全を守る『ハラールサイエンス』!
★ 食品工業をはじめ,化粧品,医薬品から金融、観光まで広がりを見せるハラール産業の将来展望と日本でのビジネス展開を解説!

冊数:

書籍名 高齢者用食品の開発と市場動向
ジャンル 食品系研究開発
発売日 2019/03/01
価格 93,500円(本体85,000円+消費税、送料込)
書籍解説
★高齢者が増加する日本で成長する高齢者用食品の市場と技術の最新動向!
★要支援・要介護高齢者向けの食品だけではなく,一般高齢者向けの食品についてもメーカ・技術・チャネル別の動向を紹介!
★今後の成長が見込まれる高齢者用食品について,全体を俯瞰するために最適な一冊!

冊数:

書籍名 青果物の鮮度・栄養・品質保持技術としての各種フィルム・包装での最適設計
ジャンル 化学系研究開発
発売日 2018/03/07
価格 55,000円(本体50,000円+消費税、送料込)
書籍解説

★TPPなどでますます国外に広がる日本の高品質農産物!
★流通コスト削減のため、空運から海運に代わりますます重要になる鮮度保持技術の動向とは!
★各種青果物を適切な条件下におき、適切な包装を設計、活用するために重要な一冊!
★収穫前、収穫後、青果物の呼吸や蒸散などの代謝活動がどういうメカニズムで行われるのか?
★青果物の劣化指標となる作物の各種生体メカニズムとは?
★青果物という低価格商品に対応する包装として、どの程度のコストが適切なのか?許容されるのか?
★各種特色のあるフィルムを活用し、鮮度保持を行っているが、防曇フィルム、MA包材、パーシャルシール包装などの各動向とは?
★にら、ブロッコリー、オウトウ、イチゴ、果樹などを含む青果物での鮮度事例とは?
★コンビニエンスストアやスーパーでも需要が増加しているカット青果物の鮮度保持技術とは?

冊数:

12

Connect & Gather