AndTech

製造業界の「未来」や「課題」を紐解く鍵となる書籍の紹介

書籍

書籍・セミナーテキスト 44件中 1~10件目

書籍名 AT20191203:マイクロプラスチック・廃プラ問題に対応したプラスチックリサイクル技術の国内外動向と取り組み事例、法規制動向、今後の展開
ジャンル セミナーテキスト
発売日 2019/12/23
価格 35,200円(本体32,000円+消費税、送料込)
書籍解説

★地球環境の面で課題とされているマイクロプラスチック問題に対して、プラスチックリサイクル技術が国内外で注目されている現状があり、本講座では産業界の取り組みについて、最近の動向も交えて、その対策技術とそれに関わる法規制について、最前線で取り組まれている専門家から解説いただけます!
★産業界はCLOMAを設立し企業は生分解性プラ、リサイクル手法等の開発も盛んとなり法規制動向がビジネスのカギ!
★使用済みプラスチックをガス化して水素を取り出すケミカルリサイクルシステムの実際は?
★EU指針に基づいた50%以上のPCR(市場に出回った製品のリサイクル)を使用した製品開発とその市場は?
★廃プラスチックの現状を解説し、持続可能な社会におけるプラスチックの利用と日本の状況は?

 


※本セミナーは、2019年12月23日に実施したセミナー資料です。

冊数:

書籍名 AT20191202:誰でもわかる!半導体デバイスの製造工程入門
ジャンル セミナーテキスト
発売日 2019/12/20
価格 27,500 円(本体25,000円+消費税、送料込)
書籍解説

★ウエハ製造方法からウエハ上の前工程、パッケージングによるLSIの最終製品までの後工程まで、一連の製造フローを紹介!

★それぞれのプロセスの種類や原理、用いられる装置や材料について要点をわかりやすく解説!

★新しい技術が次々と製品化されているが、これらが各製造工程に与える影響とは?

 

※本セミナーは、2019年12月20日に実施したセミナー資料です。

 

冊数:

書籍名 AT20191201:フォルダブル・フレキシブル有機ELの研究・技術開発動向と求められる材料と要求特性
ジャンル セミナーテキスト
発売日 2019/12/11
価格 33,000 円(本体30,000円+消費税、送料込)
書籍解説

★フレキシブルガラスOLEDに比べ難度高い製造工程、フィルムカバー、破壊光学から見た薄板カバーガラス、衝撃性を改善したLTPS OLED構造の各技術を今後の製品動向を含めて解説!


※本セミナーは、2019年12月11日に実施したセミナー資料です。

 

冊数:

書籍名 AT20191102:PPS樹脂の高機能化・製造加工技術と自動車等への応用
ジャンル セミナーテキスト
発売日 2019/11/26
価格 27,500 円(本体25,000円+消費税、送料込)
書籍解説

★PPS樹脂の基本的な理解と応用について、重合・コンパウンド・用途・成型までを分かりやすく説明!
★電気・電子、車載、産業用用途などに求められる特性は?成型技術、求められる機能性とは?

 

※本セミナーは、2019年11月26日に実施したセミナー資料です。

 

冊数:

書籍名 AT20191101:易開封・イージーピール・フィルム包装の開発動向と製品・市場と要求~密封性との両立、青果物の品質維持・運送効率、容器へのニーズ、国内外の事例~
ジャンル セミナーテキスト
発売日 2019/11/21
価格 33,000 円(本体30,000円+消費税、送料込)
書籍解説

★軟包装やプラスチック容器蓋材を中心にイージーピールも含めた易開封技術を整理し、どの様に密封性と両立しているのか解説!

 

※本セミナーは、2019年11月21日に実施したセミナー資料です。

 

冊数:

書籍名 AT20191103:2019年の食品・医薬品・化粧品における包装・容器に関する規制・規格の総括講座~2019年のまとめと2020年以降の注目・留意すべき規制・規格動向
ジャンル セミナーテキスト
発売日 2019/11/25
価格 27,500 円(本体25,000円+消費税、送料込)
書籍解説

第1部【食品包装容器】
 ★食品包装規制の最新状況及び2020年以降の動向について解説予定!
 ★2020年6月施行見込みの食品衛生法改正による樹脂のPL制度化は?
 ★キーワード【食品衛生法・業界自主基準・ポジティブリスト(PL)・ネガティブリスト(NL)・厚労省のPL案・ブルー・オーシャン・ビジョン】
第2部【医薬品・医療機器・化粧品包装】
 ★日欧米三極薬局方の最新動向を主体に、中国等のアジア諸国の規制状況、及び2020年以降の動向について解説予定!
 ★欧州薬局方、2020年プラスチック容器規制が改正予定!その動向は?
 ★日本は本年5月医療機器に原材料のマスターファイル制度を導入!
 ★化粧品包装の欧州工業会によるISO規格の新しい仕組みとは?日本への影響は?

 

※本セミナーは、2019年11月25日に実施したセミナー資料です。

冊数:

書籍名 AT20190901:ハードコート技術を中心とした機能性コーティング技術における高機能化・各種硬化技術と応用展開
ジャンル セミナーテキスト
発売日 2019/09/30
価格 33,000 円(本体30,000円+消費税、送料込)
書籍解説

★自動車などを中心とした電装、部材、ディスプレイなどを取り巻く加飾とハードコート技術!その最新動向!
★車載はCASE、MASS、ADASと車を取り巻く環境は変わり、塗膜に求められる機能やその工法にも変化が求められている!自動車に求められる加飾コーティング、ハードコート技術とその硬化方法とは?
★硬化樹脂やハイブリット化でいかに効果収縮を抑制できるか?耐薬品性をどう上げるか?UV/EB硬化の違いは?
★光学フィルム及び自動車内装加飾フィルム向けを中心にUV硬化型アクリル樹脂の設計方法!

 

※本セミナーは、2019年9月30日に実施したセミナー資料です。

 

 

冊数:

書籍名 AT20190805:全固体二次電池の基礎と開発動向、技術および産業応用上の課題~容量、寿命、Rate、温度、部材、コスト、用途展開~
ジャンル セミナーテキスト
発売日 2019/08/30
価格 27,500 円(本体25,000円+消費税、送料込)
書籍解説

★全固体電池を構成する各部材の開発から電池作製プロセスについて、最近の取り組み、新たな用途展開、課題を解説

 

※本セミナーは、2019年8月30日に実施したセミナー資料です。

 

 

 

 

冊数:

書籍名 AT20190804:EV向け超急速充電の概要とバッテリシステムへの要求~次世代充電規格、BEV開発動向、セル冷却・昇温、大型車向けへの動向~
ジャンル セミナーテキスト
発売日 2019/08/30
価格 27,500 円(本体25,000円+消費税、送料込)
書籍解説

★超急速充電を実現するための車両側の課題と対応について解説!

 

※本セミナーは、2019年8月30日に実施したセミナー資料です。

 

冊数:

書籍名 AT20191002: 環境規制と電動化に向けた車載用リチウムイオン電池および部材の技術開発動向と今後の展望~各社事例・競争力、安全・信頼性評価、セパレータ~
ジャンル セミナーテキスト
発売日 2019/10/21
価格 33,000 円(本体30,000円+消費税、送料込)
書籍解説

★自動車の電動化が世界的に進行している中でグローバルビジネス競争の真只中にある車載用リチウムイオン電池!

★LIBにとって重要な材料の一つと言われているセパレータの基礎から最新技術、課題並びに今後の見通しについて概説!

 

※本セミナーは、2019年10月21日に実施したセミナー資料です。

 

 

冊数:

Connect & Gather